Rchr
J-GLOBAL ID:200901094376938045   Update date: Jan. 21, 2022

Ueda Hiroshi

ウエダ ヒロシ | Ueda Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Reserch Group Leader
Homepage URL  (1): http://www.naro.affrc.go.jp/nivfs/index.html
Research field  (4): Immunology ,  Pharmacology ,  Pharmaceuticals - health and biochemistry ,  Food sciences
Research keywords  (17): host defense ,  immune system ,  antioxidant ,  Allium fistulosum ,  lectin ,  Spinacia oleracea ,  lutein ,  Solanum lycopersicum ,  lycopene ,  Zingiber officinale ,  Perilla frutescens ,  luteolin ,  DNA marker ,  Plant biology ,  Reguration of inflammation ,  Cancer-immunology ,  Food function
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2016 - 2018 健康の維持増進に有用な機能性成分高含有野菜の栽培実証と機能性表示食品の開発
  • 2004 - 2004 野菜未利用資源のリサイクル(家畜用機能性飼料素材への応用)
  • 2002 - 2003 緑茶由来カフェインの新規生理作用の解明:サイトカイン抑制と抗炎症・抗アレルギー
  • Reguration of inflammation
  • Cancer-immunology
Show all
Papers (42):
more...
MISC (8):
  • 伴野詢太, 山崎崇, 小川智久, 村本光二, 平山洋佑, 竹内敦子, 上田浩史. ネギ葉身部粘液に含まれる生理活性タンパク質の生化学的性状. 日本食品科学工学会大会講演集. 2016. 63rd. 125
  • 山崎崇, 永沼孝子, 小川智久, 村本光二, 上田浩史. ネギ葉身部粘液に含まれるタンパク質成分の分析(第2報). 日本食品科学工学会大会講演集. 2014. 61st. 170
  • 山崎崇, 永沼孝子, 小川智久, 村本光二, 上田浩史. ネギ葉身部粘液に含まれるタンパク質成分の分析. 日本食品科学工学会大会講演集. 2013. 60th. 87
  • 國久美由紀, 松元哲, 上田浩史, 吹野伸子. 高精度で再現性の高いイチゴの品種同定技術. 野菜茶業研究成果情報. 2007. 2006. 3-4
  • KUNIHISA M, MATSUMOTO S, FUKINO N, UEDA H. Genome analyses of Fragaria species using genome-specific markers developed in F.×ananassa. 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨. 2007. 6. 1
more...
Patents (2):
  • ネギ属由来の成分を含む免疫賦活剤及び免疫賦活剤の製造方法
  • 茶抽出物のTNF産生抑制剤
Books (25):
  • 6)野菜類 ほうれんそう、06269(葉、冷凍)、06372(葉、冷凍、ゆで)、06373(葉、冷凍、油いため)
    日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年 2017
  • ネギの民間療法の科学的検証
    食品加工総覧追録12号 第10巻 2015
  • 健康機能性とは何か、どのように測定評価されるか
    食品加工総覧追録12号 第3巻 2015
  • ネギ粘液の知られざる免疫力効果
    現代農業 2015
  • ネギ(ねばねばが免疫力を上げる 辛みで体の芯からぽかぽかに)
    野菜の健康パワーをおいしく上げるレシピ129 2015
more...
Professional career (1):
  • PhD.
Work history (5):
  • 2009 - 現在 農研機構 野菜花き研究部門 (旧野菜茶業研究所)
  • 2007 - 2008 民間食品会社
  • 2005 - 2007 農研機構 野菜茶業研究所
  • 2004 - 2005 Suzuka University of Medical Science Graduate School of Health Science
  • 1990 - 2004 Teikyo University Faculty of Pharma-Science
Committee career (1):
  • 2017 - 現在 文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員(食品成分委員会)
Awards (3):
  • 2021/12 - 農研機構 NARO Research Prize SPECIALIII 農産物の機能性表示食品開発
  • 2016 - 第17回 Pharmaco-Hematologyシンポジウム優秀ポスター賞
  • 2003 - (社)日本果汁協会 技術奨励賞
Association Membership(s) (11):
THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE ,  JAPAN SOCIETY OF HISTOCHEMISTRY AND CYTOCHEMISTRY ,  茶学術研究会 ,  日本バイオセラピィー学会 ,  和漢医薬学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本炎症・再生医学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page