Rchr
J-GLOBAL ID:201001042515859520   Update date: Dec. 07, 2021

SHIMIZU Takako

SHIMIZU Takako
Affiliation and department:
Job title: Senior Assistant Professor
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (2): 災害看護 ,  disaster nursing
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 2018 慢性疾患を持つ被災者の健康管理 -老年期と中年期の被災者に焦点を当てて-
  • 災害看護
  • disaster nursing
Papers (2):
  • 酒井 彰久,清水 誉子,酒井 明子. Research report of heavy snowfall occurred in Fukui prefecture, February 2018. Journal of Japan Society of Disaster Nursing. 2018. 19. 3. 50-59
  • 月田 佳寿美,清水 誉子,酒井 明子,繁田 里美,酒井 彰久. 臨地実習で看護教員が学生に対しておこなうケアリング. 福井大学医学部研究雑誌. 2016. 16. 1. 21-35
MISC (7):
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • A Study of the Meaning of Discourse on Disaster Experiences for Victims of the Great East Japan Earthquake
    (The 3rd Reserch Conference of World Society of Disaster Nursing 2014)
  • 慢性疾患をもつ老年期の被災者の健康管理 -被災者の生活に焦点をあてて-
    (日本災害看護学会 第16回年次大会 2014)
  • 過疎地域における住民の災害への意識と防災対策の現状
    (日本災害看護学会 第16回年次大会 2014)
  • 慢性疾患を持つ東日本大震災における老年期の被災者の健康管理
    (日本災害看護学会 第15回年次大会 2013)
  • 東日本大震災の災害急性期から災害復興期における被災者の心理変化
    (日本災害看護学会 2012)
more...
Works (5):
  • 慢性疾患を持つ被災者の健康管理 -老年期と中年期の被災者に焦点を当てて-, 若手研究(B)
    2014 -
  • 糖尿病とその他の疾患を併せ持つ高齢患者の看護支援システムの構築, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 実習にケアリング教育を導入するための基礎的研究-学生教員間の相互作用に着目して-, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • 慢性疾患を持つ被災者が健康管理を継続するプロセス~生活の場の変化に焦点を当てて~, 若手研究(B)
    2013 -
  • 福島県の子どもさんとお母様との遊びと語りのプロジェクト
    2013 -
Education (2):
  • - 2011 University of Fukui
  • - 2003 University of Fukui
Professional career (1):
  • 看護学修士 (福井大学)
Committee career (2):
  • 2012 - 日本看護学教育学会 一般会員
  • 2009 - 日本災害看護学会 一般会員
Association Membership(s) (1):
日本看護学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page