Rchr
J-GLOBAL ID:201001038513243800   Update date: Jul. 08, 2021

Kido Satoshi

キド サトシ | Kido Satoshi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (19): 転倒検知 ,  転倒予防 ,  人工知能 ,  機械学習 ,  動体検知 ,  判別分析 ,  熱画像センサ ,  呼吸筋トレーニング ,  生体信号計測 ,  シミュレーションモデリング ,  呼吸 ,  振動刺激 ,  運動療法 ,  理学療法 ,  呼吸筋 ,  呼吸リハビリテーション ,  development of the devices for rehabilitation ,  exercise physiology ,  pulmonary rehabilitation
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2017 - 2020 運動時呼吸負荷トレーニングによる呼吸応答戦略の解明と効果予測モデルの構築
  • 2018 - 2019 吸気抵抗負荷法の負荷量変化による呼吸動態のシミュレーション解析
  • 2017 - 2019 プライバシーを保ちながら転倒転落等を感知・通報するシステムの開発
  • 2017 - 2018 熱画像センサを用いた転倒判定アルゴリズムの精度向上のために経時変化情報活用を可能にする新たなソフトウェア開発
  • 2014 - 2017 高齢者における新たな運動時呼吸負荷トレーニングの評価手段構築と効果検証
Show all
Papers (17):
more...
MISC (97):
  • 善田督史, 善田督史, 津島健司, 服部知洋, 木戸聡史, 丸岡弘. 間質性肺疾患に対する呼吸リハビリテーションと神経筋電気刺激の併用療法の効果. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web). 2021. 30. Supplement
  • 善田督史, 善田督史, 津島健司, 角田亘, 服部知洋, 清藤晃司, 小河裕樹, 吉田誠也, 府川泰久, 木戸聡史, et al. 急性呼吸不全患者における大腿四頭筋筋厚と日常生活動作の関連性. 日本理学療法士協会関東甲信越ブロック理学療法士学会(Web). 2020. 38th
  • 宇佐美友香, 赤間美波, 佐藤晶子, 櫻井秋平, 木戸聡史. "呼気時閉塞条件の健常若年者における座位姿勢の違い が呼吸循環系に及ぼす影響". 第6回日本呼吸理学療法学会学術集会抄録集. 2019. PS6-33
  • 松岡穂奈美, 赤間美波, 八重樫健人, 高橋ひとみ, 木戸聡史. "横隔膜運動とpump-handle motion に着目した胸郭コ ンピュータシミュレーション". 第6回日本呼吸理学療法学会学術集会抄録集. 2019. PS6-32
  • 八重樫健人, 木戸聡史, 佐藤晶子, 高橋ひとみ, 松岡穂奈美, 櫻井秋平. 健常成人での運動時呼吸負荷トレーニングにおける経時的身体応答. 第6回日本呼吸理学療法学会学術集会抄録集. 2019. PS3-13
more...
Patents (1):
Books (2):
  • 国家試験問題(解剖学 生理学)10年間解説と解答 2009年版 編集協力
    犀書房 2008
  • 呼吸器ケア6(6);呼吸理学療法 p581-586 共著
    メディカ出版 2008
Lectures and oral presentations  (14):
  • 呼吸トレーニングマスク開発研究
    (東京大学教養学部学融合プログラム科目「リハビリテーションとバリアフリー」 2014)
  • 高齢者用呼吸トレーニングマスク開発研究
    (彩の国 ビジネスアリーナ2014 2014)
  • 高齢者用呼吸トレーニングマスク開発研究
    (イノベーション・ジャパン2013 2013)
  • Effectiveness of a New Combined System, using a Force Plate and Vibratory Stimulation Device for Balance Training in the Elderly.
    (2009 IEEE/SICE International Symposium on System Integration 2009)
  • Fall detection in toilet rooms using thermal imaging sensors
    (2009 IEEE/SICE International Symposium on System Integration 2009)
more...
Education (4):
  • - 2019 千葉大学大学院
  • - 2005 Sapporo Medical University
  • - 2003 Sapporo Medical University Department of Physical Therapy
  • Sapporo Medical University
Professional career (1):
  • physical therapy
Work history (5):
  • 2018/04 - 現在 Saitama Prefectural University Graduate Course of Health and Social Services
  • 2018/04 - 現在 Saitama Prefectural University School of Health and Social Services, Department of Physical Therapy
  • 2016/04 - 2018/03 Saitama Prefectural University School of Health and Social Services, Department of Physical Therapy
  • 2008/04 - 2016/03 Saitama Prefectural University School of Health and Social Services, Department of Physical Therapy
  • 2009/05 - 2015/03 The University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology
Committee career (5):
  • 2016/04 - 現在 埼玉県理学療法士会編集部員
  • 2008/04 - 現在 公益社団法人埼玉県理学療法士会 会員
  • 2008/04 - 現在 専門リハビリテーション研究会 会員
  • 2003/04 - 現在 公益社団法人日本理学療法士協会 会員
  • 2003/04 - 2008/03 公益社団法人 北海道理学療法士会 会員
Association Membership(s) (4):
日本呼吸ケアリハビリテーション学会 ,  専門リハビリテーション研究会 ,  埼玉県理学療法士会 ,  日本理学療法士協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page