Rchr
J-GLOBAL ID:200901094382090163   Update date: Jun. 15, 2020

Inoue Shinji

イノウエ シンジ | Inoue Shinji
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Social welfare ,  Sociology
Research keywords  (4): 順序尺度の分析 ,  lay expert ,  親の会 ,  生と死
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2019 - 2022 知的障害・発達障害児者のインクルーシブ教育の制度刷新にむけた国際比較研究
  • 2017 - 2020 社会福祉実践におけるスピリチュアリティに配慮した支援計画様式の開発
  • 2009 - 2011 医療ソーシャルワーカーの教育養成に関する国際比較研究
  • 2009 - 2011 A tripartite study of approaches to social work education for health setting in Japan, the US and UK
  • 2007 - 2009 Study on actuality toward Life and Death
Show all
Papers (25):
  • 井上 信次, 松宮 透高. 保育所における虐待リスクの重複による対応上の困難感および関連機関との連携の現状. 厚生の指標. 2019. 66. 6. 9-15
  • 貞政 宗司朗, 中新 美保子, 井上 信次. Inventory Survey about Quality of Life and the Stress Coping of the Nurse Concerned with Severe Motor and Intellectual Disabilities and Medical Care Dependent Groups (SMID-MCDG). 川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal. 2017. 27. 1. 193-203
  • 水口 由紀子, 中新 美保子, 井上 信次. Factors Promoting University Students' Parenting Preparedness During Young Adulthood. 川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal. 2017. 27. 1. 63-73
  • 井上 信次. Distance Between Items in Questionnaire Surveys : Equality of Interval Scales and Non-equality. 川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal. 2017. 27. 1. 129-137
  • 井上 信次. 医療福祉分野を対象とした質問紙調査における順序尺度の分析方法-選択肢のカテゴリ数並びにパラメトリック手法の適用可能性-. 博士論文(川崎医療福祉大学 乙第26号). 2016
more...
MISC (13):
Books (6):
  • 多面的視点からのソーシャルワークを考える : 研究と実践をつなぐ新たな整理
    晃洋書房 2016 ISBN:9784771027312
  • クエスチョン・バンク社会福祉士国家試験問題解説 2012
    メディックメディア 2011 ISBN:4896323874
  • クエスチョン・バンク社会福祉士国家試験問題解説〈2011〉
    メディックメディア 2010 ISBN:4896323300
  • ユビキタス社会の中での子どもの成長 : ケータイ時代を生きる子どもたち
    ハーベスト社 2010 ISBN:9784863390232
  • クエスチョン・バンク 社会福祉士〈2010〉第18-21回国家試験問題解説
    メディックメディア 2009 ISBN:4896322665
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 最新の医療に日本人はどう答えるか?生命倫理と仏教
    (早島町老人クラブ 2018)
  • 遺伝性疾患の否定的イメージに関連する要因の網羅的検討 遺伝差別の軽減を目指して
    (日本遺伝カウンセリング学会誌 2017)
  • 青年期大学生の親準備性を育む要因の検討 教育に焦点を当てて
    (岡山県母性衛生 2017)
  • 遺伝カウンセラーの自己開示がクライエントへ及ぼす影響
    (日本遺伝カウンセリング学会誌 2016)
  • 遺伝カウンセリングにおける遺伝カウンセラーの自己開示がクライエントへ及ぼす影響
    (日本遺伝カウンセリング学会誌 2015)
more...
Education (1):
  • - 2001 Kwansei Gakuin University
Professional career (2):
  • Master of Sociology (Kwansei Gakuin University)
  • Ph.D (Social Work) (Kawasaki University of Medical Welfare)
Association Membership(s) (6):
JAPAN ASSOCIATION FOR BIOETHICS ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE ,  日本保健医療社会学会 ,  日本子ども社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page