Rchr
J-GLOBAL ID:200901094254918442   Update date: Jun. 23, 2020

Matsufuji Shigeko

Matsufuji Shigeko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): English linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (3): 英語学 英語教育 ,  言語学 ,  言語獲得
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2024 所有の概念・表現とその発達
  • 2013 - 2018 叙述所有表現とその獲得に関する研究
  • 2006 - 2009 数量表現の獲得に関する理論的・実証的研究
  • 2006 - 2007 Establishment of a learner environment which promotes autonomous language study at the university level
Papers (27):
  • 松藤 薫子. 日本語の母語獲得過程における所有文と関連表現について. 日本獣医生命科学大学研究報告. 2019. (68). 21-30
  • 松藤 薫子. 日本語の所有文の獲得について. 日本獣医生命科学大学研究報告. 2018. (67). 18-29
  • 松藤 薫子. 日本語の所有文の自然さに関する一考察. 日本獣医生命科学大学研究報告. 2017. (66). 14-20
  • 松藤 薫子. 英語の叙述的所有表現の獲得に関する予備的考察:動詞have 含む発話文の分析から. 日本獣医生命科学大学研究報告. 2016. (65). 25-33
  • 松藤 薫子. 日本語の叙述的所有表現の獲得に関する予備的考察. 日本獣医生命科学大学研究報告. 2015. 64. 34-43
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 日本語を母語とする子どもの所有文の習得について
    (日本言語学会第155回大会 2017)
  • 効果的な英語学習支援プログラムの開発を目指して:英語初級レベルの大学 生の場合
    (LET(外国語教育メディア学会)第52回全国研究大会 2012)
  • 2つの大学で感じた「三ラウンドシステム」CALL教材について
    (千葉大学言語教育センタ ー CALLシンポジウム「三ラウンド・システムによる英語指導の回顧と展望」 2012)
  • 自律協働型語学学習環境の構築を目指して
    (LET(外国語教育メディア学会)第47回全国研究大会 2007)
  • 自律型語学学習環境の構築を目指して
    (LET(外国語教育メディア学会)第46回全国研究大会 2006)
more...
Work history (1):
  • 2017/04 - 現在 Nippon Veterinary and Life Science University Faculty of Applied Life Science
Association Membership(s) (1):
日本英語学会 日本英文学会 日本言語学会 外国語教育メディア学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page