Rchr
J-GLOBAL ID:200901098603462287   Update date: Apr. 20, 2020

Suzuki Takeshi

スズキ タケシ | Suzuki Takeshi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2014 - 2018 アクターネットワークによる地域固有性の発現と農村発展モデルの確立
  • 2005 - 腐植物質の多分散性と多様性を包括した化学構造モデルの構築
  • 2005 - 樹木-リター-土壌系における炭素の動態と固定に関する研究
  • 2005 - ツツジ科植物が含有する毒性物質の土壌環境における分布特性
Papers (20):
Books (3):
  • 地域固有性の発言による農業・農村の創造(中塚雅也 編)
    筑波書房 2018
  • 農村の土壌, 土壌の観察 農村で学ぶはじめの一歩 農村入門ガイドブック,中塚雅也編
    昭和堂 2011
  • 土をどう教えるか -現場で役立つ環境教育教材- 土壌教育委員会編
    古今書院 2009
Lectures and oral presentations  (60):
  • The effect of coal bottom ash as revegetation substrate on revegetation woody plants and environment - pilot scale experiment
    (5th Global Summit and Expo on Pollutin Control 2018)
  • Improvement of heavy metal phytoextraction by application of metal chelators and plant growth regulators
    (5th Global Summit and Expo on Pollutin Control 2018)
  • 薦池大納言種子のサイズに影響を与える要因の探索 -土壌理化学性およびアズキ種子の無機元素組成- (第2報)
    (日本土壌肥料学会 2018)
  • 侵略的外来生物の肥料化に関する研究
    (日本土壌肥料学会 2017)
  • 各種資材の土壌施用による丹波黒の連作障害の軽減方法
    (日本土壌肥料学会 2017)
more...
Education (1):
  • - 1997 Kobe University
Professional career (2):
  • 修士(農学) (神戸大学)
  • 博士(農学) (神戸大学)
Committee career (1):
  • 日本土壌肥料学会 土壌教育委員会委員
Awards (1):
  • 2018/10 - 5th Global Summit and Expo on Pollutin Control(conference series llc ltd) Best poster award (5th Global Summit and Expo on Pollutin Control) Improvement of heavy metal phytoextraction by application of metal chelators and plant growth regulators
Association Membership(s) (5):
廃棄物学会 ,  日本緑化工学会 ,  日本腐植物質学会 ,  日本ペドロジー学会 ,  日本土壌肥料学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page