Rchr
J-GLOBAL ID:201301023214309018   Update date: Sep. 16, 2020

DAISUKE SATOH

サトウ ダイスケ | DAISUKE SATOH
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20524573.ja.html
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (7): 外来化学療法 ,  遠隔医療 ,  遠隔看護 ,  術後機能障害 ,  前立腺がん ,  対処行動 ,  がん看護学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2021 外来化学療法中のがん患者に対するAI機能を用いた遠隔看護システムの開発
  • 2018 - 2021 外来化学療法中のがん患者に対する症状の増悪予防を目的とした遠隔看護システムの開発
  • 2014 - 2016 前立腺がん患者の合併症の増悪予防とQOL向上を目指したテレナーシング介入効果
  • 2012 - 2016 新たな評価指標による災害サイクルに応じた心不全予防看護支援モデルの構築
  • 2014 - 2015 前立腺がん患者の術後機能障害に対するテレナーシングにおけるシステム開発と介入効果について
Show all
Papers (18):
more...
MISC (25):
  • 武山雅志、及川真一、佐藤大介、曽根志穂、金谷雅代. 防災意識をつなげていくために何が必要か. 日本災害看護学会第22回年次大会講演集 KS2. 2020
  • 佐藤大介. がん関連疲労-継続的な評価の重要性-. 緩和ケア. 2020. 30. 3. 232-233
  • 佐藤大介, 霜山真, 千葉詩織. セルフマネジメントを高めるオンライン看護システムの構築を目指して. 第39回日本看護科学学会学術集会講演集. 2019. K19
  • 今津陽子, 菅原よしえ, 笠谷美保, 村松真実, 佐藤大介他. 外来化学療法室での災害対応力を向上するために-机上シミュレーションの活用-. 第33回日本がん看護学会学術集会講演集. 2019. 287
  • 根本かなえ, 佐藤大介. 緩和的化学療法を受ける進行肺がん患者への精神的支援の実際. 第49回日本看護学会-慢性期看護-学術集会 抄録集. 2018. 234
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 Tohoku University Graduate School of Medicine Oncology Nursing
  • 2006 - 2008 Yamagata University Faculty of Medicine
  • 1998 - 2002 Miyagi University
Professional career (1):
  • 博士(看護学) (東北大学)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Komatsu University Faculty of Health Sciences Associate Professor
  • 2015/04 - 2018/03 Miyagi University Faculty of Nursing
  • 2011/04 - 2015/03 Miyagi University School of Nursing
Committee career (12):
  • 2019/06 - 現在 日本クリティカルケア看護学会 査読委員
  • 2018/10 - 現在 北日本看護学会 査読委員
  • 2017/02 - 現在 日本災害看護学会 査読委員
  • 2017/02 - 現在 日本災害看護学会 代議員
  • 2019/12 - 2019/12 第39回日本看護科学学会学術集会 実行委員
Show all
Association Membership(s) (7):
北日本看護学会 ,  JAPAN SOCIETY OF DISASTER NURSING ,  日本遠隔医療学会 ,  JAPAN SOCIETY OF NURSING RESEARCH ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY OF CANCER NURSING ,  日本クリティカルケア看護学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page