Rchr
J-GLOBAL ID:201301001735563529   Update date: Apr. 09, 2021

KOIZUKA NOBUYA

コイヅカ ノブヤ | KOIZUKA NOBUYA
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (2): Plant Breeding ,  Plant physiology,Molecular genetics
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2014 - 現在 -
  • 2010 - 現在 -
  • 2007 - 現在 -
  • 2019 - 2022 植物ミトコンドリアゲノムへの外来遺伝子導入技術開発と異種CMS移植の検討
  • 2010 - 2012 Studies on molecular mechanisms for radish male sterility/fertilityrestoration system and its diversification
Show all
Papers (21):
more...
MISC (60):
Books (7):
  • Genome Editing. In Molecular Biology and Biotechnology: Edition 7 R
    Royal Society of Chemistry 2021
  • ゲノム編集技術を応用した製品開発とその実用化 第7章第12節植物ミトコンドリアゲノム編集技術の開発と今後の作物開発への応用
    技術開発協会 2021
  • ゲノム編集食品 農林水産分野への応用と持続的社会の実現、第2編第2章4、植物油の成分組成の改変〜高オレイン酸作物の開発
    エヌ・ティー・エス 2021
  • 玉川の仲間たち コスモス
    全人 2020年9月号No. 852 2020
  • [ 見てわかる農学シリーズ ] 遺伝学の基礎 (第2版)
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254405491
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • mitoTALEN法による標的遺伝子破壊から垣間見えた植物ミトコンドリアゲノムの修復維持機構と特徴
    (第43回日本分子生物学会年会ワークショップ 2020)
  • アブラナ科作物へのゲノム編集技術の利用
    (園芸学会2019年度秋季大会シンポジウム 2019)
  • ハツカダイコンの形質転換を目指した細胞培養系の開発とゲノム編集への取り組み
    (第37回日本植物細胞分子生物学会シンポジウム 2019)
  • 応用展開が進みつつある植物ミトコンドリア基礎研究と今後の課題
    (日本育種学会第136回講演会ワークショップ 2019)
  • オルガネラと核のクロストークに関与する新たなタンパク質スーパーファミリー:Pentatricopeptide Repeat (PPR) タンパク質-その多彩な機能を探るー
    (2008年第49回日本植物生理学会年会シンポジウム 2008)
Education (1):
  • 1984 - 1988 Tokyo University of Agriculture and Technology Department of Sericulture
Professional career (1):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
Association Membership(s) (4):
- ,  American Society of Plant Biology ,  Japanese Society of Plant Physiologist ,  Japanese Society of Breeding
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page