Rchr
J-GLOBAL ID:201201056356599640   Update date: Aug. 18, 2019

Itagaki Akemi

イタガキ アケミ | Itagaki Akemi
Affiliation and department:
Research field  (3): Cultural anthropology and folklore ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (3): 諸民族の身体技法 ,  医療人類学 ,  環境人類学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 諸民族の神話と伝統医療と身体技法
  • 諸民族の癒しと身体技法に関する人類学的研究
Papers (5):
MISC (2):
  • ITAGAKI Akemi. Walk and Connection of Latin American and Ballroom Dance:KJ method and 3D motion analysis. Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology. 2008. 2008. 0. 240-240
  • 板垣 明美. 飯田淳子著『タイ・マッサージの民俗誌-「タイ式医療」生成過程における身体と実践』. 文化人類学第71巻第1号. 2007. 71. 1
Books (4):
  • ヴェトナム-変化する医療と儀礼
    春風社 2008 ISBN:486110145X
  • 癒しと呪いの人類学
    春風社 2003 ISBN:4921146861
  • "Metaphor of Sadness: An Anthropological Study of Traditional Folk Medicine in Malaysia" in Psychosomatic Responses to Modernization of Culutres in Insular Southeast Asia.
    Report for Grant-in-Aid for Scientific Research(A) 1998~2000 Project Number, 10041018 2001
  • マレー人農村の民間医療に関する文化人類学的研究 : 人災病の療法と文化社会的機能
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 1995
Lectures and oral presentations  (4):
  • 身体技法としてのボールルーム・ダンス歩行と日常歩行 重心に着目して
    (文化人類学会研究大会 2019)
  • 小田論文 ベトナムにおける伝統医療の創出へのコメント
    (東南アジア学会 2017)
  • 身体感覚として「わかる」:ボールルームダンスの練習場面を事例として新たな身体技法を学習することの意義を考える
    (第30回KJ法学会 2006)
  • 「身体感覚・感情の手がかりーボールームダンス指導場面を事例として」発表要旨集p129,2006、
    (2006年文化人類学会研究大会 2006)
Professional career (3):
  • 博士(文学) (筑波大学)
  • 文学修士(文化人類学) (筑波大学)
  • 学術修士(環境科学) (筑波大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page