Rchr
J-GLOBAL ID:201301028545226572   Update date: May. 29, 2021

Yukihiko Kitagawa

キタガワ ユキヒコ | Yukihiko Kitagawa
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (3): social exclusion ,  poverty ,  homelessness
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2017 - 2021 「グローバル都市の底辺層の構造と変容」
  • 2016 - 「グローバル化時代におけるネットワーク型社会運動に関する実証的研究」,科学研究費補助金(基盤研究(B)課題番号16H03700)
  • 2016 - 「人口減少社会における 外国人労働力の再編に関する研究」, 科学研究費補助金(基盤研究(B)課題番号16H03707)
  • 2012 - 2015 「グローバル化時代における雇用不安定層の組織化に関する実証的研究」
  • 2012 - 2015 「グローバル・シティにおけるホームレスの労働・居住をめぐる国際比較研究」
Show all
Papers (7):
  • Yukihiko Kitagawa. Homeless Policy as a Policy for Controlling Poverty in Tokyo: Considering the Relationship between Welfare Measures and Punitive Measures. Critical Sociology. 2021. 47. 1. 91-110
  • 北川 由紀彦. 「日本のホームレス研究は何を明らかにしてきたのか--その動向と論点」. 『理論と動態』. 2019. 12. 13-33
  • 北川 由紀彦. 「寄せ場としての川崎--1950-70年代の文献検討を中心に」. 『寄せ場』. 2018. 29. 87-105
  • 北川 由紀彦. 「〈ホームレス〉と社会的排除 制度・施策との関連に注目して」. 『理論と動態』. 2010. 3. 71-86
  • 北川 由紀彦. 「『ホームレス対策』における『支援』と『排除』の交錯 東京区部を事例として」. 『解放社会学研究』. 2010. 22巻1号, 49-68頁
more...
MISC (13):
  • 田巻松雄, 北川由紀彦, 結城翼, 山口恵子. 「コロナ禍と都市底辺層をめぐる問題状況に関するノート」. 『宇都宮大学国際学部研究論集』. 2021. 51. 133-150
  • 田巻松雄, 北川由紀彦, 山口恵子, 結城翼. 「グローバル都市の底辺層の構造と変容--東京班中間報告」. 『宇都宮大学国際学部研究論集』. 2020. 49. 101-122
  • 北川 由紀彦. 「建設業と外国人労働者に関するノート」. 『人口減少社会における外国人労働力の再編に関する研究』(2016-2018年度科学研究費助成事業基盤(B)研究成果報告書[課題番号16H03707]研究代表者 伊藤泰郎). 2019. 46-54
  • 北川 由紀彦. 「書評 谷富夫著『民族関係の都市社会学:大阪猪飼野のフィールドワーク』」. 『日本都市社会学会年報』. 2016. 34. 154-156
  • 北川 由紀彦. 『グローバル化時代における雇用不安定層の組織化に関する実証的研究』(2012-2014年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書[課題番号:24330163)]研究代表者 文貞實). 2015. 14-39頁および91-110頁
more...
Books (14):
  • 「建設業と外国人労働者」伊藤泰郎・崔博憲編『日本で働く--外国人労働者の視点から』
    松籟社 2021
  • 社会学概論
    放送大学教育振興会 2021 ISBN:9784595322754
  • 「都市の概要とホームレス化の背景」「支援と排除の狭間で」「統制と不寛容の下で--都市の比較分析から」山口恵子・青木秀男編『グローバル化のなかの都市貧困--大都市におけるホームレスの国際比較』
    ミネルヴァ書房 2020
  • 「何を求めて参加しているのか--どのような人々がコミュニティ・ユニオンを支えているのか」文貞實編『コミュニティ・ユニオン--社会をつくる労働運動』
    松籟社 2019
  • 社会調査の基礎
    放送大学教育振興会(山口恵子と共著) 2019
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 「生活困窮者施設における施設間移行と生存経路の多様化 施設間の移行をもたらす条件に注目して」
    (日本文化人類学会大会(於 神戸大学) 2017)
  • 「参加意思からみたコミュニティ・ユニオン組合員の構成 コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク調査(2012-2014)の分析(3)」
    (日本社会学会大会(於 早稲田大学) 2015)
  • 「グローバリゼーションとホームレスの国際比較研究 (1)全体の枠組みと東京の事例」
    (日本社会学会大会(於 神戸大学) 2014)
  • 「野宿者の減少と『ホームレス問題』」
    (日本解放社会学会大会(於 放送大学) 2013)
  • Development of homeless policy in Tokyo: Focusing on interests of local governments
    (The 11th Asia Pacific Sociological Association Conference 2012 (at Ateneo de Manila University) 2012)
more...
Professional career (1):
  • 社会学博士 (東京都立大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page