Rchr
J-GLOBAL ID:201401027772201838   Update date: Sep. 11, 2022

KAMMERA Yuta

カンメラ ユウタ | KAMMERA Yuta
Affiliation and department:
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (6): 国語教育史 ,  文法教育史 ,  作文教育 ,  学校文法 ,  文法教育 ,  国語教育
Papers (22):
  • 勘米良祐太. 知識事項と他領域との関連を問い直すー2010年代の文法教育に関する文献レビューを通してー. 国語教育史研究. 2022. 22. 9-17
  • 勘米良祐太. 大正期植民地朝鮮における文法教育が国民統合に果たした役割-高等普通学校用教科書『日本口語法及文法教科書』に着目して-. 月刊国語教育研究. 2022. 597. 48-55
  • 勘米良祐太. 国語科文法教科書における仮定形の定着過程. 人文科教育研究. 2021. 48. 79-92
  • 勘米良祐太. 旧制中学校国語科における文法教育の課題-作文教育との関連に着目して-. 筑波大学博士論文. 2020
  • 勘米良祐太. 明治後期旧制中学校における文法と作文との関連-芳賀矢一『中等教科明治文典』の分析を通して-. 日本語と日本文学. 2020. 66. 113-128
more...
Books (3):
  • 新・教職課程演習 第16巻 中等国語科教育
    協同出版 2021 ISBN:9784319003570
  • 新・教職課程演習 第10巻 初等国語科教育
    協同出版 2021 ISBN:9784319003518
  • MINERVAはじめて学ぶ教科教育 1 初等国語科教育
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623082926
Lectures and oral presentations  (24):
  • 学校文法が抱える歴史的な課題 - 明治、大正期における文法の「附帯」的指導に関連して-
    (全国大学国語教育学会 第142回東京大会 公開講座 2022)
  • 国語科文法教科書における「仮定形」の定着過程
    (第141回全国大学国語教育学会世田谷大会(オンライン) 2021)
  • 教科書史・教科内容史研究の可能性・方向性-文法教育史に関する研究を事例として-
    (全国大学国語教育学会第140回大会(オンライン) 課題研究発表 2021)
  • 植民地朝鮮における初等教育読本の形式-第2期『普通学校国語読本』(芦田恵之助編)を主たる対象として-
    (全国大学国語教育学会第137回大会 2019)
  • 明治35年中学校教授要目下における文法教育の「実用」化に関する試み-芳賀矢一の教科書の分析を通して-
    (筑波大学日本語日本文学会第42回大会 2019)
more...
Education (5):
  • 2013 - 2020 University of Tsukuba
  • 2010 - 2013 University of Tsukuba
  • 2009 - 2010 University of Tsukuba
  • 2007 - 2009 Keio University
  • 2003 - 2007 Keio University
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (筑波大学)
Work history (8):
  • 2022/04 - 現在 Musashino University
  • 2020/04 - 2022/04 Nagoya Women's University
  • 2021/04 - 2021/09 Aichi University of Education Faculty of Education
  • 2019/04 - 2020/03 Hamamatsu Gakuin University Faculty of Modern Communication Studies
  • 2015/04 - 2019/03 Hamamatsu Gakuin University Faculty of Modern Communication Studies
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page