Rchr
J-GLOBAL ID:201101043220302323   Update date: Apr. 24, 2022

Furuta Masayuki

フルタ マサユキ | Furuta Masayuki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (18): 長能集 ,  和泉式部日記 ,  具平親王集 ,  公任集 ,  曾禰好忠集 ,  後見 ,  召人 ,  伊勢物語 ,  私家集 ,  中古文学 ,  平安文学 ,  安法法師集 ,  侍女 ,  乳母 ,  落窪物語 ,  うつほ物語 ,  作り物語 ,  源氏物語
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2019 - 2022 近世後期における地方歌壇の和歌文学研究 ー山形県庄内地方を中心にー
  • 2018 - 2022 『源氏物語』第一部を中心とした「引歌」の研究
  • 2016 - 2017 『藤原長能集』の諸本および人物の研究
  • 2015 - 2016 日本の平安時代における『萬葉集』伝来史の超域的研究
  • 2014 - 2015 『伊勢物語』を中心とした平安朝物語文学の語彙研究
Show all
Papers (23):
  • 古田正幸. 『多武峯少将物語』における消息文・会話文の引歌について. 武蔵野文学. 2021. 69. 26-30
  • 古田正幸. 『源氏物語』若紫巻における「とはぬはつらきものにやあらむ」考-光源氏の会話文における引歌理解を中心として-. 『むらさき』. 2020. 57. 36-45
  • 古田正幸. 『源氏物語』葵巻巻末の和歌表現-「春や来ぬる」の引歌を中心に-. 『文学・語学』. 2018. 223. 1-13
  • 古田正幸. 平安中期における私家集と作り物語との表現の重なりについて-『安法法師集』の用例を中心に-. 『中古文学』. 2018. 102. 7-15
  • 古田正幸. 『公任集』と『安法法師集』との「兵部卿宮」について-具平親王の想定を中心として. 『國語國文』. 2016. 85. 5. 1-16
more...
MISC (5):
  • 古田正幸. 光源氏の持つ情けと召人との関係性(研究フロンティア). 『日本文学文化』. 2018. 17. 59-59
  • 古田正幸. 坂本信道「「楼の上」巻名試論-『宇津保物語』の音楽」(1000号記念特輯-『國語國文』この一篇). 『國語國文』. 2018. 87. 1. 68-69
  • 古田正幸. 面白かった、この三つ. リポート笠間. 2016. 61. 103-104
  • 古田正幸. 〈書評〉岡田貴憲 著『『和泉式部日記』を超えて』. 『日本文学誌要』. 2016. 94. 103-104
  • 古田正幸. 【書評】有馬義貴著『源氏物語続篇の人間関係 付 物語文学教材試論』. 『奈良教育大学国文 研究と教育』. 2015. 38. 79-85
Books (4):
  • 品詞論の周辺-敬語/仮名遣いほか 品詞別 学校文法講座〈第7巻〉
    明治書院 2015
  • 平安物語における侍女の研究
    笠間書院 2014 ISBN:9784305707130
  • 平安文学における侍女の研究 (学位論文)
    東洋大学大学院文学研究科 2012
  • 阿仏尼本はゝき木
    勉誠出版 2008 ISBN:4585032142
Lectures and oral presentations  (12):
  • 源氏物語のアダプテーション
    (「源氏物語×布袋戯-東アジア古典文化交流の試み」ワークショップ 2020)
  • 『源氏物語』を中心とした平安朝文学の恋愛
    (歴史総合イベント・雅コレクション-王朝文化への誘い- 2019)
  • 平安中期における私家集と作り物語との表現の重なりについてー『安法法師集』の用例を中心にー
    (中古文学会 春季大会 2018)
  • 『源氏物語』葵巻における「春や来ぬる」の引歌について
    (平安文学の会 例会 2017)
  • 長能集伝本系統考-一・二類の配列を中心に-
    (和歌文学会12月例会 2016)
more...
Education (4):
  • 2007 - 2012 Toyo University
  • 2005 - 2007 Toyo University
  • 2001 - 2005 Toyo University Department of Japanese Literature and culture
  • 1997 - 2000 開成高校
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東洋大学)
Work history (14):
  • 2019/04 - 現在 Taisho University Faculty of Literature Department of Japanese Literature Associate professor
  • 2020/04 - 2020/07 Senshu University School of Letters Department of Japanese Literature and Culture
  • 2012/04 - 2020/03 Toyo University
  • 2017/04 - 2019/03 Yamagata University Faculty of Education, Art and Science
  • 2016/04 - 2019/03 Miyagigakuin Women's University
Show all
Committee career (5):
  • 2021/07 - 2023/06 全国大学国語国文学会 委員
  • 2020/07 - 2022/06 全国大学国語国文学会 編集委員
  • 2015/12 - 2019/11 日本文学協会 委員
  • 2019/03 - 2019/05 中古文学会 選挙管理委員
  • 2017/03 - 2017/05 中古文学会 選挙管理委員
Association Membership(s) (4):
THE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF JAPANESE LANGUAGE AND LITERATURE ,  THE ASSOCIATION OF WAKA POETRY STUDIES ,  JAPAN LITERATURE ASSOCIATION ,  The Association for the Study of Japanese Heian Literature.
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page