Rchr
J-GLOBAL ID:200901096199059675   Update date: Dec. 05, 2002

Sato Kazuo

サトウ カズオ | Sato Kazuo
Affiliation and department:
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (6): ジェンダ-理論 ,  文化理論 ,  哲学 ,  gender studies ,  Theory of Culture ,  Philosophy
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2000 - ジェンダーの視点から見る話しあいの研究
  • 異文化協同哲学の研究
  • 近代化と親密圏
  • Study on intercultural Philosophy
  • Modernisation and Intimate Sphere
MISC (14):
  • 親密圏を根圏として脱構築する. 『親密圏のゆくえ』(青木書店). 2004. 第9号 8-38ページ
  • Chat and Consensus in the Japanese Traditional Meeting. Polylog. 2001. 2
  • 女たちの近代批判. 青木書店. 2001. 189ページ
  • 雑談の政治哲学的意味について. 千葉大学教育学部研究紀要. 2001. 49. (]G0002[)
  • Chat and Consensus in the Japanese Traditional Meeting. Polylog. 2001. 2
more...
Books (37):
  • 男と女の友人主義宣言
    はるか書房 2004
  • ハンナ・アーレント『政治とは何か』(翻訳・解説)
    岩波書店 2004
  • 家族・親密圏・公共性・・・H.アーレントの公私観の視角から
    山口定・佐藤春吉・中島茂樹・小関素明編『新しい公共性』有斐閣 2003
  • 世界疎外と精神の生きる場・・・活動とは何か
    吉田傑俊・佐藤和夫・尾関周二編『アーレントとマルクス』大月書店 2003
  • ハンナ・アーレント『カールマルクスと西欧政治思想の伝統』佐藤和夫編アーレント研究会訳
    大月書店 2002
more...
Works (4):
  • アーレントと女性解放運動
    1997 -
  • かけがえなさの思想家としてのアーレント
    1997 -
  • Arendt and Women's Liberation Movement
    1997 -
  • Arendt as thinker of uniqueness
    1997 -
Education (2):
  • - 1977 The University of Tokyo
  • - 1977 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • (BLANK)
Committee career (1):
  • 2004 - 唯物論研究協会 委員長
Association Membership(s) (3):
唯物論研究協会 ,  Gesellschaft f(]J1168[)r interkulturelle Philosophie ,  日本哲学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page