Rchr
J-GLOBAL ID:201001060736574510   Update date: Apr. 05, 2020

Tanaka Kazuko

タナカ カズコ | Tanaka Kazuko
Research field  (2): Sociology ,  Gender studies
Research keywords  (13): 性別職業隔離 ,  男女賃金格差 ,  同一価値労働同一賃金論 ,  職務評価 ,  感情労働 ,  介護・介助労働 ,  高齢者介護 ,  高齢社会論 ,  ジェンダー階層論 ,  労働市場論 ,  セクシュアリティ社会学 ,  ジェンダー社会学 ,  社会階層論
Papers (21):
  • 田中 和子. 感情労働としての介護. 現代のエスプリ. 2010. 519. 48-58
  • 田中 和子. 実践的な学問としての女性学が独自の学際的基盤を構築するために. 女性学. 2010. 17. 32-44
  • 田中 和子. 介護労働からみえることーペイドとアンペイドの狭間で. 女性労働研究. 2010. 54. 72-88
  • 田中 和子. 感情労働としてのケアワーク. ケア その思想と実践 2 ケアすること. 2008. pp. 97-119
  • 田中 和子. 介護と感情労働:「見えない労働」に正当な評価を. 女も男も:働きながら介護する. 2008. 111. pp. 18-23
more...
MISC (2):
  • 田中 和子. M字型カーブ. 事典・労働の世界. 2000. 7-10
  • 田中 和子. 再雇用. 福祉社会事典. 1999. 338
Books (11):
  • ケアー今共有したい視点
    2008
  • アジアから視るジェンダー
    風行社 2008
  • Elderly Care in Japan ? Country Report (Chapter III)
    2007
  • Case Studies of Japanese Care Organizations (Chapter VII)
    2007
  • 性同一性障害(GID)をめぐる問題
    2006
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • 変えよう!働き方 「ディーセントワーク」に希望を見る
    (福岡市男女共同参画センター講座 2012)
  • 性暴力を引き起こす構造的問題
    (公開講座『性暴力多発社会』 2011)
  • ケア労働の諸相-ケアの危機の第2局面に際して
    (日本フェミニスト経済学会2010年度大会 2010)
  • 人権教育・研究:ジェンダー・セクシュアリティの視点から
    (東日本大学人権教育・研究懇談会 2010)
  • 日本の女性労働運動の発展:「働く女性の日米ワークショップ」の意義を考える
    (2010)
more...
Education (3):
  • 1980 - 1987 University of Iowa, Graduate school
  • 1980 - 1987 Graduate School of University of Iowa, Sociology Department Social Stratification
  • 1967 - 1971 Ochanomizu University 栄養化学科
Professional career (2):
  • M.A. (The University of Iowa)
  • Ph.D (アイオワ大学)
Work history (11):
  • 2012/04/01 - 2014/03/31 Director, Center for Gender Studies, International Christian University
  • 2009/09/01 - 2014/03/31 Major Coordinator, Gender and Sexuality Studies, International Christian University
  • 2009/09/01 - 2012/03/31 Chair, Dept. of Sociology and Anthropology, International Christian University
  • 2002/04/01 - ICU, Professor
  • 1992/04/01 - 2002/03/01 ICU, Associate Prof.
Show all
Association Membership(s) (3):
日本女性学会 幹事 1991年~1999年、2002年~04年、2012年~現在 ,  日本社会学会 (編集委員会専門委員 2008-10) ,  日本教育社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page