Rchr
J-GLOBAL ID:201401027686642996   Update date: Sep. 11, 2020

Yoshimi Kazuto

ヨシミ カズト | Yoshimi Kazuto
Affiliation and department:
Job title: Assistant professor
Research field  (2): Genomics ,  Laboratory animal science
Research keywords  (6): genome editing ,  rat ,  humanized ,  disease model ,  mouse ,  CRISPR/Cas
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2018 - 2022 In vivo mass culture system of human iPS cell-derived hepatocytes
  • 2018 - 2022 New development of genome editing technologies and disease models
  • 2019 - 2021 日本発ゲノム編集ツールによるin vivoゲノム改変研究
  • 2016 - 2019 Genetic functions for human encephalization with efficient technology to produce genetically humanized mice
  • 2019 - 2019 正確な生体内ゲノム編集評価システムの開発
Show all
Papers (22):
more...
MISC (11):
Patents (3):
  • 非相同末端結合と相同組換えを組み合わせたゲノム編集ノックイン法
  • 哺乳動物の標的ゲノム領域にDNAをノックインする方法及び細胞
  • 哺乳動物細胞のDNAを編集するための試薬、およびその利用
Books (12):
  • 新規ゲノム編集ツールCRISPR-Cas3
    Precision Medicine 2020
  • CRISPR-Cas3を用いた新しいゲノム編集
    医学のあゆみ 2020
  • ラット受精卵でのゲノム編集
    実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード 2019
  • 疾患モデルマウス, ラット、医療応用をめざすゲノム編集
    株式会社 化学同人 2018
  • ゲノム編集概説 - 基礎技術として利用されるCRISPR/Cas9 - 、アンチ・エイジング医学
    メディカルレビュー社 2018
more...
Lectures and oral presentations  (53):
  • 国産ゲノム編集技術の開発と 新型コロナウイルス診断への応用
    (東京大学獣医学専攻 令和2年度第2回応用動物科学セミナー 2020)
  • Combi-CRISPR~マウス・ラットの高効率プラスミドノックイン法~
    (基礎生物学研究所ゲノム編集テクニカルセミナー 2019)
  • マウス・ラット受精卵を用いたゲノム改変技術の現状
    (第53回日本実験動物技術者協会総会 2019)
  • Combi-CRISPR : 新しい高効率ノックイン動物作成法の開発
    (第4回日本ゲノム編集学会 2019)
  • マウス・ラットにおける効率的ゲノム編集法の開発研究
    (第59回北陸実験動物研究会 2019)
more...
Education (2):
  • 2008 - 2013 Kyoto University
  • 2004 - 2008 Kyoto University
Work history (4):
  • 2019/11 - 現在 The University of Tokyo Institute of Medical Science (IMSUT) Senior Assistant Professor
  • 2017/04 - 2019/10 Osaka University Graduate school of medicine Assistant professor
  • 2015/04 - 2017/03 National Institute of Genetics Assistant professor
  • 2013/04 - 2015/03 Kyoto university Graduate school of medicine project researcher
Committee career (3):
  • 2020/07 - 現在 日本ゲノム編集学会 庶務幹事
  • 2016/07 - 現在 日本ゲノム編集学会 広報委員
  • 2018 - 2018 第65回日本実験動物学会 プログラム委員
Awards (5):
  • 2018/02 - The 9th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences Excellent poster award
  • 2017/09 - 大阪大学医学系第9回若手研究フォーラム ベストプレゼンテーション賞
  • 2015/05 - Japanese Association for Laboratory Animal Science Encouragement award
  • 2012/09 - Chinese Association for Laboratory Animal Science International Award for Young Scientists
  • 2010/05 - Kyoto University KMYIA (young investigator award)
Association Membership(s) (4):
日本ゲノム編集学会 ,  関西実験動物研究会 ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR LABORATORY ANIMAL SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page