Rchr
J-GLOBAL ID:201301014280152830   Update date: Mar. 02, 2021

Kawamura Yoko

カワムラ ヨウコ | Kawamura Yoko
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00568719.ja.html
Research field  (6): Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Social welfare ,  Nutrition and health science
Research keywords  (11): Social Psychology ,  Behavioral Science ,  Public Health ,  Health Promotion ,  Health Communication ,  性・エイズ教育 ,  テーラリング ,  リメディアル教育 ,  学習環境 ,  教育工学 ,  システム開発
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2017 - 2019 地域包括ケア推進に向けた地域診断ツールの活用による地域マネジメント支援に関する研究
  • 2016 - 2019 健康課題へのエンターテイメント・エ デュケーションの効果検証と教育プログラム開発
  • 2016 - 2019 PD アプローチを活用したべーチェット病患者会の運営のあり方の検討
  • 2015 - 2018 Positive Devianceアプローチによる医療関連感染予防の新たな戦略
  • 2015 - 2017 データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究
Show all
Papers (29):
  • 河村 洋子. 有給休暇取得率向上に有効な取り組み(2). 「静岡県下事業所における働き方改革(女性活躍推進を含む)の実態と課題」報告書. 2019. 13-15
  • 河村 洋子. 長時間労働の原因と対策(1). 「静岡県下事業所における働き方改革(女性活躍推進を含む)の実態と課題」報告書. 2019. 10-12
  • 河村洋子. ヘルスコミュニケーション古今東西:日本での発展の方向性の提案. 日本健康教育学会誌. 2018. 26. 1. 76-85
  • 河村洋子. 創造360° : 多領域の現場から(1)社会に活きる研究活動を展開する : エンターテインメント・エデュケーションの挑戦. 看護研究. 2017. 50. 1. 1-7
  • 前田ひとみ, 河村洋子, 上野洋子, 南家貴美代. ポジデビを探せ!・3:ケース2:院内感染コントロール-小さな波から始まるポジデビ-. 公衆衛生. 2017. 81. 1. 85-90
more...
MISC (7):
  • 片山 佳代子, 助友 裕子, 河村 洋子, 片野田 耕太, 堀之内 秀仁, 湯浅 資之, 斉藤 恭平. 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第2報) がん授業の事前事後調査結果. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2014. 73回. 376-376
  • 助友 裕子, 河村 洋子, 片山 佳代子, 片野田 耕太, 堀之内 秀仁, 湯浅 資之, 斉藤 恭平. 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第3報) 教員へのインタビュー調査. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2014. 73回. 377-377
  • 助友 裕子, 片野田 耕太, 河村 洋子, 堀之内 秀仁, 湯浅 資之, 斉藤 恭平. 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2013. 72回. 295-295
  • Kawamura Yoko, Singhal Arvind. Introduction to positive deviance. Kumamoto University policy research. 2012. 3. 0. 35-45
  • Kawamura Yoko. Relationship between Sexual Infomation and Images of SEX. Kumamoto University policy research. 2011. 2. 0. 55-66
more...
Books (11):
  • 医療関連感染管理のための組織づくりとコミュニケーション:現場から学ぶブックレット
    2019
  • チェンジメーカーになろう。
    幻冬舎 2018
  • 【ブックレット】地域包括ケアシステムの構築に役立つ コミュニケーション促進「道具箱」
    2018
  • 【ブックレット】小さな工夫でコミュニケーションの質を高めよう〜より良い「連携」づくりに役立つ4つの方法〜
    2015
  • 国際保健医療学第3版
    杏林出版 2013
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 「映像を創る、映像を分析する」
    (2019)
  • 個人と地域を変えるヘルスコミュニケーション
    (第44回看護研究学会学術集会 2018)
  • Practical Mixed Methods Approach: Utilization of RE-AIM for multifaceted program evaluation
    (3rd JSMMR Conference and 2nd Asia Reginal MMR Conference 2017)
  • 「現場の実践が変化の源〜限られた看護資源のより良い活用のために〜」
    (平成29年 度医療情報学会看護部会学術大会 2017)
  • ヘルス・コミュニケーション古今東西:日 本らしいヘルス・コミュニケーションのあり方を 考える
    (第26回日本健康教育学会学術 2017)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2006 University of Alabama at Birmingham Department of Health Behavior
  • 2001 - 2003 University of Alabama at Birmingham Department of Health Behavior
  • 1994 - 1998 Chuo University Law
Professional career (2):
  • PhD (University of Alabama at Birmingham, School of Public Health)
  • Master of Public Health (University of Alabama at Birmingham, School of Public Health)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 University of Occupational and Environmental Health School of Health Sciences Professor
  • 2017/04 - 現在 Kumamoto University Priority Organization for Innovation and Excellence
  • 2017/04 - 2020/03 Shizuoka University of Art and Culture School of Cultural and Regional Policies Associate Professor
  • 2017/04 - 2018/03 Kumamoto University
  • 2009/08 - 2017/03 Kumamoto University Center for Policy Studies Associate Professor
Show all
Committee career (28):
  • 2018/10 - 現在 磐田市地域づくり支援課 男女協働参画推進協議会(委員長)
  • 2017/09 - 現在 日本混合研究法学会 理事
  • 2015/08 - 2017/03 熊本市教育庁 熊本市放課後子ども総合プラン運営推進員委員会(議長)
  • 2013/04 - 2017/03 いのちをつなぐ会 開発教材 監修
  • 2013/04 - 2017/03 熊本都市戦略会議 くまもと都市戦略会議ワーキンググループおよびアクションチームメンバー(全3部会 コンベンション都市づくり、熊本駅周辺賑わい創出、学園都市づくりに関わる)
Show all
Awards (8):
  • 2016/10 - 熊本大学 熊本大学研究活動表彰
  • 2015/10 - 熊本大学 熊本大学研究活動表彰
  • 2014/10 - 熊本大学教育活動表彰 一般表彰準グランプリ
  • 2006/05 - UAB International Student Academic Excellence Award
  • 2004/05 - Outstanding Master’s Student of School of Public Health
Show all
Association Membership(s) (9):
Society for Health Communication ,  健康社会学研究会 ,  JAPANESE SOCIETY OF HEALTH PROMOTION ,  Japan Society of Mixed Methods Research ,  JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  Mixed Methods International Research Association ,  International Communication Association ,  American Public Health Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page