Rchr
J-GLOBAL ID:201401074566374996   Update date: Oct. 27, 2021

Matsuoka Hiromichi

マツオカ ヒロミチ | Matsuoka Hiromichi
Affiliation and department:
Job title: 科長
Other affiliations (1):
  • University of Technology Sydney, Faculty of Health,  Visiting Professor
Research field  (1): Internal medicine - General
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2021 - 2024 がん患者の不眠障害に対する完全在宅型心拍変動バイオフィードバックシステムの開発
  • 2021 - 2024 AYA~middle age世代がん患者の苦痛に対する支援と課題解決のための研究
  • 2021 - 2024 せん妄ハイリスクがん患者の術後せん妄予防におけるラメルテオンの有効性と安全性に関する多施設共同二重盲検化プラセボ対照ランダム化比較試験
  • 2020 - 2024 An international, double-blind, dose increment, parallel-arm, randomised controlled trial of duloxetine versus pregabalin for opioid unresponsive cancer-related neuropathic pain: Phase III trial
  • 2020 - 2023 オピオイド不応の神経障害性疼痛に対するプレガバリンとデュロキセチンの国際共同ランダム化比較試験
Show all
Papers (53):
  • Ryo Sakamoto, Yoichi Ohtake, Yuki Kataoka, Yoshinobu Matsuda, Tomokazu Hata, Jun Otonari, Akira Yamane, Hiromichi Matsuoka, Kazuhiro Yoshiuchi. The efficacy of acceptance and commitment therapy for people with type 2 diabetes: Systematic review and meta-analysis. Journal of diabetes investigation. 2021
  • Hiroto Ishiki, Jun Hamano, Hiroka Nagaoka, Yoshinobu Matsuda, Akihiro Tokoro, Hiromichi Matsuoka, Hiroaki Izumi, Akihiro Sakashita, Yoshiyuki Kizawa, Shunsuke Oyamada, et al. Prevalence of Extrapyramidal Symptoms in Cancer Patients Referred to Palliative Care: A Multicenter Observational Study (JORTC PAL12). American Journal of Hospice and Palliative Medicine®. 2021. 38. 7. 823-829
  • 松岡 弘道, 鶴谷 純司, 千葉 康敬, 藤田 至彦, 酒井 清裕, 吉田 健史, 大武 陽一, 名倉 美樹, 小山 敦子, 西尾 和人, et al. がん疼痛に対するオピオイド選択のためのバイオマーカーを用いたランダム化比較試験(Relief Study). Palliative Care Research. 2021. 16. Suppl. S217-S217
  • 松岡 弘道, 鶴谷 純司, 千葉 康敬, 藤田 至彦, 酒井 清裕, 吉田 健史, 大武 陽一, 名倉 美樹, 小山 敦子, 西尾 和人, et al. がん疼痛に対するオピオイド選択のためのバイオマーカーを用いたランダム化比較試験(Relief Study). Palliative Care Research. 2021. 16. Suppl. S217-S217
  • Hideaki Hasuo, Hiroto Ishiki, Hiromichi Matsuoka, Mikihiko Fukunaga. Clinical Characteristics of Myofascial Pain Syndrome with Psychological Stress in Patients with Cancer. Journal of Palliative Medicine. 2021. 24. 5. 697-704
more...
MISC (199):
more...
Books (21):
  • がん治療医が本当に知りたかった緩和ケアのレシピ
    メジカルビュー社 2020 ISBN:9784758318105
  • がん診療における精神症状・心理状態・発達障害ハンドブック
    羊土社 2020 ISBN:9784758118804
  • 産科と婦人科 第88巻7号
    診断と治療社 2020
  • 成人・青年における薬物療法・放射線療法によるがん疼痛マネジメント
    WHOガイドライン 2020
  • 今日から実践!日常診療に役立つ行動医学・心身医学アプローチ
    医歯薬出版 2018 ISBN:9784263206829
more...
Lectures and oral presentations  (70):
  • 緩和ケア診療で活用できそうな心理療法
    (第62回日本心身医学会総会ならびに学術講演会:心身医学講習会 2021)
  • がん患者の不眠、不安・抑うつ
    (第31回日本緩和医療学会教育セミナー 2021)
  • がん疼痛に対するオピオイド選択のためのバイオマーカーを用いたランダム化比較試験(Relief Study)
    (第26回日本緩和医療学会 Best of JSPM 2021)
  • がん疼痛診療の際に考慮すべき重要な患者関連因子
    (第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021)
  • こころに寄り添うこと ~精神腫瘍科を知ってください~
    (薬剤師講義 2021)
more...
Education (2):
  • 2008 - 2012 近畿大学大学院医学系研究科腫瘍病態制御学
  • 1996 - 2002 Nara Medical University
Professional career (1):
  • 医学博士 (近畿大学大学院医学研究科)
Work history (1):
  • 2017/08 - 2018/12 University of Technology Sydney(UTS) Faculty of Health, Palliative Care Clinical Studies Collaborative(PaCCSC) Visiting Professor
Committee career (4):
  • 2016 - 現在 日本心療内科学会 評議員
  • 2014 - 現在 日本緩和医療学会 緩和医療学の基本教育に関する指導者
  • 2014 - 現在 日本サイコオンコロジー学会 理事
  • 2011 - 現在 日本心身医学会 代議員
Awards (5):
  • 2021/06 - 日本緩和医療学会 Best of JSPM 2021
  • 2018/12 - 日本行動医学会 荒記記念賞
  • 2018/10 - 平成30年日本サイコオンコロジー学会 奨励賞
  • 2014/08 - The 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine Best Oral Award(2014)
  • 2013 - 平成25年度日本サイコオンコロジー学会 教育功労賞
Association Membership(s) (7):
JAPANESE SOCIETY OF BEHAVIORAL MEDICINE ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本サイコオンコロジー学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF PSYCHOSOMATIC MEDICINE ,  JAPANESE SOCIETY OF PSYCHOSOMATIC INTERNAL MEDICINE ,  THE JAPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page