Rchr
J-GLOBAL ID:201201094682695011   Update date: Mar. 25, 2021

Arita Yutaka

アリタ ユタカ | Arita Yutaka
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://valdesegiappone.org/
Research field  (3): Literature - European ,  Local studies ,  History - Europe/America
Research keywords  (7): フランス語教育 ,  la conscience collective ,  Reformation ,  heresie ,  Christianism ,  Protestant ,  Waldenses
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2023 中近世アルプス地域の空間的・社会的モビリティー:境域の政治・宗教・社会の動的展開
  • 2019 - 2023 Philological Research about the doctrine of Medieval Waldenses : Analysis and Translation of their Manuscripts
  • 2017 - 2020 生涯学習を目指したイタリア語・フランス語・ロシア語の習得を促進するツール類の開発
  • 2014 - 2015 19世紀以降のヴァルド派における集団意識の形成と保持
  • 2013 - 2013 アメリカ合衆国のイリノイ大学で開催されるシンポジウムに出席し、研究発表を行う。また、シカゴ市を視察し、都市文化・都市建築・都市計画に関する実地研修を行う。
Show all
Papers (6):
  • 有田 豊. 中世ヴァルド派詩篇『崇高なる読誦』の成立時期に関する諸主張. 『リュテス』. 2018. 44. 5-21
  • 有田 豊. 近代ヴァルド派史書にみる起源伝承の変遷とその変化理由. 『リュテス』. 2013. 41. 21-36
  • ARITA Yutaka. Formation and Preservation of a Collective Consciousness on the Waldenses after the Reformation. 2013
  • ARITA Yutaka. La conscience collective des Vaudois selon les narrations particulières sur leur origine durant la période de la Réforme. études de langue et littérature francaises du kansai. 2012. 18. 3-13
  • ARITA Yutaka. The false myth--The collective consciousness of Waldenses in the tradition about their origin. Lutèce. 2011. 39. 3-22
more...
MISC (35):
  • 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文. 【コラム】第21回 語末の子音字を発音したり、しなかったりするのはなぜ?. 三省堂WORD WISE-WEB「歴史で謎解き!フランス語文法」. 2021
  • 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文. 【コラム】第20回 なぜ単純未来形の活用語尾が avoir の活用に似ているの?. 三省堂WORD WISE-WEB「歴史で謎解き!フランス語文法」. 2020
  • 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文. 【コラム】第19回 Je n’ai pas de frères. の de は何に由来するの?. 三省堂WORD WISE-WEB「歴史で謎解き!フランス語文法」. 2020
  • 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文. 【コラム】第18回 なぜ英語とフランス語は似ているの?. 三省堂WORD WISE-WEB「歴史で謎解き!フランス語文法」. 2020
  • 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文. 【コラム】第17回 なぜフランス語の数詞は、こんなにも複雑なの? 2. 三省堂WORD WISE-WEB「歴史で謎解き!フランス語文法」. 2020
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • 学習者の「なぜ?」に答える、「なぜ?」を引き出す--フランス語教員のための歴史文法--
    (日本フランス語フランス文学会 2020年度 秋季大会 2020)
  • 「動詞変化形提示ツール」と「単語例文学習アプリ」の応用実践例
    (FLE×ICT Expo 2019 2020)
  • 中世研究とフランス語教育-フランス語教員のための歴史文法-
    (第33回・関西フランス語教育研究会 年次大会 2019)
  • 『単語例文学習アプリ』/『動詞活用学習アプリ』の開発と実践
    (FLE×ICT Expo 2018 2019)
  • L'Histoire de la langue française dans le FLE
    (Rencontres Pédagogiques du Kansai 2018)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2013 Graduate School of Osaka City University langue and culture
  • 2008 - 2010 Graduate School of Osaka City University langue and culture
  • 2002 - 2008 Osaka City University langue and culture
Professional career (1):
  • 博士(文学) (大阪市立大学)
Work history (9):
  • 2019/09 - 現在 Ritsumeikan University College of Policy Science Associate Professor
  • 2017/04 - 2019/09 Ritsumeikan University Full-time Lecturer (French)
  • 2016/11 - 2017/03 Kobe College High School Part-time Lecturer (French)
  • 2016/04 - 2017/03 Kobe University Part-time Lecturer (French)
  • 2015/11 - 2017/03 Istituto Italiano di Cultura - Osaka
Show all
Association Membership(s) (5):
Association d'Études Vaudoises et Historiques du Luberon ,  Società di Studi Valdesi ,  Japan Society for Medieval European Studies ,  LA SOCIÉTÉ JAPONAISE DE LANGUE ET LITTÉRATURE FRANÇAISES ,  Société de littérature française de l'Université de la ville d'Osaka
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page