Rchr
J-GLOBAL ID:201401043199590595   Update date: Jan. 03, 2021

Nishiyama kei

ニシヤマ ケイ | Nishiyama kei
Affiliation and department:
Job title: 救命救急センター長
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90447970.ja.html
Research field  (1): Emergency medicine
Research keywords  (5): intensive care ,  disaster medicine ,  sudden death ,  emergency medicine ,  resuscitation science
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2014 - 2016 rSO2モニタリングを用いたプレホスピタル心肺蘇生プロトコルの再構築
  • 2014 - 2015 核磁気共鳴を用いた滲出型加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療の反応性予測法の開発
  • 2012 - 2014 心肺蘇生モニタリングシステム開発に向けたrSO2値計測の有用性の検討
  • 2011 - 2011 Cognitive Disorder after Mild Traumatic Brain Injury. Multicenter Observational Cohort Study
  • 2009 - 2011 Development of Postmortem Diagnostic Imaging Method Using 3-T MRI
Papers (93):
more...
MISC (307):
Patents (1):
Books (3):
  • AMLS日本語版 : 観察に基づいたアプローチ
    へるす出版 2016 ISBN:9784892698873
  • 健康長寿学大事典 QOLからEBMまで 高齢者の救急医療
    西村書店 2012
  • 本日の治療指針 2012年度版 突然の胸痛 緊急検査と応急処置 Chest pain of sudden onset - clinical examination and emergency treatment
    医学書院 2012
Lectures and oral presentations  (475):
  • 当院における偶発性低体温による高アミラーゼ血症患者の検討
    (日本救急医学会雑誌 2019)
  • VV-ECMO管理中の気道出血により気道閉塞を呈した一例
    (日本救急医学会雑誌 2019)
  • 慢性甲状腺炎による咽頭浮腫のため上気道狭窄を来した一例
    (日本救急医学会雑誌 2019)
  • 急変対応が苦手な麻酔科医の脱却を目指して 「ライフイベントによって削ぎ落とされていくキャリアを維持する方法」
    (日本救急医学会雑誌 2019)
  • 救急医療のあり方-人生100年時代の救急医療 80歳以上の自動車運転者による事故例の検討
    (日本救急医学会雑誌 2019)
more...
Education (2):
  • 1989 - 1995 Kyoto University
  • 1986 - 1989 Aiko highschool
Work history (9):
  • 2021/01 - 現在 Niigata University Medical and Dental Hospital Emergency and Critical Care Unit Proffesor
  • 2018/04 - 現在 Kyoto Prefectural University of Medicine Clinical Professor
  • 2018/04 - 現在 Fukui Uiversity Faculty of Medicine Visiting Associate Professor
  • 2016/04 - 現在 Kyoto University Medical School Clinical Professor
  • 2015/12 - 2020/12 National Hospital Organization Kyoto Medical Center Trauma and Critical Care Center Director
Show all
Committee career (12):
  • 2021/01 - 現在 新潟県 メディカルコントロール委員会
  • 2021/01 - 現在 救急医学会 脳死・臓器組織移植に関する委員会
  • 2019/09 - 現在 日本救急医学会 救急AI活性化特別委員会
  • 2019/09 - 現在 外科系保険連合 AI診療作業部会
  • 2019/02 - 現在 日本救急医学会 評議員
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page