Rchr
J-GLOBAL ID:201301063424658866   Update date: Oct. 21, 2021

YUASA Makiko

ユアサ マキコ | YUASA Makiko
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60182664.ja.html
Research field  (1): Museology
Research keywords  (9): ミュージアム体験の記憶 ,  ナラティブ分析 ,  質的研究 ,  来館者研究 ,  面接調査 ,  質問紙調査 ,  認知心理学 ,  博物館評価 ,  博物館教育学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2019 - 2023 高度な理解促進を目指す獣医学臨床手技映像教材の開発
  • 2019 - 2023 A Study on Long-term Memories of Museum Experiences among Various Stakeholders of Corporate Museums
  • 2015 - 2019 森林生態系に関する視覚情報教材「全天トレイル」の開発
  • 2015 - 2019 高齢者の長期記憶に基づく異世代間交流の場としての博物館の基盤形成に関する研究
  • 2012 - 2018 博物館体験と『懐かしさ』反応に基づく来館者の長期記憶に関する研究
Show all
Papers (32):
  • Makiko YUASA. Significance of Museums through Narrative Analyses on Long-term Memories of Museum Experiences. Journal of Japan Society of Nursing Research. 2021. 44. 1. 18-21
  • Makiko YUASA, Hiroyuki SHIMIZU, Yoshiharu FUJITA. Exploring the Long-term Memories of Museum Experiences: Analyses on the Narratives of People who Engaged in Museum Activities form the Perspectives of Museology and Psychology. Bulletin of Japan Musuem Management Academy. 2021. 25. 31-38
  • 大西慶, 湯浅万紀子, 藤田良治. 小規模博物館で活用可能な来館者基礎情報ツールの開発. 日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要. 2019. 23. 33-39
  • 増田彩乃, 湯浅万紀子, 藤田良治. 利用者の視点に基づいて考える博物館の価値--北海道大学総合博物館における「楽しみ方」調査より. 日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要. 2018. 22. 39-45
  • 湯浅万紀子, 清水寛之, 藤田良治. 科学館の関与者の長期記憶研究に関する調査研究--名古屋市科学館での面接調査を中心に. 日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要. 2018. 22. 47-54
more...
MISC (24):
  • 東京大学総合研究博物館. 東京大学総合研究博物館受託研究「札幌市におけるモバイルミュージアムの実践可能性に関する基礎的調査研究報告書」. 2012
  • 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト. 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト2011 活動報告書. 2012
  • SHIMIZU Hiroyuki, YUASA Makiko. 1G2-F3 Report of Research on Long-term Memories of Visitors' Experience of Science Museums (2). 2011. 35. 0. 239-240
  • 東京大学総合研究博物館. 東京大学総合研究博物館受託研究「札幌市におけるモバイルミュージアムの展開可能性に関する基礎的調査研究報告書」. 2011
  • 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト. 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト2010 活動報告書. 2011
more...
Books (5):
  • 北大総合博物館のすごい標本 = Amazing specimens of the Hokkaido University Museum
    北海道新聞社 2020 ISBN:9784894539747
  • ミュージアム・コミュニケーションと教育活動
    樹村房 2018 ISBN:9784883672790
  • 学船 北海道大学 洋上のキャンパスおしょろ丸
    中西出版 2014
  • 科学館における教育プログラムの評価に関する研究
    コンテンツワークス、BookParkサービス 2010
  • 日本における理工系博物館の使命と課題--科学技術館を事例として、活動評価に長期的視点を入れる提案
    財団法人日本科学技術振興財団/科学技術館科学技術館運営部 2002
Lectures and oral presentations  (82):
  • Significance of Museums through Narrative Analyses on Long-term Memories of Museum Experiences
    (2020)
  • 北大総合博物館紹介と博物館教育
    (エルムの杜の宝もの 2019)
  • 北大総合博物館紹介および来館者対応の留意事項
    (北海道大学初任事務職員実地研修 2019)
  • 大学博物館紹介。記憶のなかの博物館 博物館体験の長期記憶研究の意義。
    (2019年北大会館祭講演会「母校を知ろう」 2019)
  • 博物館体験の長期記憶に関する研究(明石市立天文科学館編)
    (2018「博物館体験の長期記憶に関する研究」報告会 2019)
more...
Works (30):
  • 北海道大学総合博物館 ガイダンス動画"Museum Guide"の制作指導
    北海道大学総合博物館, ミュージアムマイスター, 湯浅万紀子 2021 - 現在
  • 北海道大学総合博物館 大学院生企画動画「おいでよ、北大総合博物館〜北大生から見た魅力」3テーマ4編 の制作指導
    博物館コミュケーション特論受講生, 湯浅万紀子 2021 - 現在
  • 北海道大学総合博物館 卒論ポスター発表会 発表および運営 指導(2009年度〜)
    湯浅万紀子 2016 - 現在
  • カルチャーナイト企画・運営(2015/2016/2020/2021年度を除く)
    湯浅万紀子 2014 - 現在
  • 北海道大学総合博物館 常設展・企画展 展示解説 指導(2006年度〜)
    湯浅万紀子 2014 - 現在
more...
Education (2):
  • 2002 - 2005 東京大学大学院 文化資源学研究専攻 博士後期課程
  • 2000 - 2002 東京大学大学院 文化資源学研究専攻 修士課程
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東京大学)
Work history (7):
  • 2016/04 - 現在 Hokkaido University The Hokkaido University Museum
  • 2016/04 - 現在 北海道大学 理学院 自然史科学専攻 科学コミュニケーション講座 博物館教育学研究室 教授
  • 2006/11 - 2016/03 北海道大学 理学院 自然史科学専攻 科学コミュニケーション講座 博物館学研究室 准教授
  • 2006/11 - 2016/03 Hokkaido University The Hokkaido University Museum
  • 2005/11 - 2006/10 The University of Tokyo The University Museum
Show all
Committee career (4):
  • 2017/09 - 現在 北海道立総合博物館協議会 委員
  • 2017/06 - 現在 北海道立近代美術館協議会 委員
  • 2017/09 - 2017/12 北海道立釧路芸術館指定管理者候補者選定委員会 委員
  • 2013/04 - 2014/03 北海道立北方民族博物館等指定管理者候補者選定委員会 委員
Awards (1):
  • 2014/06 - 日本ミュージアム・マネジメント学会 第15回日本ミュージアム・マネジメント学会賞
Association Membership(s) (3):
American Alliance of Museums ,  JAPAN MUSEUM MANAGEMENT ACADEMY ,  JAPAN SOCIETY FOR SCIENCE EDUCATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page