Rchr
J-GLOBAL ID:201001096131842909   Update date: May. 25, 2022

Kobayashi Kai

コバヤシ カイ | Kobayashi Kai
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (3): Coaching Sciences ,  Sports Biomechanics ,  Sports Sciences
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 負荷可変牽引装置を用いたスプリント走の力-速度関係の定量的評価に関する研究
  • 2018 - 2022 運動イメージと協調運動の脳機構に基づくスキー技術の学習支援システム構築
  • 2010 - 2011 runningfunctional role of pelvis during sprint running
  • -
Papers (55):
  • Gaku Kakehata, Kai Kobayashi, Akifumi Matsuo, Kazuyuki Kanosue, Shigeo Iso. Relationship between subjective effort and kinematics/kinetics in the 50 m sprint. JOURNAL OF HUMAN SPORT AND EXERCISE. 2020. 15. 1. 52-66
  • 髙橋 恭平, 小林 海. 短距離およびリレー種目における国際競技力の動向 (世界選手権ドーハ大会における競技パフォーマンス分析). 陸上競技研究紀要. 2019. 15. 4-10
  • 大沼 勇人, 小林 海, 松林 武生, 髙橋 恭平, 山中 亮, 渡辺 圭佑, 綿谷 貴志, 広川 龍太郎. 2019年度主要競技会における男子100mのレース分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第18巻(2019) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2019). 陸上競技研究紀要. 2019. 15. 131-137
  • 髙橋 恭平, 広川 龍太郎, 渡辺 圭佑, 小林 海, 大沼 勇人, 松林 武生, 山中 亮. 世界・アジア・日本における女子100m一流スプリンターの走パフォーマンス分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第18巻(2019) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2019). 陸上競技研究紀要. 2019. 15. 138-147
  • 髙橋 恭平, 広川 龍太郎, 小林 海, 山中 亮, 大沼 勇人, 松林 武生, 渡辺 圭佑. 一流200m選手のレース分析 : 2019年シーズンの国内外主要競技会に着目して (日本陸連科学委員会研究報告 第18巻(2019) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2019). 陸上競技研究紀要. 2019. 15. 148-157
more...
MISC (6):
Books (1):
  • スプリント学ハンドブック : すべてのスポーツパフォーマンスの基盤
    西村書店 2018 ISBN:9784890134816
Lectures and oral presentations  (26):
  • サポートスタッフが用いる研究知見の実践事例
    (第34回大会日本トレーニング科学会大会 2021)
  • 特別講演 トップスプリンターのトレーニング“主観と客観は一致するのか”~飯塚翔太選手の事例について~
    (日本スプリント学会 第31回大会 2021)
  • 短距離走(100m、400m)のトップ選手のデータから
    (第2回バイオメカニクス研究活動報告会 2021)
  • シンポジウム 東京オリンピック2020への挑戦 日本代表男子マイルリレーチームの取り組み
    (日本スプリント学会 第30回大会 2019)
  • シンポジウム 4×100mリレー2020東京に向けて : 科学的視点からみた4×100mリレーのこれまでとこれから (日本陸上競技学会第16回大会 : 共催 : 公益社団法人日本学生陸上競技連合・関東学生陸上競技連盟)
    (陸上競技学会誌 = Japan journal of studies in athletics 2017)
more...
Education (3):
  • 2007 - 2011 Waseda University
  • 2005 - 2007 Waseda University
  • 1998 - 2002 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 Toyo University Faculty of Information Sciences and Arts
  • 2012/02 - 現在 Nihon University College of Economics
  • 2018/04 - 2021/03 Toyo University Faculty of Science and Engineering
  • 2018/04 - 2021/03 Tokyo Keizai University
  • 2015/08 - 2018/03 JAPAN SPORT COUNCIL The High Performance Support Project
Show all
Committee career (6):
  • 2020/04 - 現在 日本スプリント学会 副編集委員長
  • 2019/11 - 現在 陸上競技研究紀要 編集委員
  • 2012/10 - 現在 Japan Association of Athletics Federations Certified Committee
  • 2012/10 - 現在 Japanese Olympic Committee Intelligence Strategies Staff
  • 2017/10 - 2021/06 Japan Association of Athletics Federations Scientific Committee
Show all
Awards (1):
  • 2010/03 - 日本体育学会東京支部第36回学会大会 東京体育学奨励賞 陸上短距離選手のスプリントタイムと外側広筋の腱特性の関係
Association Membership(s) (8):
日本コーチング学会 ,  日本スプリント学会 ,  日本体育学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本バレーボール学会 ,  日本体力医学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  東京体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page