Rchr
J-GLOBAL ID:201301033384822548   Update date: Oct. 20, 2021

Hirashima Taro

ヒラシマ タロウ | Hirashima Taro
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/hirat/home
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (4): sociality ,  social networks ,  attitudinal ambivalence ,  attitudes
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2025 個人の健康を支えるパーソナルネットワークの構造的基盤
  • 2021 - 2025 「新しい生活様式」における孤立と孤独の再帰的構築プロセスの解明
  • 2019 - 2022 あなたがいるから頑張れる-社会関係が脅威場面での高次脳機能に及ぼす好影響の解明ー
  • 2017 - 2019 Psychological foundation of human large social networks
  • 2017 - 2019 組織内の多様性が組織のパフォーマンスを高めるプロセスの日米比較:社会的ネットワークの形成・維持の基盤にあるモチベーションに着目した検討
Show all
Papers (15):
more...
MISC (10):
  • 村上 隆, 行廣 隆次, 伊藤 大幸, 谷 伊織, 安永 和央, 平島 太郎, 坪田 祐基, 寺尾 尚大. 発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(13)潜在変数を用いた新しい分析モデル(2). Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために. 2019. 17. 2. 102-123
  • 村上 隆, 行廣 隆次, 伊藤 大幸, 谷 伊織, 安永 和央, 平島 太郎, 坪田 祐基, 寺尾 尚大. 発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(12)潜在変数を用いた新しい分析モデル(1). Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために. 2018. 17. 1. 78-89
  • 伊藤 大幸, 村上 隆, 行廣 隆次, 安永 和央, 谷 伊織, 平島 太郎. 発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(11)測定の信頼性と妥当性(5). Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために. 2018. 16. 2. 66-78
  • 村上 隆, 行廣 隆次, 伊藤 大幸, 安永 和央, 谷 伊織, 平島 太郎. 発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(10)測定の信頼性と妥当性(4). Asp heart = アスペハート : 広汎性発達障害の明日のために. 2017. 16. 1. 86-101
  • 村上 隆, 行廣 隆次, 伊藤 大幸, 安永 和央, 谷 伊織, 平島 太郎. 発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(9)測定の信頼性と妥当性(3). Asp heart : 広汎性発達障害の明日のために. 2016. 15. 2. 82-95
more...
Books (6):
  • Study guide of psychology
    2019 ISBN:9784779513886
  • 心理学・社会科学研究のための構造方程式モデリング: Mplusによる実践 基礎編
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:4779513022
  • 社会的ネットワークを理解する
    北大路書房 2015
  • 発達障害児者支援とアセスメントのガイドライン
    2014
  • Psychology for Education and Learning
    Nagoya University Press 2013 ISBN:9784815807290
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • Do the perceptions of relational mobility work as "second sight" of dynamics in the second-order network zone? A longitudinal analysis
    (2015)
  • The interplay of safety and effectance motivation in social networks
    (2015)
  • 心理学研究における構造方程式モデリング(SEM)の役割とピットフォール:SEMとの「正しい付き合い方」とは
    (日本心理学会第79回大会 2015)
  • Qualtricsによるオンラインアンケートの作成
    (日本心理学会第79回大会 2015)
  • 日本版感覚プロファイルの標準化
    (第55回日本児童青年精神医学会総会 2014)
more...
Education (3):
  • 2012 - 2015 Nagoya University
  • 2010 - 2012 Nagoya University
  • 2006 - 2010 Nagoya University Human Developmental Sciences
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Aichi Shukutoku University Department of Psychology Lecturer
  • 2015/04 - 2017/03 Nagoya University Graduate School of Education and Human Development Postdoctoral researcher
Committee career (1):
  • 2014/05 - 2015/02 名古屋大学 ウェルビーイングinアジア 実現のための女性リーダー育成プログラム 教育評価システム委員
Awards (6):
  • 2020/10 - Japanese Psychological Association Award for outstanding presentations in the 84th annual meeting
  • 2015/05 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(半額免除)
  • 2015/01 - 日本社会心理学会 平成26年度若手研究者奨励賞 ポジティビティ・ネガティビティの同時活性による行動の柔軟性:社会的文脈に着目した検討
  • 2015/01 - The Japanese Society for Social Psychology 2014年度日本社会心理学会若手研究者奨励賞
  • 2011/06 - The Tokai Psychological Association The most distinguish presentation award of the 60th annual meeting of the Tokai Psychological Association
Show all
Association Membership(s) (7):
TOKAI ASSOCIATION OF PSYCHOLOGY ,  Association for Psychological Science ,  Society for Personality and Social Psychology ,  THE BEHAVIORMETRIC SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE GROUP DYNAMICS ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page