Rchr
J-GLOBAL ID:201201035489116148   Update date: Sep. 16, 2021

ITOH KOHKI

イトウ コウキ | ITOH KOHKI
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://sun.ac.jp/researchinfo/khk-110/
Research field  (2): Cultural anthropology and folklore ,  Sociology
Research keywords  (15): 当事者研究 ,  社会運動 ,  教育社会学 ,  親密性 ,  Sociology of Social Problems ,  Family Sociology ,  Welfare Sociology ,  当事者 ,  autobiography ,  lifehistory ,  social withdrawal ,  hikikomori ,  social research ,  anthropology ,  sociology
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2019 - 2023 「ひきこもり支援」をめぐる包摂と排除の社会学--〈新しい生き方〉に着目して
  • 2018 - 2019 長崎県における若者支援システム構築の研究--地域社会資源のネットワーク化を中心に
  • 2016 - 2017 「ひきこもり支援」における当事者をめぐる政治性-当事者活動/研究と社会学的実践-
  • 2014 - 2015 関西学院大学大学院支給奨学金「ベーツ第1種支給奨学金」
  • 2013 - 2015 「ひきこもり」における親密な人間関係にかんする社会学的研究-当事者活動を事例に-
Show all
Papers (10):
  • ITOH Kohki. Tojisha Activities of Hikikomori Perceived as a Social Movement: A Collective Strategy for Regaining Self-Value. Japanese sociological review. 2020. 71. 2. 281-296
  • 伊藤 康貴. 「ひきこもり当事者」の社会学的研究--主体から問う「ひきこもり」と社会. 関西学院大学大学院社会学研究科博士論文. 2017
  • KOHKI ITOH. Hikikomori and Relationships of Intimacy: Sexual Norm and the Personal from the Story of Difficulties. JAPANESE SOCIOLOGICAL REVIEW. 2016. 66. 4. 480-497
  • KOHKI ITOH. 「生き方」をめぐる若者の規範的なアイデンティティ--「ひきこもり」における社会適応の語り. KG Sociological Review. 2015. 4. 37-52
  • KOHKI ITOH. Supporting Hikikomori through Experienced Perspectives: Using the Concept of "Tojisya". Social theory and dynamics. 2014. 7. 134-151
more...
MISC (6):
  • 伊藤 康貴. それは誰の「経験」か?--ひきこもることを理解する手がかり. 図書新聞. 2017. 3303. 5-5
  • 伊藤 康貴. 「ひきこもり」の当事者活動の消滅と生成、変容、ネットワーク化. KG社会学批評. 2016. 5. 53-56
  • 伊藤 康貴. 引きこもった経験を持つ社会学者として「当事者研究」を振り返る. づら研やってます。--生きづらさからの当事者研究会レポート. 2015. 3. 95-98
  • 前田 拓也, 伊藤 康貴, 飯塚 諒, 稲津 秀樹. 会う・話す--『介助現場の社会学』をめぐる対話. KG社会学批評. 2014. 3. 65-85
  • 伊藤 康貴. 生きるための「ひきこもり支援」--とある支援機関の記録. KG社会学批評. 2014. 3. 59-60
more...
Books (3):
  • イノベーションの未来予想図-専門家40名が提案する20年後の社会-
    創成社 2021 ISBN:9784794432278
  • ひきこもっていても元気に生きる
    新日本出版社 2021 ISBN:9784406066068
  • 「若者/支援」を読み解くブックガイド
    かもがわ出版 2020 ISBN:9784780310788
Lectures and oral presentations  (23):
  • 8050問題ってご存知ですか?
    (第15回諫早地域ケア発表大会 2019)
  • 主体から眺める「ひきこもり」経験--欲望における他者の模倣とモデルの不在
    (第90回日本社会学会大会 2017)
  • 「社会/自己」を志向する「ひきこもり」当事者活動--当事者団体αを事例に
    (2016年度社会学研究科研究成果発表会 2017)
  • 「ひきこもり支援」における当事者活動の位相--社会運動と当事者研究という視角から
    (日本教育社会学会第67回大会 2015)
  • 「ひきこもり」の親密な対人関係--「性規範」にもとづく生きづらさの語り
    (2014年度社会学研究科研究成果発表会 2015)
more...
Education (6):
  • 2012 - 2015 Kwansei Gakuin University Doctoral course
  • 2010 - 2012 Kwansei Gakuin University Master's course
  • 2008 - 2010 Kwansei Gakuin University
  • 2006 - 2008 Osaka University of Commerce Department of Public Management
  • 2005 - 2006 大阪府立桃谷高等学校(現:大阪府立大阪わかば高等学校)
Show all
Professional career (3):
  • Ph.D. in Sociology (Kwansei Gakuin University)
  • 修士(社会学) (関西学院大学)
  • 学士(社会学) (関西学院大学)
Work history (15):
  • 2018/04 - 現在 University of Nagasaki Faculty of Regional Design and Development, Department of Public Policy lecturer
  • 2017/07 - 2018/03 Kwansei Gakuin University Graduate School of Sociology
  • 2017/04 - 2018/03 Kwansei Gakuin University School of Sociology Teaching Assistant
  • 2017/04 - 2018/03 Kwansei Gakuin University School of Sociology Part-time Lecturer
  • 2016/04 - 2017/09 関西労災看護専門学校 非常勤講師
Show all
Committee career (9):
  • 2020/04 - 現在 NPO法人フリースペースふきのとう(佐世保) 賛助会員
  • 2020/04 - 現在 長崎県ひきこもり家族会花たば 協力会員
  • 2020/01 - 現在 NPO法人社会的ひきこもり・若者支援近畿交流会 監事
  • 2018/10 - 現在 長崎県ひきこもり支援連絡協議会 委員
  • 2012/05 - 現在 NPO法人グローバル・シップスこうべ 監事
Show all
Awards (1):
  • 2010/03 - Kwansei Gakuin University School of Sociology 2009 Yasuda Prize
Association Membership(s) (6):
JAPAN ORAL HISTORY ASSOCIATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY ,  Kansai Sociological Association ,  SOSHIOROJI ,  Japan Sociological Society ,  International Sociological Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page