Rchr
J-GLOBAL ID:201401028165053761   Update date: Nov. 10, 2020

Suzuki Kenta

スズキ ケンタ | Suzuki Kenta
Affiliation and department:
Job title: 講師
Other affiliations (2):
Research field  (2): History - Europe/America ,  Local studies
Research keywords  (10): 歴史学 ,  地域研究 ,  西洋史 ,  バルカン ,  東欧 ,  Contemporary History ,  民族 ,  Socialism ,  Nationalism ,  Yugoslavia
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2016 - 2020 社会主義ユーゴスラヴィアにおける多民族空間の形成および崩壊とナショナリズム
  • 2013 - 2016 社会主義体制末期の民衆運動とナショナリズム:ユーゴスラヴィアからみる東欧革命
  • 2011 - 2011 旧ユーゴスラヴィア解体期のセルビア社会におけるナショナリズムの実相
  • 2011 - 2011 2010年度鈴川・中村基金奨励研究員
  • 2010 - 2010 旧ユーゴスラヴィア解体期のセルビア社会におけるナショナリズムの実相
Show all
Papers (10):
  • 鈴木 健太. ユーゴスラヴィアにおける1989年--連邦解体前夜の変革と対立. 思想. 2019. no. 1146. 120-139
  • 鈴木 健太. 1988 年セルビアにおける大衆運動とナショナリズム--ヴォイヴォディナの諸集会についての一考察. スラヴ研究. 2018. No. 65. 67-102
  • 鈴木 健太. 社会主義ユーゴスラヴィア解体過程におけるナショナリズムとその諸相--セルビアの政治と社会(1987-1992年). 博士学位論文(東京大学大学院総合文化研究科). 2018
  • 鈴木 健太. 1987年セルビアの党内論争とナショナリズムをめぐる議論--パラチン事件とセルビア党中央委員会第8回総会. 東欧史研究. 2016. 38号. 3-24
  • 鈴木 健太. 結合と分離の力学--社会主義ユーゴスラヴィアにおけるナショナリズム. 柴宜弘・木村真・奥彩子編『東欧地域研究の現在』(山川出版社). 2012. 322-345
more...
MISC (8):
  • Suzuki Kenta. Book Review: Dijana Jelača, Maša Kolanović, Danijela Lugarić, eds., The Cultural Life of Capitalism in Yugoslavia: (Post)Socialism and Its Other (New York: Palgrave Macmillan, 2017), xvii+359 pp. Acta Slavica Iaponica. 2020. XL. 297-298
  • 鈴木 健太. 書物の喪失--かつて図書館だったサラエヴォの「市庁舎」. Pieria=ピエリア. 2020. 12(2020年春). 40-41
  • 鈴木 健太. 書評/橋本伸也編著『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題』. 歴史評論. 2019. 2019年2月号(No. 826). 104-108
  • 鈴木 健太. ユーゴスラヴィア史学の試み--『ユーゴスラヴィア史学雑誌』の概観. 『社会主義期東欧ロシアの歴史学--歴史学雑誌・機関・研究』(2012-2016年度科学研究費補助金(基盤研究(A))「社会主義東欧ロシアの歴史学」(研究代表者:渡邊昭子)成果報告書). 2018. 23-31
  • 鈴木 健太. 書評:山本明代、パプ・ノルベルト編『移動がつくる東中欧・バルカン史』(刀水書房、2017年). 東欧史研究. 2018. 40号. 72-79
more...
Books (11):
  • ボスニア・ヘルツェゴヴィナを知るための60章
    明石書店 2019 ISBN:9784750348476
  • The 20th Century Through Historiographies and Textbooks: Chapters from Japan, East Asia, Slovenia and Southeast Europe
    Ljubljana: Institute of Contemporary History 2018
  • スロヴェニアを知るための60章
    明石書店 2017 ISBN:4750345601
  • 世界史をナビゲートする--地球大の歴史を求めて
    彩流社 2016 ISBN:4779122171
  • セルビアを知るための60章
    明石書店 2015 ISBN:4750342513
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • “1989” in Socialist Yugoslavia: A Reassessment
    (第10回スラヴ・ユーラシア研究東アジア会議 (The 10th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies), パネル「Rethinking Space and Borders in the Former and Post Yugoslavia: Historiography, Literature, Social Protests」(東京、東京大学本郷キャンパス) 2019)
  • 1989年の社会主義ユーゴスラヴィア --大衆的政治運動と共和国間対立
    (シンポジウム「歴史としての「ユーゴスラヴィア」--建国100年の地点から振り返る」(主催:東欧史研究会、東京、立教大学) 2018)
  • 21世紀における「バルカン」--地域をめぐる概念と認識
    (ワークショップ「バルカン地域研究の新展開--民族文化の越境・接触・変化をめぐる多角的研究を目指して」(東京、東京大学) 2018)
  • 合評会:山本明代、パプ・ノルベルト編著『移動がつくる東中欧・バルカン史』刀水書房(2017年)
    (東欧史研究会 2017年度第3回例会(東京、東京外国語大学本郷サテライト) 2017)
  • Yugoslavia and the collapse of communism in Eastern Europe: Mass movements and the intra-party confrontations in the socialist federation in late 1988
    (International Workshop "Deconstructing and Negotiating Center and Periphery in European History"(東京、東京外国語大学) 2017)
more...
Education (4):
  • 2005 - 2013 The University of Tokyo Department of Area Studies, Doctoral Program
  • 2006 - 2009 University of Belgrade Department of Ethnology and Anthropology
  • 2003 - 2005 The University of Tokyo Department of Area Studies, Master's Program
  • 1999 - 2003 Tokyo University of Foreign Languages European and American Studies II (Spanish Studies)
Professional career (3):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
  • 学士(言語・地域文化) (東京外国語大学)
Work history (15):
  • 2020/04 - 現在 Kanda University of International Studies Global Communication Institute Lecturer
  • 2020/04 - 現在 The University of Tokyo College of Arts and Sciences
  • 2017/04 - 現在 Keiai University Faculty of Economics
  • 2019/10 - 2020/03 Tokyo University of Foreign Studies World Language and Society Education Centre
  • 2019/04 - 2020/03 Tama University School of Management & Information Sciences
Show all
Committee career (2):
  • 2018/04 - 現在 東欧史研究会 委員
  • 2004/04 - 2006/03 東欧史研究会 委員
Association Membership(s) (3):
THE JAPANESE ASSOCIATION FOR RUSSIAN AND EAST EUROPEAN STUDIES ,  日本西洋史学会 (JAPANESE NAME ONLY) ,  ASSOCIATION FOR EAST EUROPEAN STUDIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page