Rchr
J-GLOBAL ID:200901098045925658   Update date: Mar. 22, 2016

Miyake Michiyo

ミヤケ ミチヨ | Miyake Michiyo
Affiliation and department:
Job title: Part-time lecturer
Other affiliations (3):
Research field  (5): Literature - General ,  Literature - Chinese ,  Literature - European ,  Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (4): 英語圏文学・文化 ,  身体芸術 ,  Performing Arts Studies ,  English Language and Literature
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2. Performing arts studies
  • 1. British modern literature
Papers (2):
  • 三宅 美千代. 憂鬱な兵士の連帯--センベーヌ『キャンプ・チャロユ』と汎アフリカ主義. ヴァージニア・ウルフ研究. 2012. 29. 59-74
  • 三宅 美千代. 「痕跡と語られない物語--アナ・メンディエッタのパフォーマンスにおける自伝表現」. 演劇博物館グローバルCOE紀要. 2007. 2. 247-258
MISC (2):
  • 「大冒険(子どもと戦争)」「魔法にかけられた暮らし」「よどんだ水のあるところ(自然と都会)」. 『國文学』8月臨時増刊号 特集<子ども>の文学75選. 2008
  • 三宅美千代. ロレンス『と』ドゥルーズにおける動物への生成変化--ロゴスに対しいかなる逃走線を引くか. 『ロレンス研究』. 2008. 18
Books (2):
  • 21世紀のD・H・ロレンス
    国書刊行会 2015
  • ブラック・モダニズム--間大陸的黒人文化表象におけるモダニティの生成と歴史化をめぐって
    未知谷 2015
Lectures and oral presentations  (4):
  • 「『生けるネットワーク』としてのナンシー・キュナード--アンソロジー『ニグロ』に収録されたシュルレアリスム関連のテキスト群」ワークショップ《関係性の中に置かれたフランス--モダニズムの時代における黒人文化表象をめぐって》
    (2015年度仏文学会秋季大会(京都大学) 2015)
  • 『キャンプ・チャーロイ』における汎アフリカ主義的展望--英語圏文学・文化研究からのアプローチ
    (科学研究費助成事業「フランス・セネガル文学における近代戦争とアフリカ-モダニティとしての『未開』」第二回研究会 2013)
  • ロレンス『と』ドゥルーズ--ロゴスという権力に対して、いかに逃走線を用意したか
    (日本ロレンス協会第38回大会 2007)
  • D・H・ロレンスとモダンダンスの交点
    (日本英文学会関東支部設立準備会 2006)
Works (3):
  • ケリス・ウィン・エヴァンス作品集日本語訳(タカ・イシイギャラリー, 2015).
    三宅 美千代 2015 -
  • 【翻訳】キース・ゲッセン「ロシアへ愛を込めて」『現代思想--ロシア』42(2014-10): 214-223.
    三宅 美千代 2014 -
  • 【Translation】Jiro Takamatsu, “For the ‘State of Absence’”, “The Expanding World Project: An Essay on Absence.” Relational Syntax: Aesthetic Awareness and Ideological Experience in Post-Industrial Society. Marco Mazzi. Ed. Florence: Maschietto, 2012. 285-9
    MIYAKE Michiyo 2012 -
Education (2):
  • 2004 - 2011 Waseda University
  • 2002 - 2004 Waseda University
Professional career (1):
  • 文学博士 (早稲田大学)
Association Membership(s) (2):
日本ロレンス協会 ,  日本英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page