Rchr
J-GLOBAL ID:201101040770439980   Update date: Jan. 22, 2020

門脇 厚司

Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80015924
Research field  (4): Sociology of education ,  History - Japan ,  Education - general ,  Science education
Research keywords  (30): 教師と生徒の関係 ,  役割期待 ,  健康リテラシー ,  資質能力 ,  実践的観察法 ,  コミュニケーションリテラシー ,  親 ,  読解リテラシー ,  筆算 ,  誤算 ,  自由教育 ,  数学リテラシー ,  科学リテラシー ,  社会学 ,  選考制度 ,  基礎学力の再定義 ,  社会民主主義 ,  教育実践 ,  在郷軍人会 ,  文字式 ,  数感覚 ,  カリキュラム ,  数と計算 ,  考現学 ,  メディアリテラシー ,  公共性 ,  数学的問題解決 ,  比較文化的研究 ,  暗算 ,  数学達成度
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 1994 - 2000 社会力の育成
  • 1994 - 2000 The Theoretical and practical Research on the Socialization Process of Youth
  • 1994 - Nurturing of Social Competence
  • 1980 - 1982 Social Historical Analysis of New Educational Movement in 1920's Japan.
  • 1980 - 1982 大正期新教育の社会史的分析
Show all
MISC (181):
  • 門脇厚司, 佐々木かをり, 丸山正博. 座談会 子どもたちの社会的自立を促す教育の在り方を考える (特集 子どもの社会的自立を促す教育の推進). 初等教育資料. 2008. 831. 36-47
  • 門脇厚司. 書評 宮寺晃夫著『教育の分配論--公正な能力開発とは何か』. 筑波教育学研究. 2008. 6. 149-156
  • 門脇厚司. 子どもの社会力を育てる (平成19年度 母子保健講習会 子ども支援日本医師会宣言の実現を目指して(2)) -- (シンポジウム 母子の心の健康を求めて). 日本医師会雑誌. 2008. 137. 4. 82-85
  • 門脇厚司. 社会力を育てることこそ肝要であり緊急である. 教職研修. 2008. 37. 2. 7-9
  • 片岡栄美, 門脇厚司, 天童睦子, 小玉亮子, 石黒万里子. 親の教育戦略の社会学的研究 : 階層性・公共性・プライヴァタイゼーション(IV-8部会 家族と教育,研究発表IV,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2007. 59. 343-348
more...
Books (42):
  • 社会化の理論-山村賢明教育社会学論集
    世織書房 2008 ISBN:4902163381
  • 大人になったピーター・パン-言語力と社会力
    アートデイズ 2006 ISBN:4861190703
  • 社会力再興-つながる力で教育再建
    学事出版 2006 ISBN:4761911948
  • 社会力がよくわかる本-子どもに本当に必要な力は社会力だ!
    学事出版 2005 ISBN:4761911395
  • 社会力と共生-他人と共に生きる子どもを育てる (モーニングママ選書 (22))
    創教出版 2004 ISBN:4915728498
more...
Works (8):
  • 第8回東京都青少年基本調査報告書
    1998 -
  • The 8th Report of Basic Survey on Youth in Tokyo.
    1998 -
  • 高齢化社会における企業と地域の役割
    1994 -
  • 日韓青少年の社会意識の比較調査
    1994 -
  • The Social Role of Private Compamy and Local Grovernment in High Elderly society.
    1994 -
more...
Education (2):
  • - 1970 東京教育大学大学院 教育社会学
  • - 1965 東京教育大学 教育学
Professional career (1):
  • Master of Education (Tokyo University of Education)
Work history (6):
  • 2006 - Tsukuba Gakuin University The Faculty of Information & Communication
  • 2005 - 筑波大学 筑波学院大学・教育学系・情報コミュニケーション学部 教授
  • 2003 - 2004 筑波大学 大学院・人間科学科 教授
  • 1991 - University of Tsukuba Institute of Education
  • 1990 - University of Tsukuba Institute of Education
Show all
Committee career (5):
  • 2002 - 日本健康行動科学会 理事
  • 2000 - 日本青少年育成学会 理事
  • 1997 - 1999 日本教育社会学会 理事,会長
  • 1996 - 日本教育学会 常任理事
  • 1994 - 日本教師教育学会 常任理事
Association Membership(s) (7):
日本赤ちゃん学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本健康行動科学会 ,  日本青少年育成学会 ,  日本教育学会 ,  日本子ども学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page