Rchr
J-GLOBAL ID:201401022146616960   Update date: Sep. 15, 2020

Ikegami Nao

イケガミ ナオ | Ikegami Nao
Affiliation and department:
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (4): コーパス ,  意味変化 ,  語彙史 ,  日本語史
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2017 - 2022 日本語歴史コーパスに対する統語・意味情報アノテーション
  • 2015 - 2018 統語・意味情報付き形容詞を実装した通時コーパスによる中古形容詞の意味・用法研究
Papers (16):
  • 池上 尚. 【特集】コーパスによる語史と現代語誌 こころよい・ここちよい. 日本語学. 2020. 39. 2. 24-27
  • 池上 尚. 中古語複合形容詞[名詞+次元形容詞]の構文バリエーション. 日本語文法史研究. 2018. 4
  • 池上 尚, 甲斐伊織. 高程度表現「~事限り無し」に着目した授業実践の試み-『日本語歴史コーパス』を活用して-. 埼玉大学国語教育論叢. 2017. 20. 43-54
  • 池上 尚. 狂言台本における「気味」とその類義表現. 近代語研究. 2016. 19
  • 池上 尚. 中古語複合形容詞[名詞+評価形容詞]の一語性. 国語語彙史の研究. 2016. 35. 39-55
more...
MISC (2):
  • 池上 尚. 池上尚「水クサイの意味変化-水ッポイとの共存過程から考える-」『日本語の研究』10(2): 33-48. (2014). 国語研プロジェクトレビュー. 2015. 6. 1. 33-34
  • 池上 尚. 嗅覚表現自動詞「ニホフ」の意味の下降について:「カヲル」「クンズ」[名詞+する]との関連から(口頭発表・午後の部 日本語学会2011年度春季大会研究発表会発表要旨). 日本語の研究. 2011. 7. 4. 34
Books (4):
  • 明解日本語学辞典
    三省堂 2020 ISBN:9784385135809
  • コーパスで学ぶ日本語学 日本語の歴史
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254516548
  • シリーズ〈日本語の語彙〉1 語彙の原理-先人たちが切り開いた言葉の沃野-
    朝倉書店 2019
  • 新しい古典・言語文化の授業ーコーパスを活用した実践と研究ー
    朝倉書店 2019
Lectures and oral presentations  (14):
  • 「気味」の史的変遷-形容表現の獲得を中心に-
    (日本近代語研究会 2019)
  • 『日本語歴史コーパス』4作品に対する分類語彙表番号付与とその分析
    (日本語学会2018年度秋季大会 2018)
  • Annotation of ‘Word List by Semantic Principles’ Labels for `Corpus of Historical Japanese’ Heian Period Series -- Trial Annotation on Tosa Nikki and Taketori Monogatari --
    (JADH 2017 2017)
  • 『日本語歴史コーパス 平安時代編』出現形容詞に対する古典分類語彙表番号アノテーション
    (言語処理学会 2017)
  • 「鎌倉時代編I説話・随筆」の構築と課題(ワークショップ:『日本語歴史コーパス』の拡張とその課題-「通時コーパス」をめざして-)
    (日本語学会 2016)
more...
Works (4):
  • 『日本語歴史コーパス 鎌倉時代編II日記・紀行』(短単位データ1.0 / 長単位データ1.0, 中納言バージョン2.2.2)
    国立国語研究所コーパス開発センター, 鴻野知暁, 渡辺由貴, 池上尚ほか 2017 -
  • 『日本語歴史コーパス 平安時代編』形態論情報規程集
    国立国語研究所コーパス開発センター(池上尚編) 2016 -
  • 『日本語歴史コーパス 鎌倉時代編I説話・随筆』(短単位データ1.0 / 長単位データ1.0 , 中納言バージョン2.2.0)
    国立国語研究所コーパス開発センター, 池上尚ほか 2016 -
  • 『日本語歴史コーパス 平安時代編』(短単位データ1.1 / 長単位データ1.1 , 中納言バージョン2.2.0)
    国立国語研究所コーパス開発センター, 冨士池優美, 須永哲矢, 池上尚ほか 2016 -
Education (3):
  • 2011 - 2014 Waseda University
  • 2009 - 2011 Waseda University
  • 2005 - 2009 Waseda University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (早稲田大学)
  • 修士(教育学) (早稲田大学)
Work history (4):
  • 2016/10 - 現在 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 共同研究プロジェクト「古文教育に資する,コーパスを用いた教材の開発と学習指導法の研究」 共同研究員
  • 2016/04 - 現在 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 共同研究プロジェクト「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」 共同研究員
  • 2016/04 - 現在 Saitama University Faculty of Education
  • 2014/02 - 2016/03 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 コーパス開発センター プロジェクト非常勤研究員
Awards (1):
  • 2014/10 - 人間文化研究機構国立国語研究所 第9回 国立国語研究所所長賞
Association Membership(s) (6):
埼玉大学国語教育学会 ,  国語語彙史研究会 ,  早稲田大学国語教育学会 ,  早稲田大学国文学会 ,  早稲田大学日本語学会 ,  日本語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page