Rchr
J-GLOBAL ID:201401079953521079   Update date: Apr. 03, 2021

Ayumu Chinen

チネン アユム | Ayumu Chinen
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Sociology of education
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2023 学校システムにおける排除と包摂に関する教育社会学的研究-マイノリティの視点から
  • 2018 - 2022 分断社会における〈不良少年〉像の解明
  • 2018 - 2021 生活困窮世帯の中学生を対象とする学習支援事業の効果検証のためのパネル調査
  • 2014 - 2019 学力格差の実態把握と改善・克服に関する臨床教育社会学的研究
  • 2015 - 2018 生徒類型別にみる学校から仕事への移行経路の差異と共通性
Show all
Papers (14):
  • 知念 渉. 〈ヤンチャな子ら〉の「男らしさ」を捉えるために : ポストハマータウン研究における男性性の位置 (特集 迷走する教育 : 大学入学共通テスト・新学習指導要領・変形労働時間制). 現代思想. 2020. 48. 6. 204-214
  • Preliminary consideration for developing student subculture studies. 2019. 18. 5-26
  • 武田 明典, 池田 政宣, 知念 渉, 小柴 孝子, 嶋﨑 政男. The Needs of Elementary and Junior High School Teachers toward the "Period of Integrated Study". 神田外語大学紀要 = The Journal of Kanda University of International Studies. 2018. 30. 235-255
  • 知念 渉. Analysis of Textbooks in Principles of Education. 神田外語大学紀要 = The Journal of Kanda University of International Studies. 2018. 30. 299-318
  • 知念 渉. What's "Inkyara"? : Dynamics over Masculinities. 教育社会学研究. 2017. 100. 325-345
more...
MISC (22):
  • 知念 渉. 私の沖縄問題(第20回)借金コンクリート. ヒューマンライツ = Human rights. 2020. 383. 26-29
  • 久保田 裕之, 涌井 智子, 知念 渉, 堀井 崇史, 小河 映育花, 渡辺 秀樹. 座談会 若い世代と考える (特集 「平成」から「令和」へ : コミュニティはどう変わるか). コミュニテイ = The community. 2019. 162. 14-75
  • NFRJ Corner : Findings of Positive Attitudes in a Survey from the NFRJ-18 Pretest. 2019. 31. 2. 190-196
  • 知念渉. 中学校における進路指導の分析に関する覚書. 科研費報告書 学力格差の実態把握と改善・克服に関する臨床教育社会学的研究(平成29年度 学校報告書). 2017
  • 知念渉. 序章. 平成28年度 科研費報告書 学力格差の実態把握と改善・克服に関する臨床教育社会学的研究 第二次報告書. 2017
more...
Books (14):
  • 学力格差に向き合う学校 : 経年調査からみえてきた学力変化とその要因
    明石書店 2019 ISBN:9784750348797
  • 学校保健
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623081837
  • 〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す
    青弓社 2018 ISBN:4787234455
  • 教育社会学事典
    丸善出版 2018 ISBN:4621302337
  • 文化・階級・卓越化
    青弓社 2017 ISBN:4787234250
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • 〈ヤンチャな子ら〉にとっての学校:調査から見えてきた学校教育の課題
    (神奈川県人権教育研究大会 2020)
  • 大学を経由しない生き方
    (千葉県私立大学短期大学協会秋季総会 2019)
  • 学力格差の形成過程と学校の取り組み
    (日本教育社会学会70回大会 2018)
  • 学校内部に「居場所」を取り込む
    (日本教育学会第77回大会 2018)
  • 低学力層への教師のまなざしと学校区の社会的背景--学力格差の実態把握調査から
    (日本教育社会学会第68回大会 2016)
more...
Education (3):
  • 2011 - 2014 大阪大学大学院 博士後期課程
  • 2009 - 2011 大阪大学大学院 博士前期課程
  • 2003 - 2007 University of the Ryukyus
Professional career (1):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
Work history (3):
  • 2021/04 - Kanda University of International Studies
  • 2017/04 - 2021/03 Kanda University of International Studies Faculty of Foreign Languages, Department of International Communication
  • 2014/05 - 2017/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 助教
Awards (3):
  • 2019/09 - 日本教育社会学会 日本教育社会学会 第8回奨励賞(著書の部)
  • 2016/09 - 日本家族社会学会 日本家族社会学会賞(奨励論文賞)
  • 2011/03 - 大阪大学大学院人間科学研究科 大阪大学大学院人間科学研究科賞
Association Membership(s) (4):
JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION ,  JAPAN SOCIETY OF FAMILY SOCIOLOGY ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page