Rchr
J-GLOBAL ID:200901099078923924   Update date: Sep. 16, 2014

Hagiya Masashi

ハギヤ マサシ | Hagiya Masashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (6): 裁判法 ,  民事保全法 ,  民事訴訟法 ,  Court System ,  Preliminary Relief ,  Civil Procedure
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2000 - 2004 最高裁判所の司法行政、民事保全の基礎理論
  • 2000 - 2004 -
  • 2000 - 2004 -
Papers (10):
  • 民事保全の被保全権利と本案訴訟の訴訟物. 龍谷法学. 2014. 46巻. 4号
  • 被保全権利と請求の基礎が同一である債権について仮差押命令の効力が及ぶとされた事例. ジュリスト. 2013. 1453号133-134
  • 裁判官の職務と裁判官像. 東北学院法学. 2011. 71号. 566-592
  • 「裁判官の良心」についての一考察(2). 龍谷法学42巻3号. 2010. 42巻. 3号. 217-271
  • 裁判官の良心についての一考察(1). 龍谷法学40巻4号. 2008. 40巻. 4号. 208-248
more...
MISC (10):
  • 民事保全の被保全権利と本案訴訟の訴訟物. 龍谷法学. 2014. 46巻. 4号
  • 被保全権利と請求の基礎が同一である債権について仮差押命令の効力が及ぶとされた事例. ジュリスト. 2013. 1453号133-134
  • 裁判官の職務と裁判官像. 東北学院法学. 2011. 71号. 566-592
  • 「裁判官の良心」についての一考察(2). 龍谷法学42巻3号. 2010. 42巻. 3号. 217-271
  • 裁判官の良心についての一考察(1). 龍谷法学40巻4号. 2008. 40巻. 4号. 208-248
more...
Books (3):
  • 裁判例コンメンタール民事保全法
    立花書房 2012
  • 日本の裁判所
    晃洋書房 2004
  • Administration of court-systems in Japan
    Koyo-Shobo 2004
Works (2):
  • 転換期における日本の司法
    2000 - 2002
  • Japanese Court System
    2000 - 2002
Professional career (1):
  • Master of Law (Tohoku University)
Association Membership(s) (2):
民事訴訟法学会 ,  The Japan Institute of Civil Procedure
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page