Rchr
J-GLOBAL ID:201401004069103905   Update date: Apr. 01, 2020

Nezu Tomohiko

ネヅ トモヒコ | Nezu Tomohiko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (2):
Research field  (2): History - Japan ,  History of thought
Research keywords  (1): Journalism history, Journalsim, Journalist, Freedom of The Press, News, Post World War II Japan, Contemporary History, East Asia, Intellcuals, Higher Education
Papers (15):
  • 「東大闘争の専従記者から見た「1968年」報道-『毎日新聞』の内藤国夫を中心に」. 『国立歴史民俗博物館研究報告』. 2019. 216. 121-152
  • 「1960年代という「偏向報道」攻撃の時代-「マスコミ月評」に見る言論圧力」下. 『立命館産業社会論集』. 2018. 54. 1. 91-108
  • 「資料紹介 桑原武夫所蔵書簡-1920年代の青年期を中心に」. 『人文学報』(京都大学人文科学研究所). 2018. 112. 111-138
  • 「1960年代という「偏向報道」攻撃の時代-「マスコミ月評」に見る言論圧力」上. 『立命館産業社会論集』. 2018. 53. 4. 51-68
  • 「桑原武夫の思想形成-幼年期から京都一中時代」. 『京都大学大学文書館研究紀要』. 2014. 12. 1-18
more...
Books (12):
  • 『戦後日本ジャーナリズムの思想』
    東京大学出版会 2019
  • 『企画展示「1968年」-無数の問いの噴出の時代』(「永島慎二 フーテン」、「赤瀬川原平 櫻画報 第31号」、「コラム 日本論壇戯画’70(『現代の眼』)」を担当)
    国立歴史民俗博物館 2017
  • 『歴史を社会に活かす 楽しむ・学ぶ・伝える・観る』(「言論の自由と自主規制の相克-「不偏不党」の形成をめぐって」を担当)
    東京大学出版会 2017
  • 『日本生活史辞典』(「円本」、「大宅壮一」、「改造」、「ガリ版」、「瓦版」、「キング」、「検閲」、「新書」、「世界」、「タウン誌」、「中央公論」、「投書」、「プライバシー」、「文庫本」、「平凡」、「平凡パンチ」、「ベストセラー」、「ミニコミ」、「民話」、「ラジオ」、「ラジオ体操」を担当)
    吉川弘文館 2016
  • 『メディア・リテラシーをコアとしたメディア研究の眺望』(「原寿雄のジャーナリスト観-「サラリーマン記者」に抗する思想」を担当)
    ミネルヴァ書房 2016
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 「大学担当記者から見た「1968年」大学闘争-内藤国夫を中心に」
    (国立歴史民俗博物館共同研究「「1968年」社会運動の資料と展示に関する総合的研究」研究会 2018)
  • 「「1968」をめぐる学生運動と新聞メディア」
    (国立歴史民俗博物館共同研究「「1968年」社会運動の資料と展示に関する総合的研究」研究会 2016)
  • 「「不偏不党」小史からの考察」
    (日本マス・コミュニケーション学会春季研究発表会シンポジウム「新聞は何をしてきたのか、これから何をすべきなのか」 2015)
  • 「原寿雄が残した『デスク日記』に見られる言論力学」
    (日本史研究会2014年6月例会 2014)
  • 「戸坂潤の評論におけるジャーナリズム思想」
    (日本思想史学会2012年度大会 2012)
more...
Works (15):
  • 人文研アカデミー2019連続セミナー「人文研90年 「みやこの学術資源」の継承と発信」で「桑原武夫の世界とその人文知」を講演
    2019 - 2019
  • 「本の背景 ジャーナリズム文化を探る『戦後日本ジャーナリズムの思想』」
    2019 - 2019
  • 「戦後ジャーナリズムの思想をたどる-厳しい時こそ歴史の豊かな普遍性からヒントを」
    2019 - 2019
  • シンポジウム「桑原武夫を語る」(福井県ふるさと文学館・京都大学人文科学研究所共催)で「桑原武夫の人文知とその魅力」を講演
    2018 - 2018
  • 「信頼の種まく人、鶴見俊輔」
    2015 - 2015
more...
Education (4):
  • - 2010 The Graduate University for Advanced Studies(National Museum of Japanese History) Department of Japanese History
  • - 2006 Doshisha University Department of Journalism
  • - 2003 Kyoto University Department of Education
  • - 2000 Hosei Univesity Department of History
Professional career (2):
  • M.A. (Doshisha University)
  • Ph.D. (The Graduate University for Advanced Studies / National Museum of Japanese History)
Work history (14):
  • 2019/04/01 - 2020/03/31 University of British Columbia, Department of Asian Studies, Visiting Associate Professor
  • 2010/04 - 2019/03 Doshisha University Institute for the Study of Humanities and Social Sciences.
  • 2013/06 - 2018/03 National Museum of Japanese History
  • 2014/04/01 - Ritsumeikan University College of Social Sciences
  • 2013/05 - 2014/03 National Museum of Japanese History
Show all
Committee career (2):
  • 2011/07 - 同時代史学会 関西研究会委員
  • 2008/02 - 同時代史学会 研究会委員
Association Membership(s) (4):
Society for the Study of History of Media ,  Association of Japanese Intellectual History ,  The Society for the History of Social Thought ,  Japanese Association for Contemporary Historical Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page