Rchr
J-GLOBAL ID:201401054274953293   Update date: Oct. 31, 2022

FURUKAWA HIROYASU

フルカワ ヒロヤス | FURUKAWA HIROYASU
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/h-furukawa
Research field  (2): Business administration ,  Business administration
Research keywords  (3): 自然言語処理 ,  International Marketing ,  Global Marketing
Papers (27):
  • Changju Kim, Xiuyan Yan, Jungkeun Kim, Shinichiro Terasaki, Hiroyasu Furukawa. Effect of consumer animosity on boycott campaigns in a cross-cultural context: Does consumer affinity matter?. Journal of Retailing and Consumer Services. 2022. 69. 103123-103123
  • Furukawa, Hiroyasu and Kobayashi, Ryoki. Trends in Preventive Behaviors Across Countries: An Exploratory Study of English Language Tweets. Journal of Social Sciences. 2022. 18. 1. 95-106
  • 古川裕康. 消費者のブランド・ビジョンに対する理解がブランド・ロイヤルティに与える影響:商品の環境配慮知覚による間接効果,ならびに物質主義の調整効果を考慮した6ヵ国比較. 経営論集. 2022. 69. 4. 259-282
  • Hiroyasu Furukawa. Effect of CEO Recognition on Brand Sympathy through Consumer Product Perception: A Comparative Analysis of Japanese and U.S. Consumers. Journal of Global Marketing. 2022. 35. 2. 133-147
  • Furukawa Hiroyasu. How Does the CEO’s Influence Affect Consumer Brand Trust? The Mediating Effects of Symbolic and Environmental Product Perceptions. Journal of International Consumer Marketing. 2022. 34. 1. 11-23
more...
MISC (1):
  • GIANT -グローバル・ブランドを核にした商品流通ー. 流通. 2018. 42. 144-149
Books (5):
  • グローバル・マーケティング論
    文眞堂 2021 ISBN:9784830950964
  • グラフィック グローバルビジネス
    2020 ISBN:4883843149
  • Global Marketing Zero
    白桃書房 2017 ISBN:456165223X
  • Global Brand Image Strategy
    白桃書房 2016 ISBN:4561662200
  • Marketing Zero
    白桃書房 2015 ISBN:4561652140
Lectures and oral presentations  (17):
  • コスモポリタニズムの傾向は原産国イメージと消費者の購買意図との関係をどのように変化させるか
    (異文化経営学会 2022年度 第1回研究大会 2022)
  • CEOから影響を受けた消費者が多国籍企業への信頼を構築する基礎的メカニズムの検証
    (多国籍企業学会 第81回東部部会 2021)
  • 世界166カ国のTweetデータを用いた予防概念の類型化:Hofstedeによる不確実性回避指標の深化に向けた探索的研究
    (国際ビジネス研究学会,第27回全国大会 2020)
  • 消費者のCEO認知が,製品知覚とブランドへの共感に与える影響:日米消費者の傾向比較
    (国際ビジネス研究学会,第27回全国大会 2020)
  • アフターコロナにおける新しい日常とグローバル・マーケティングの変化
    (多国籍企業学会 2020年度東西合同シンポジウム 2020)
more...
Works (1):
  • GIANT -グローバル・ブランドを核にした商品流通ー
    2018 -
Professional career (2):
  • Ph.D. in Business Administration (Meiji University)
  • Master of Business Administration (Meiji University)
Work history (5):
  • 2022/04 - 現在 Meiji University School of Business Administration Associate Professor
  • 2021/04 - 2022/03 日本大学経済学部 College of Economics 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 日本大学経済学部 専任講師
  • 2015/04 - 2018/03 淑徳大学経営学部
  • 2013/04 - 2015/03 明治大学 経営学部 助手
Committee career (10):
  • 2021/07 - 現在 多国籍企業学会 編集委員会
  • 2020/10 - 現在 日本流通学会 学会誌編集委員会事務局長
  • 2020/10 - 現在 日本流通学会 理事
  • 2019/06 - 現在 異文化経営学会 幹事
  • 2019/05 - 現在 流通経済研究会 プログラム委員
Show all
Awards (4):
  • 2021/07 - 多国籍企業学会 多国籍企業学会 若手研究者最優秀論文賞 "How Does the CEO’s Influence Affect Consumer Brand Trust? The Mediating Effects of Symbolic and Environmental Product Perceptions"
  • 2017/10 - 日本流通学会 日本流通学会 学会奨励賞
  • 2017/07 - 多国籍企業学会 多国籍企業学会 研究奨励賞
  • 2017/07 - 異文化経営学会 異文化経営学会 学会賞
Association Membership(s) (8):
異文化経営学会 ,  流通経済研究会 ,  日本流通学会 ,  国際ビジネス研究学会 ,  日本商業学会 ,  Global Marketing Committee ,  Academy of International Business ,  多国籍企業学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page