Rchr
J-GLOBAL ID:201201073588770061   Update date: Jan. 15, 2023

Kera Takeshi

ケラ タケシ | Kera Takeshi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Research field  (2): Healthcare management, medical sociology ,  Rehabilitation science
Research keywords  (9): 理学療法 ,  呼吸筋力 ,  public health ,  gerontology ,  occlusion pressure (P0.1) ,  呼吸困難感 ,  クロモグラニンA ,  運動呼吸同調現象 ,  呼吸筋酸素摂取量
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2021 地域虚弱高齢者に対するサルコ ペニアスクリーニングの妥当性 と比較に関する研究
  • 2014 - 2015 運動呼吸同調による運動継続時間延長に関する研究
  • 2012 - 2013 呼吸不全患者に対する器具を用いたコンデショニングに関する研究-無作為化比較試験
  • 2012 - 2013 肩関節機能障害に対する理学療法が呼吸機能に与える影響
  • 2011 - 2012 呼吸リハビリテーションの気道閉塞圧への影響
Show all
Papers (81):
  • Yoshihiro Kugimiya, Masanori Iwasaki, Yuki Ohara, Keiko Motokawa, Ayako Edahiro, Maki Shirobe, Yutaka Watanabe, Yu Taniguchi, Satoshi Seino, Takumi Abe, et al. Association between sarcopenia and oral functions in community-dwelling older adults: A cross-sectional study. Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle. 2022
  • Manami Ejiri, Hisashi Kawai, Keigo Imamura, Takeshi Kera, Kazushige Ihara, Yoshinori Fujiwara, Hirohiko Hirano, Hunkyung Kim, Shuichi Obuchi. The trajectory of psychological well-being during the COVID-19 pandemic and its association with health-promoting coping behavior among Japanese community-dwelling older adults: The Otassha Study. Experimental gerontology. 2022. 112029-112029
  • Takeshi Kera, Kosuke Saida, Daisuke Higuchi, Tomoyuki Shinohara, Hiroshi Onozawa, Hisashi Kawai, Shuichi Obuchi. Utility of SARC-F in daycare facilities for older people. Geriatrics & gerontology international. 2022
  • Takeshi Kera, Hisashi Kawai, Manami Ejiri, Kumiko Ito, Hirohiko Hirano, Yoshinori Fujiwara, Kazushige Ihara, Shuichi Obuchi. Comparison of Characteristics of Definition Criteria for Respiratory Sarcopenia-The Otassya Study. International journal of environmental research and public health. 2022. 19. 14
  • KERA Takeshi, KAWAI Hisashi, EJIRI Manami, HIRANO Hirohiko, WATANABE Yutaka, FUJIWARA Yoshinori, KIM Hunkyung, IHARA Kazushige, OBUCHI Shuichi. The relationship of falling in non-diabetic, prediabetic, and diabetic community-dwelling older people, and changes in their physical functioning. Journal of Physical Therapy for Prevention. 2022. 1. 3-9
more...
MISC (53):
  • 解良武士, 大武聖. 在宅での生活と運動 第11回 身体活動量の向上. ポスチャー. 2022. 49. 51-54
  • 解良武士, 大武聖. 在宅での生活と運動 第10回転倒を予防しよう. ポスチャー. 2021. 48. 50-54
  • 大武聖, 解良武士. 在宅での生活と運動 第9回 メタボリックシンドローム改善のための運動. ポスチャー. 2020. 47. 51-54
  • 解良 武士, 河合 恒, 平野 浩彦, 小島 基永, 藤原 佳典, 渡邊 裕, 本川 佳子, 井原 一成, 金 憲経, 大渕 修一. サルコペニアは呼吸筋サルコペニアを誘発する. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌. 2019. 29. Suppl. 202s-202s
  • 解良 武士, 河合 恒, 平野 浩彦, 小島 基永, 渡邊 裕, 藤原 佳典, 井原 一成, 大渕 修一. 地域高齢者における呼吸筋力の評価としての最大呼気流速 呼吸筋サルコペニアの操作的定義についての検討. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. O-RS
more...
Books (12):
  • 内部障害理学療法学
    メジカルビュー社 2019 ISBN:9784758320047
  • 予防理学療法学要論
    医歯薬出版 2017 ISBN:4263217403
  • リハビリテーション運動生理学
    メジカルビュー社 2016 ISBN:4758317194
  • 運動療法学 (15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト)
    中山書店 2014 ISBN:4521736718
  • 内部障害系理学療法学 (理学療法学 ゴールド・マスター・テキスト 6)
    メジカルビュー社 2010 ISBN:4758311137
more...
Lectures and oral presentations  (190):
  • 新しいサルコペニアスクリーニングツールの開発 ~予備的検討
    (第9回日本予防理学療法学会学術大会 2022)
  • 地域在住高齢者における呼吸筋サルコペニアと生存期間との関連について
    (第32回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2022)
  • Relationship Between Chewing Ability and Nutritional Status in Japanese Older Adults: A Cross-Sectional Study
    (ACD2022 The 8th Asian Congress of Dietetics 2022)
  • 長期化するコロナ禍における高齢者の心理的ウェルビーイングの変化パターンと コーピングとしての運動実施の関連
    (第24回日本運動疫学会学術総会 2022)
  • 新型コロナウイルス感染症流行下における高齢者の精神的健康の変化と心身の健康を保つためのコーピング行動の変化
    (健康支援 2022)
more...
Professional career (1):
  • 保健医療学(博士) (国際医療福祉大学)
Work history (4):
  • 2018/04 - 現在 Takasaki University of Health and Welfare Department of Physical Therapy Professor
  • 2017/04 - 現在 東京都健康長寿医療センター 福祉と生活ケアチーム
  • 2016/04 - 2018/03 日本赤十字社 小川赤十字病院
  • 2014/12 - 2017/03 東京都健康長寿医療センター 高齢者健康増進事業支援室
Committee career (14):
  • 2022/04 - 現在 ロコモチャレンジ推進協議会 理学療法ワーキンググループ
  • 2021/09 - 現在 日本予防理学療法学会 理事
  • 2019/09 - 現在 群馬県 群馬県フレイル予防標準教材ワーキンググループ
  • 2003/04 - 現在 理学療法科学学会 評議員
  • 2001/04 - 現在 理学療法科学学会 編集委員
Show all
Awards (3):
  • 2019/10 - 第6回予防理学療法学術大会 優秀演題賞 HbA1cと心身機能との関連について:地域在住高齢者における検討
  • 2016/04 - Society of Physical Therapy Science Excellent Paper Award Factors Predicting Decline to "Frail" Status among the Urban Community-dwelling Elderly
  • 2009/06 - 埼玉県理学療法士会 埼玉県理学療法士学会学会奨励賞 上肢エルゴメーター運動と下肢エルゴメーター運動時の気道閉塞圧(P0.1)の比較
Association Membership(s) (5):
呼吸ケア・リハビリテーション学会 ,  THE SOCIETY OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  老年医学学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page