Rchr
J-GLOBAL ID:201401062395676559   Update date: Jun. 05, 2021

Uemura Arata

ウエムラ アラタ | Uemura Arata
Affiliation and department:
Research field  (1): Social law
Papers (18):
  • 植村 新. 非正規雇用と労働条件の集団的規律. 日本労働法学会誌. 2021. 134. 70-86
  • 植村 新. 有期契約労働者と無期契約労働者の間の退職金に係る相違と労働契約法20条違反の成否-メトロコマース事件. 令和2年度重要判例解説. 2021. 184-186
  • 植村 新. 監督機関. 新基本法コンメンタール労働基準法・労働契約法(第2版). 2020. 294-308
  • 植村 新. 労働協約の法的規律に関する一考察(3)ードイツにおける社会的実力要件と交渉請求権の議論を契機として. 季刊労働法. 2019. 267. 186-196
  • 植村 新. 労働協約の法的規律に関する一考察(2)ードイツにおける社会的実力要件と交渉請求権の議論を契機として. 季刊労働法. 2019. 266. 189-202
more...
MISC (5):
  • 山本陽大, 井川志郎, 植村新, 榊原嘉明. 現代ドイツ労働法令集II-集団的労使関係法、非正規雇用法、国際労働私法、家内労働法. JILPT資料シリーズ. 2021. 238
  • 矢野 昌浩, 柳澤 武, 榊原 嘉明, 植村 新, 早津 裕貴. 労働法(特集 学界回顧2020). 法律時報. 2020. 92. 13. 153-162
  • 山本陽大, 井川志郎, 植村新, 榊原嘉明. 現代ドイツ労働法令集I-個別的労働関係法. JILPT資料シリーズ. 2020. 225
  • 植村 新. 名古道功著『ドイツ労働法の変容』ドイツ労働法の変容と将来の展望を描き出す. 労働法律旬報. 2019. 1933. 50-51
  • 植村 新. デジタル化された労働世界における争議行為. 日本労働研究雑誌. 2018. 699. 90-91
Education (3):
  • 2011 - 2014 Kyoto University
  • 2009 - 2011 Kyoto University Law School
  • 2005 - 2009 Kyoto University
Professional career (2):
  • 博士(法学) (京都大学)
  • 法務博士(専門職) (京都大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Kansai University Faculty of Law
  • 2018/04 - 2020/03 Kyoto Women's University
  • 2017/04 - 2018/03 Wakayama University Faculty of Economics
  • 2015/04 - 2017/03 Wakayama University Faculty of Economics
  • 2014/04 - 2015/03 Kyoto University Graduate School of Law
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page