Rchr
J-GLOBAL ID:201001010575278285   Update date: Dec. 07, 2021

KIMURA Tetsuya

KIMURA Tetsuya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Emergency medicine
Research keywords  (4): Deep Hypothermic Circulatory Arest ,  超低体温下循環遮断法 ,  体外循環 ,  Extracorporeal Circulation
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 1992 - 超低体温下循環遮断法に関する研究
  • Study on Deep Hypothermic Circulatory Arrest
  • Study on Deep Hypothermic Circulatory Arrest
Papers (1):
  • 梅村 朋弘, 木村 哲也, 吉岡 英治, 西條 泰明, 日下 幸則, 森本 宏, 小林 章雄. Regionality and Seasonality of an Accident Occurred in a Bathroom - In Comparison with Nagoya, Sapporo and Fukui -. Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research. 2016. 2016. 173
MISC (24):
more...
Books (3):
  • ナーシング・グラフィカ 災害看護(分担執筆:災害の種類および被害・疾患の特徴)
    メディカ出版 2014 ISBN:9784840445313
  • ナーシンググラフィカ 災害看護(分担執筆:災害サイクル)
    メディカ出版 2014 ISBN:9784840445313
  • 縫合の基本テクニックー実践動画DVDと縫合トレーニングセットで学ぶ ~創処置、運針、糸結び、抜糸まで~
    メディカ出版 2013 ISBN:9784840444699
Lectures and oral presentations  (68):
  • 高齢者の心肺蘇生に合併した肋骨損傷 -死後CTによる評価
    (日本救急医学会総会 2014)
  • ER型救急部受診患者の入院費の検討
    (第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014)
  • 雪下ろし関連外傷に関する報告
    (第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014)
  • 冬の交通外傷と積雪との関係;単施設後ろ向き観察研究
    (第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014)
  • 救護所診療におけるバイタルサインの重要性
    (第18回 日本集団災害医学会学術集会 2013)
more...
Works (3):
  • 熱中症予防のためのサプリメントの開発とその効能評価
    2008 -
  • 腎不全における血管新生因子を用いた遺伝子治療の可能性, 基盤研究(C)(一般)
    2007 -
  • 重症虚血肢に対する血管新生因子を用いた遺伝子治療, 基盤研究(C)
    2003 -
Education (2):
  • - 1986 Fukui Medical University
  • - 1986 Fukui Medical School 医学科
Professional career (1):
  • 医学博士 (Fukui Medical School)
Work history (3):
  • 1995 - 2001 Fukui Medical University
  • 1995 - 2001 Research Associate, Faculty of Medicine,
  • Fukui Medical University
Committee career (1):
  • 2003 - 日本救急医学会 一般会員
Association Membership(s) (6):
日本外科学会 ,  日本胸部外科学会 ,  日本血管外科学会 ,  日本循環器学会 ,  日本心臓血管外科学会 ,  日本救急医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page