Rchr
J-GLOBAL ID:201301011414603567   Update date: Oct. 15, 2021

Shibata Koichiro

シバタ コウイチロウ | Shibata Koichiro
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.hosei.ac.jp/keizai/kyoin/?auth=9abbb458a78210eb174f4bdd385bcf54
Research field  (3): Local studies ,  Cultural anthropology and folklore ,  Archaeology
Research keywords  (14): 世界観 ,  饗宴 ,  古代 ,  壁画 ,  旅 ,  エージェンシー ,  競合 ,  食文化 ,  神殿 ,  社会変化 ,  文明 ,  ペルー ,  アンデス ,  ラテンアメリカ
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2016 - 2019 アンデス形成期の神殿と後背地に関する予備的研究
  • 2013 - 2016 アンデス文明形成期の社会モデル再検討:神殿壁面装飾の分析を中心に
  • 2013 - 2014 Maize consumption during the Formative Period on the peruvian coast
  • 2004 - 2007 先スペイン期アンデス文明における競合と社会変化
  • 2003 - 2004 アンデス文明形成期社会の競合と発展: 社会変化のメディアとしてのモノの研究
Show all
Papers (10):
  • Helmer, M, D. Chicoine, H. Ikehara, K. Shibata. Plaza Settings and Public Interactions during the Formative Period in Nepena, North-Central Coast of Peru. Americae: European Journal of Americanist Archaeology. 2018. 1. 7-31
  • SHIBATA Koichiro. Tripartite Cosmology in Huaca Partida, Lower Nepeña Valley. Indiana. 2017. 34. 1. 13-29
  • Shibata Koichiro, 芝田 幸一郎, シバタ コウイチロウ. Centros de "Reorganización costeña" durante el Período Formativo Tardío : Un ensayo sobre la competencia faccional en el valle bajo de Nepeña, costa nor-central peruana. Senri Ethnological Studies. 2014. 89. 245-260
  • Hugo C. Ikehara, J. Fiorella Paipay, Koichiro Shibata. FEASTING WITH ZEA MAYS IN THE MIDDLE AND LATE FORMATIVE NORTH COAST OF PERU. LATIN AMERICAN ANTIQUITY. 2013. 24. 2. 217-231
  • 芝田 幸一郎. ペルー北部中央海岸ネペーニャ谷からみたアンデス形成期社会の競合モデル - 神殿、集う人々、旅する指導者. 東京大学大学院総合文化研究科博士論文. 2011
more...
MISC (16):
  • 宮野元太郎, 芝田幸一郎. アンデス文明形成期の建築活動にみる水利用と災害の記憶 - ペルー北海岸ネペーニャ下流域におけるドローン三次元測量データからの検討. 大阪観光大学紀要. 2019. 19. 62-72
  • 芝田幸一郎, 宮野元太郎. ペルー北部ネペーニャ市周辺の形成期遺跡踏査-時期比定と居住エリアの再検討を中心に-. 古代アメリカ. 2018. 21. 39-55
  • 芝田 幸一郎, Delicia REGALADO. Implicancias de los hallazgos de la temporada 2013 en el sitio formativo de Huaca Partida, valle de Nepeña. Actas del I Congreso Nacional de Arqueología, Vol.1. 2016. 27-33
  • 芝田 幸一郎. ペルーの考古学とコーヒー. 西日本新聞. 2015
  • 芝田 幸一郎. 南米ペルーの神殿遺跡発掘から 古代アンデスの世界観明らかに. 西日本新聞. 2014
more...
Books (9):
  • Perspectives on Early Andean Civilization in Peru: Interaction, Authority, and Socioeconomic Organization during the First and Second Millennia BC. (Yale University Publications in Anthropology 94)
    Peabody Museum of Natural History, and the Department of Anthropology, Yale University. 2020
  • アンデス古代の探求 - 日本人研究者が行く最前線
    中央公論新社 2018
  • Rituals of the Past - Prehispanic and Colonial Case Studies in Andean Archaeology
    University Press of Colorado 2017
  • アンデス文明-神殿から読み取る権力の世界
    臨川書店 2017
  • 古代文明アンデスと西アジア-神殿と権力の生成
    朝日新聞出版 2015
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • アンデス文明形成期の神殿と人々 - 壁画と饗宴から見えてくるもの
    (第257回アナトリア学勉強会 2020)
  • Beyond Chavín: The First Millennium BC in Nepeña
    (Dumbarton Oaks Pre-Columbian Studies Symposium “Reconsidering the Chavín Phenomenon in the Twenty-First Century” 2018)
  • ペルー北部ネペーニャ市周辺地域における形成期神殿の後背地調査
    (古代アメリカ学会第22回研究大会 2017)
  • アンデス形成期の神殿後背地研究を始めるにあたって
    (古代アメリカ学会第21回研究大会 2016)
  • ペルー古代壁画群の発見、広報のジレンマ、市民活用の芽生え
    (神々も踊る古代都市 - 中南米のアート、考古学、地域コミュニティー 2016)
more...
Education (4):
  • - 2004 東京大学大学院 超域文化科学専攻 文化人類学分野 博士課程
  • - 2000 東京大学大学院 超域文化科学専攻 文化人類学分野 修士課程
  • - 1998 The University of Tokyo
  • - 1996 Komazawa University Department of History Archaeology Program
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学大学院総合文化研究科)
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 Hosei University Faculty of Economics
  • 2016/04 - 2021/03 Hosei University Faculty of Economics
  • 2012/04 - 2016/03 Kobe City University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2007/04 - 2012/03 Hosei University
  • 2001/04 - 2007/09 Pontificia Universidad Católica del Perú Departamento de Humanidades Investigador Afiliado
Show all
Committee career (6):
  • 2019 - 現在 古代アメリカ学会 監査
  • 2018 - 2018 古代アメリカ学会 事務幹事
  • 2014 - 2015 日本ラテンアメリカ学会 西日本部会運営委員
  • 2012 - 2014 古代アメリカ学会 西日本部会幹事
  • 2010 - 2014 古代アメリカ学会 運営委員(会誌編集[副])
Show all
Association Membership(s) (4):
Society for American Archaeology ,  JAPAN ASSOCIATION FOR LATIN AMERICAN STUDIES ,  THE JAPANESE ARCHAEOLOGICAL ASSOCIATION ,  JAPAN SOCIETY FOR STUDIES OF ANCIENT AMERICA
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page