Rchr
J-GLOBAL ID:201401051903995035   Update date: May. 11, 2021

Shimizu Yukiko

シミズ ユキコ | Shimizu Yukiko
Affiliation and department:
Job title: 専任講師
Research field  (2): Japanese language education ,  Japanese linguistics
Papers (14):
  • スポーツ選手が使う「勝ちに行く」の分析. 聖心女子大学論叢. 2020. 136. 119-136
  • 鈴木智美, 清水由貴子, 中村彰, 渋谷博子. 海外の大学における日本語学習者のツール使用状況の解明-ICT時代における教師の教育設計リテラシーの向上を目指して-. 日本語・日本学研究. 2020. 10. 23-48
  • How Learners in the Japanese Language Program of Tokyo University of Foreign Studies Use Learning Tools:Results and Analysis of the Surveys Conducted in 2016 and 2017. Bulletin of Japanese Language Center for International Students. 2019. 45. 221-238
  • What Kind of Learning Tools Japanese Language Learners Use in the ICT Age:A Report on a Workshop Targeted for Japanese Language Teachers. Bulletin of Japanese Language Center for International Students. 2019. 45. 239-256
  • Attempts to Discuss Experiences of Teaching Overseas:The Significance of Cooperative Reflection. Bulletin of Japanese Language Center for International Students. 2019. 45. 1-18
more...
Books (3):
  • 習ったはずなのに使えない文法
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247433
  • コーパスから始まる例文作り
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247310
  • コーパスと日本語教育
    朝倉書店 2016 ISBN:9784254516050
Lectures and oral presentations  (12):
  • 日本語コーパスの授業活用-研究以外の幅広い活用を目指して-
    (2019年度日本語教育学会秋季大会 2019)
  • 失礼な「どちらでもいいです」についての分析
    (言語文化教育研究学会第5回年次大会 2019)
  • 世界の日本語学習者は今どのような学習ツールを使っているか-ICT時代の日本語教育の鍵をツール使用状況から考える-
    (第12回国際日本語教育・日本研究シンポジウム「多言語世界における日本語教育の変遷」 2018)
  • 海外での日本語教育経験は、その後の実践にどう活かされているか-複数の教師が協働で振り返る活動を通して気づいたこと-
    (第51回日本語教育方法研究会 2018)
  • 異なる職場間における教師の協働の振り返り
    (第50回日本語教育方法研究会 2018)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (名古屋大学)
Work history (11):
  • 2019/04 - 現在 聖心女子大学 現代教養学部 日本語日本文学科 専任講師
  • 2017/04 - 2019/03 聖心女子大学 文学部 日本語日本文学科 専任講師
  • 2015/04 - 2017/03 東京外国語大学 大学院国際日本学研究院 講師
  • 2014/04 - 2015/03 Tokyo University of Foreign Studies Japanese Language Center for International Students
  • 2009/05 - 2014/03 日本大学 本部学務部教育推進課 日本語講座 非常勤講師
Show all
Association Membership(s) (4):
日本語教育方法研究会 ,  日本語学会 ,  日本語文法学会 ,  日本語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page