Rchr
J-GLOBAL ID:201401038456137526   Update date: Sep. 02, 2020

Takemura Asuka

タケムラ アスカ | Takemura Asuka
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10712747.ja.html
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (7): 日本語史 ,  能楽 ,  Japanese dialects ,  Christian materials ,  Phonology ,  Japanese ,  日本語音韻史
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2020 謡伝書の日本語学的研究
  • 2016 - 2018 上方落語を用いた近現代京阪方言の総合的研究
  • 2013 - 2014 ローマ字本キリシタン資料の偏在的子音分布から再検討する日本語形態・音韻論史
  • 2010 - 2011 ポルトガル・スペインのローマ字版キリシタン資料に基づく日本語拗音節の研究
Papers (15):
  • 竹村 明日香, 宇野 和, 池田 來未. 謡伝書における五十音図-発音注記に着目して-. 日本語の研究. 2018. 14. 4
  • 竹村 明日香. 月経を表す「手桶番」の語源-上方落語『鮑のし』の語源説を起点として-. 国語語彙史の研究. 2017. 36. 285-303
  • 竹村 明日香. 『上方はなし』コーパスを通してみる京阪方言語彙ー近世上方語及びナラン・イカン・アカンの諸相ー. 国語語彙史の研究. 2016. 35. 23-40
  • 竹村 明日香. 疑問詞疑問文と終助詞ゾー中世以降のゾの脱落を中心にー. 「日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究」研究報告書. 2016. 3. 16-32
  • 竹村 明日香. 『日葡辞書』の開拗長音表記とアクセントの相関-漢語の例を中心に-. 国文. 2014. 122. 1-15
more...
MISC (5):
  • 竹村 明日香. 日本語の母音は本当に五つしかないのですか. ことばの疑問. 2019
  • TAKEMURA Asuka. Re-examination of -e Syllables in Kyushu Dialects : For Restructuring the -e Syllables in Middle Japanese. 2013. 9. 2. 16-32
  • 竹村 明日香. 『日葡辞書』の開拗長音. 国語国文. 2012. 81. 3. 1-26
  • 竹村 明日香. ローマ字本キリシタン資料のオ段合拗長音表記--抄物の表記との対照を通して. 語文. 2011. 96. 56-69
  • A diachronic examination of morphological changes of Haru-keigo: through the comparison of Osaka and Kyoto dialect. 2009. 43. 21-36
Lectures and oral presentations  (16):
  • 『上方はなし』コーパス(試作版)を使った調査例
    (『上方はなし』コーパス公開発表会-五代目笑福亭松鶴の落語を検索する- 2019)
  • 『上方はなし』コーパス(試作版)の使い方
    (『上方はなし』コーパス公開発表会-五代目笑福亭松鶴の落語を検索する- 2019)
  • On Wh-questions in the Form of no da Constructions: Using Examples from the Corpus of Historical Japanese
    (Corpus-Based Studies on Japanese Historical Grammar 2018)
  • 上方はなしコーパス作成の現状と活用例
    (国立国語研究所共同研究プロジェクト「通時コーパス」活用班近世・近代グループ文体・資料性グループ合同研究発表会 2017)
  • 拗音表記にみる母語干渉-ローマ字本キリシタン資料の場合-
    (日本語学会2017年度春季大会 2017)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2013 大阪大学大学院 文化表現論専攻 専門分野国語学 博士後期課程
  • 2003 - 2008 大阪大学大学院 文化表現論専攻 専門分野国語学 博士前期課程
  • 1999 - 2003 Nara Women's University Department of Language and Culture
Professional career (1):
  • 博士(文学) (大阪大学)
Work history (4):
  • 2018/04 - 現在 Ochanomizu University
  • 2015/04 - 2018/03 Ochanomizu University Faculty of Core Research Humanities Division Fuculty of Core Research, Humanities Division Assistant Professor
  • 2014/04 - 2017/03 Ochanomizu University Graduate School of Humanities and Sciences
  • 2013/06 - 2014/02 Osaka University
Awards (1):
  • 2019/03 - 日本語学会 2018年度日本語学会論文賞 「謡伝書における五十音図-発音注記に着目して-」
Association Membership(s) (3):
お茶の水女子大学国語国文学会 ,  PHONETIC SOCIETY OF JAPAN ,  THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page