Rchr
J-GLOBAL ID:200901095358977650   Update date: Sep. 24, 2020

Aki Sakuma

サクマ アキ | Aki Sakuma
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Education - general
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2013 - 2017 戦後日本における教職の専門性の史的展開に関する総合的研究
  • 2005 - 2010 教員養成系大学・学部の『生き残り戦略』に関する史的研究-教師教育批判の日米比較社会史
  • 2002 - 2006 「教職の専門性」概念の史的変化-19世紀米国教員養成実践史のジェンダーの視点からの再検討
  • 1998 - 1999 International Rotary Foundation Ambassadorial Scholarships
Papers (23):
  • Aki SAKUMA. The origin of teaching as a profession in Japan: A transnational analysis of the relationship between professionalism and nationalism in the 19th century. Espacio, Tiempo y Educación. 2018. 5. 2. 33-54
  • 佐久間 亜紀. 浅井 幸子・黒田 友紀・杉山 二季・玉城 久美子・柴田 万里子・望月 一枝 編著『教師の声を聴く 教職のジェンダー研究からフェミニズム教育学へ』. THE JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL RESEARCH. 2017. 84. 4. 476-477
  • 佐久間 亜紀. 明治初期師範学校における教職像の再検討:-アメリカの影響の観点から-. Proceedings of the Annual Conference of Japanese Educational Research Association. 2017. 75. 0. 374-375
  • 佐久間 亜紀. 林 泰成・山名 淳・下司 晶・古屋恵太 編著『教員養成を哲学する 教育哲学に何ができるか』. THE JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL RESEARCH. 2015. 82. 3. 473-474
  • 松浦 良充, 石井 英真, 小野瀬 善行, 佐久間 亜紀. 教員養成にとって「理論」とは何か : アメリカの事例から考える(ラウンドテーブル2,発表要旨). Proceedings of the Annual Conference of Japanese Educational Research Association. 2014. 73. 0. 76-77
more...
MISC (1):
  • Aki SAKUMA. 誰のための教職大学院なのか-戦後教員養成原則の危機-. 世界. 2007. 123-131
Books (16):
  • 現代の教師論
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623085361
  • アメリカ教師教育史
    東京大学出版会 2017
  • アメリカ教師教育史 : 教職の女性化と専門職化の相克
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130562263
  • 現代日本の教師
    放送大学出版会 2015
  • 19世紀米国の教師教育における女性教師のジレンマ : 教職の女性化と専門職化の史的展開
    [佐久間亜紀] 2014
more...
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (The University of Tokyo)
Awards (1):
  • 2018/03/10 - 日本女子大学 平塚らいてう賞 男女共同参画社会を実現するための教師をどう育てるか、その研究と実践
Association Membership(s) (9):
日本教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本アメリカ史学会 ,  History of Education Society ,  日本女性学会 ,  日本ジェンダー史学会 ,  American Educational Research Association ,  教育史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page