Rchr
J-GLOBAL ID:200901093623732262   Update date: May. 06, 2021

YU URATA

ウラタ ユウ | YU URATA
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (3): Tertiary education ,  Educational technology ,  Educational psychology
Research keywords  (8): オンライン授業 ,  ICT活用教育 ,  meaning of life ,  a sense of transience ,  psychology of death and life ,  positive psychology ,  qualitative psychology ,  生涯発達心理学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2024 Research on Development of Pre-FD Model for Graduate Students, which is the basis of Educational Management
  • 2020 - 2023 大学教員のジョブ・クラフティングに関するポジティブ心理学的研究
  • 2016 - 2019 Analytical Existential Study of Meaning of Life and its Implementation to Applied Ethics
  • 2012 - 2015 Relation between Religiosity/Spirituality and Mental Health:An Empirical Study of Hardships and Resilience
  • 2008 - 2012 Methodology of clinical support and dialogical education based on polyphonic narrative-fieldworks across multiple cultures
Show all
Papers (17):
  • 島井哲志, 宇恵 弘, 浦田 悠. 新型コロナウイルス感染症による授業計画変更下でのアクティブラーニング型授業の実践. 総合福祉科学学会誌. 2020. 12. 1-9
  • 村上正行, 浦田悠, 根岸千悠. 大学におけるオンライン授業の設計・実践と今後の展望. コンピュータ&エデュケーション. 2020. 49. 19-26
  • Creating a School-wide Digital Teaching and Learning Systems: Practice of Supporting First-year Students with Learning Online at Osaka University. 2020. 37. 4. 276-285
  • 浦田 悠, 山本美智代, 金馬国晴. 意味の行為としての質的心理学へ. 質的心理学フォーラム. 2019. 11. 71-73
  • 浦田 悠. 人生観のビジュアルナラティヴ. ナラティヴとケア. 2018. 9. 68-73
more...
MISC (2):
  • やまだようこ, 浦田 悠, 山本美智代. 質的心理学のいま(インタビュー第9回 パイオニアに聞く). 2017. 9. 79-86
  • 浦田 悠. 子どもの〈自己〉を育てる(4)子どもの自己価値感--自信を育てる-. 児童心理. 2009. 63. 14. 1423-1429
Books (15):
  • 看護のためのポジティブ心理学
    医学書院 2021
  • The empirical study of the psychology of religion and spirituality in Japan
    ELM Grove Publishing 2020
  • 質的心理学辞典
    新曜社 2018
  • 講義法(シリーズ 大学の教授法)
    玉川大学出版会 2017
  • はじめての死生心理学
    新曜社 2016
more...
Lectures and oral presentations  (104):
  • 静と動のビジュアル・ナラティヴ
    (日本質的心理学会第17回大会 2020)
  • オンライン授業実践ガイドの開発
    (日本教育工学会2020年秋季全国大会(第37回) 2020)
  • 日本版「仕事の意味」尺度(J-WAMI)の開発
    (日本ポジティブサイコロジー医学会第8回学術集会 2019)
  • The development of the Japanese version of the Work and Meaning Inventory (WAMI)
    (Presented at 7th Asian Congress of Health Psychology 2019)
  • プレFDにおける大学院生による授業観察記録の分析
    (日本教育工学会第35回全国大会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (京都大学)
Committee career (5):
  • 2019/04 - 現在 日本質的心理学会 『質的心理学研究』査読委員
  • 2016/04 - 2019/03 日本質的心理学会 『質的心理学フォーラム』編集委員
  • 2016/02 - 2017/12 日本発達心理学会 国際研究交流委員
  • 2011/11 - 2014/03 日本パーソナリティ心理学会 広報委員
  • 2010/09 - 2014/03 日本質的心理学会 会務委員
Awards (2):
  • 2020/11 - 大阪大学 大阪大学賞(教育貢献部門) ICTを活用した学習環境の整備と教育方法の支援
  • 2018/11 - Japanese Association of Qualitative Psychology 国際フロンティア奨励賞
Association Membership(s) (12):
大学教育学会 ,  International Network on Personal Meaning ,  Japanese Positive Health Psychology Society ,  日本人間性心理学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY ,  臨床教育人間学会 ,  日本健康心理学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  QUALITATIVE RESERCH IN PSYCHOLOGY ,  JAPAN SOCIETY DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY ,  JAPAN SOCIETY OF PERSONALITY PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page