Rchr
J-GLOBAL ID:201001029741180828   Update date: Jan. 16, 2020

Kokubu Mari

コクブ マリ | Kokubu Mari
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Education on school subjects and activities ,  Education
Papers (20):
  • 國分,麻里. 1950年代の教育映画における法制化運動の展開. Bulletin of Institute of Education University of Tsukuba. 2019. 44. 1. 25-36
  • 國分麻里. 茨城県水海道小学校における戦後新教育実践-「はえのいない町」(1950年)の撮影と社会科授業-. Bulletin of Institute of Education, University of Tsukuba. 2018. 14-28
  • 國分,麻里. 「国民史」を超える試み-歴史教科書の改善および共通教材の作成に関する研究動向-. Tsukuba journal of educational studies. 2014. 12. 55-73
  • 國分,麻里. 書評 加藤公明・和田悠編著『新しい歴史教育のパラダイムを拓く』. The Journal of Social Studies. 2013. 118. 51-52
  • 國分麻里. 韓国『東アジア史』における近代史の内容分析-日本に関する叙述を中心にして-. Secondary social studies. 2013. 32. 125-134
more...
Books (31):
  • 『21世紀国際化時代の相対主義社会科授業の理論と実践』
    東洋館出版社 2001
  • 『日韓の歴史共通教材をつくる視点-先史時代から現代までの日韓関係史』
    梨の木舎 2003
  • 『世界の法教育』
    現代人文社 2003
  • 在日コリアン
    『日韓の歴史共通教材をつくる視点-先史時代から現代までの日韓関係史』梨の木舎 2003
  • 若者に伝えたい韓国の歴史-共同の歴史認識に向けて-
    明石書店 2005
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 향토교육과 역사수업 -초등단계를 중심으로
    (한국역사교육학회제11회국내학술회의「일제하 역사교육과 교과서」 2010)
  • 韓国社会科教育への接近-歴史教育を中心にして-
    (全国社会科教育学会2010京都大会 課題研究「比較(外国)研究からせまる社会科」 2010)
  • 教材としての『日韓歴史共通教材』-歴史教育の立場から-
    (第2回歴史教育シンポジウム 2011)
  • 韓国における多文化的状況と社会科教育-歴史教育を手がかりにして-
    (日本社会科教育学会第63回全国大会(山形大会) 課題研究「アジアにおける社会的課題の共有と社会科授業開発の可能性」 2013)
  • 韓国の学校100年史における植民地期朝鮮の教育-内容の分析を中心にして-
    (アジア教育学会第9回大会 2014)
more...
Work history (2):
  • 2010/06/01 - 2013/12/31 School of Human sciences
  • 2014/01 - University of Tsukuba
Committee career (1):
  • 2018/04 - 2021/03 JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL HISTORY IN ASIA 理事
Association Membership(s) (6):
JAPANESE ASSOCIATION FOR THE SOCIAL STUDIES ,  Society for Study in Korean Historical ,  JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL HISTORY IN ASIA ,  Japanese Educational Research Association for the Social Studies ,  THE JAPAN SOCIETY FOR THE HISTORICAL STUDIES OF EDUCATION ,  Japan Society for Studies on Asian Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page