Rchr
J-GLOBAL ID:201301039811973879   Update date: Jun. 01, 2021

Kosaka Hiroshi

Kosaka Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (7): vision and image ,  sociological education ,  social theory ,  social policy ,  welfare state ,  care as a interaction ,  相互行為としてのケア, 福祉社会, 福祉国家, 社会理論, 社会学教育, 視覚と映像の社会学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2008 - 2011 「発達障害」支援と社会的包摂・社会秩序形成-名古屋市における意識調査に基づいて
Papers (19):
  • アール・ブリュットと鑑賞教育--その「作品」との出会いによる可能性--. 2020. 141. 1-16
  • 芸術への解釈的相互関係の視点とパウル・クレー~芸術の社会文脈的存立、制作者と受容者によってつくられるその作品~. 日本福祉大学教職課程研究論集第20号(教職課程年報2019). 2020. 20. 1-13
  • 教師教育のためのエスノメソドロジー的分析視点 -省察的実践への導入についての考察-. 日本福祉大学 教職課程研究論集 第19号(教職課程年報 2018). 2019. 19. 1-14
  • 「フィクション映画を用いた演習による社会学的思考の醸成についての考察」. 日本福祉大学全学教育センター紀要. 2018. 6. 21-28
  • 「イデオロギー装置としての福祉国家 -その成立と政策、実践に関する新自由主義的側面についての考察-」. 東京経済大学現代法学会誌『現代法学』. 2018. 34. 83-102
more...
Books (2):
  • 『いのちとライフコースの社会学』
    弘文堂 2011
  • Practising Social Work Ethics Around the World Cases and Commentaries
    Routledge 2011
Lectures and oral presentations  (14):
  • The Dominance of Care-Management Approach for the Elderly in Japan : The Emergence of Bio-Politics under the‘Long-Term Care Insurance’ Act
    (2010)
  • 「発達障害」概念及びその政策への認知と関わり-愛知県名古屋市での意識調査から
    (2009)
  • 社会福祉援助の実践基盤についての考察 -「他者」とのかかわりとエンパワメントー
    (2007)
  • 社会福祉援助の実践基盤についての考察-「他者」とのかかわりとエンパワメント-
    (2007)
  • 社会的排除と包摂に関する社会意識 -社会福祉政策に向けての人びとの価値基盤について
    (2004)
more...
Works (14):
  • 映画の表現技法におけるモンタージュと鑑賞
    2020 -
  • <書評>奥山正司著『大都市における高齢者の生活』(法政大学出版局 2009年)
    2009 -
  • <訳書>ポール・スピッカー著,圷洋一監訳『貧困の概念 理解と応答のために』
    圷洋一監訳 2008 -
  • <事典執筆>秋元美世・大島巌他編『現代社会福祉辞典』
    秋元美世, 芝野松次郎, 森本佳樹, 大島巌, 藤村正之, 山県文治編集 2003 -
  • <調査報告書>平成14年度 社会福祉・医療事業団(長寿・子育て・障害者基金)福祉等基礎調査報告書『社会的な排除(exclusion)と包摂(inclusion)に関する基礎研究: 脆弱性(vulnerability)の高い人々の自立と社会参加ならびに市民との連帯を支援する福祉政策的対応を求めて』
    圷洋一, 金子充, 小坂啓史 2003 -
more...
Education (5):
  • - 2001 Musashi University Doctoral Course of Sociology Major
  • - 2001 Musashi University Doctoral Course of Sociology Major
  • - 1998 Musashi University Sociology Major
  • - 1998 Musashi University Sociology Major
  • - 1995 Dokkyo University Department of Management Science
Professional career (1):
  • 修士(社会学) (武蔵大学大学院)
Work history (10):
  • 2010/04 - 2013/03 Aichi Gakusen University
  • 2007/04 - 2011/03 Nihon Fukushi University Faculty of Social Welfare
  • 2004/04 - 2010/03 Aichi Gakusen University School of Community Policy
  • 2003/05 - 2004/03 Tokyo Metropolitan University of Health Sciences Faculty of Health Sciences
  • 2002/04 - 2004/03 Seikei University Faculty of Humanities
Show all
Association Membership(s) (7):
日本老年社会科学会 ,  日本社会学会 ,  日本福祉文化学会 ,  日本社会福祉学会 ,  関東社会学会 ,  日本地域福祉学会 ,  福祉社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page