Rchr
J-GLOBAL ID:201101093664333451   Update date: Feb. 05, 2020

Kijima Yoshimasa

キジマ ヨシマサ | Kijima Yoshimasa
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Sociology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2011 - 2014 流動化社会における都市青年文化の経時的実証研究-世代間/世代内比較分析を通じて-
  • 2001 - 2004 都市的ライフスタイルの浸透と青年文化の変容に関する社会学的分析
  • -
  • MLMの文化社会学的考察
MISC (15):
  • 木島 由晶. 文化の社会学の文化. ソシオロジ. 2013. 58. 2. 109-115
  • 木島 由晶. ワークショップ 日本のヒップホップ再考 (年次大会記録2009 日本ポピュラー音楽学会 第21回大会(JASPM21)). ポピュラ-音楽研究. 2010. 14. 67-70
  • KIJIMA Yoshimasa. 'Religiosity' of Multi-Level Marketing Plan -Through the comparison with 'New Age' ideas-. 大阪大学大学院人間科学研究科紀要. 2008. 34. 251-268
  • 木島 由晶. 'Religiosity' of Multi-Level-Marketing plan: through the comparison with 'New Age' ideas. Bulletin. 2008. 34. 251-268
  • 木島 由晶. 'Religiosity' of Multi-Level-Marketing plan: through the comparison with 'New Age' ideas. Bulletin. 2008. 34. 251-268
more...
Books (17):
  • 音楽化社会の現在:統計データで読むポピュラー音楽
    新曜社 2019 ISBN:9784788516212
  • 私たちは洋楽とどう向き合ってきたのか : 日本ポピュラー音楽の洋楽受容史
    花伝社, 共栄書房(発売) 2019 ISBN:9784763408822
  • メディアの内と外を読み解く : 大学におけるメディア教育実践
    せりか書房 2018 ISBN:9784796703772
  • メディア社会論
    有斐閣 2018
  • 〈オトコの育児〉の社会学:家族をめぐる喜びととまどい
    ミネルヴァ書房 2016
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • キャラクターとの「コミュニケーション」は可能か?--恋愛ゲーム『ラブプラス』の利用と満足を例に
    (日本マス・コミュニケーション学会 2010年度 秋季研究発表会 ワークショップ12 2010)
  • 音楽の文化的価値をめぐって--比較文化の視点から
    (日本ポピュラー音楽学会 第20回年次大会 ワークショップB「ポピュラー音楽をめぐる現況--音楽産業と音楽の文化的価値は危機に瀕しているのか?」 2008)
  • 青少年の文化的嗜好に関する一考察--音楽聴取をめぐる定量調査から
    (関西社会学会 第57回年次大会 個人研究報告 2006)
  • Music Participants in Japanese Young People:Using Factor Analysis
    (The International Association for the Study of Popular Music’s 13th Biennial Conference 2005)
  • 音楽行動と社会属性
    (日本ポピュラー音楽学会 第16回年次大会 ワークショップB 2004)
Works (1):
  • 日本アムウェイ販売員の主宰するミーティングへの参加
    2002 - 2003
Education (2):
  • 2001 - 2006 Osaka University
  • 1999 - 2001 Osaka University
Professional career (1):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
Work history (3):
  • 2012/10 - 現在 Momoyama Gakuin University Faculty of Sociology
  • 2009/04 - ST. Andrew's University
  • 2008/04 - 2009/03 Osaka University
Committee career (2):
  • 2011/01 - 2012/12 日本ポピュラー音楽学会 学会誌編集委員
  • 2009/01 - 2010/12 日本ポピュラー音楽学会 研究活動委員
Association Membership(s) (4):
KANSAI SOCIOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR THE STUDY OF POPULAR MUSIC ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF POPULAR MUSIC ,  JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page