Rchr
J-GLOBAL ID:201101041956397426   Update date: Oct. 04, 2020

Tsutsui Haruka

ツツイ ハルカ | Tsutsui Haruka
Affiliation and department:
Job title: Project Resercher
Other affiliations (5):
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (4): analytic philosophy ,  feminism ,  Gender ,  joint action
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 2020 「2.5次元文化」における参加型文化による嗜好共同体構築に関する研究
  • 2016 - 2019 哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践的研究
  • 2016 - 2019 北欧現象学者との共同研究に基づく人間の傷つきやすさと有限性の現象学的研究
  • 2017 - 2019 医療機関における家族--性的指向と性自認を軸とする患者・看護師の相互行為
  • 2015 - 2018 人間の「脆さ」に着目した状況依存的かつ相互依存的な行為者概念の学際的研究
Show all
Papers (14):
  • 筒井晴香. トランスジェンダーと子宮移植をめぐる倫理的問題. GID学会雑誌. 2019. 12. 1. 87-94
  • 筒井晴香. 医療概念のローカル化、本質論の利便性-日本における「性同一性障害(GID)」概念の用いられ方の変遷から. 傷つきやすさと有限性の現象学的研究. 2019
  • 筒井晴香. 訳者コメンタリー:生活の質改善のための移植はどのような倫理的問題をもたらすか. CBEL Report. 2018. 1. 1. 48-49
  • アーサー・カプラン&ダンカン, パーブス, 筒井晴. 【翻訳】臓器移植の倫理における静かな革命. CBEL Report. 2018. 1. 1. 40-47
  • 筒井晴香. 「男らしさ/女らしさ」とナラティヴとしての生物学的本質主義-男女共同参画の困難の根元を考える. 理想. 2015. 695. 146-157
more...
MISC (8):
  • 筒井晴香. 孤独にあること、痛くあること-「推す」という生き様. ユリイカ. 2020. 52. 11. 72-81
  • 筒井晴香. 「推す」という隘路とその倫理-愛について. ユリイカ. 2019. 51. 18. 174-187
  • 筒井晴香. トランス排除をめぐる論争のむずかしさ. 現代思想. 2019. 47. 12. 169-175
  • 筒井晴香. 「断絶」は描かれたのか-『ユリ熊嵐』における「異なる他者」. ユリイカ. 2017. 49. 5. 225-234
  • 筒井晴香. 生の肯定としての「み〜んなアイドル」-『プリティーリズム』から『プリパラ』へ. ユリイカ. 2016. 48. 12. 36-45
more...
Books (4):
  • ワードマップ 心の哲学-新時代の心の科学をめぐる哲学の問い
    新曜社 2017 ISBN:4788515253
  • 性-自分の身体ってなんだろう?(愛・性・家族の哲学 第2巻)
    ナカニシヤ出版 2016 ISBN:4779510090
  • よくわかるジェンダー・スタディーズ: 人文社会科学から自然科学まで (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:4623065162
  • 意識(〈1冊でわかる〉シリーズ)
    岩波書店 2010 ISBN:4000269011
Lectures and oral presentations  (36):
  • 先端的脳科学研究に関する社会的合意形成のための市民対話ワークショッププログラムの開発
    (科学技術社会論学会第18回年次大会 2019)
  • トランスジェンダーと子宮移植をめぐる倫理的問題
    (GID(性同一性障害)学会第21回研究大会・総会 2019)
  • 「2.5次元」をジェンダーの観点から考える-相関図消費、「イケメン」の身体、客席の「女」たち
    (成城大学グローカル研究センター研究会 2019)
  • Localization of "GID" notion in Japan: Biological essentialism and possibilities of gender self-determination
    (Symposium: Philosophy of Transgender & Joint action theory 2019)
  • 「2.5次元」とジェンダー
    (名古屋大学教員有志企画 Gender Research Salon第1回 2018)
more...
Professional career (1):
  • PhD
Work history (11):
  • 2020/09 - 現在 Seijo University Faculty of Arts and Literature Part-time Lecturer
  • 2020/04 - 現在 Rissho University Faculty of Letters Part-time Lecturer
  • 2019/04 - 現在 Tokyo Gakugei University Faculty of Education Part-time Lecturer
  • 2017/04 - 現在 Tokyo Ariake University of Medical and Health Sciences Part-time Lecturer
  • 2017/04 - 現在 The University of Tokyo Graduate School of Medicine, Department of Biomedical Ethics Project Resercher
Show all
Committee career (2):
  • 2020 - 現在 科学基礎論学会 評議員
  • 2018 - 現在 応用哲学会 理事
Association Membership(s) (9):
The Nordic Society for Phenomenology ,  THE SOCIETY OF PHILOSOPHY ,  THE PHENOMENOLOGICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  Japanese Society of Gender Identity Disorder ,  THE PHILOSOPHICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  Japanese Association for the Contemporary and Applied Philosophy ,  THE PHILOSOPHY OF SCIENCE SOCIETY, JAPAN ,  JAPAN ASSOCIATION FOR PHILOSOPHY OF SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY FOR SCIENCE AND TECHNOLOGY STUDIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page