Rchr
J-GLOBAL ID:201401084025400922   Update date: Sep. 14, 2021

NAKANE Tae

ナカネ タエ | NAKANE Tae
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (2): 社会運動論 ,  労働社会学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2023 芸術家による国際的な集合行為のプロセスとダイナミクスの社会学的解明
  • 2017 - 2018 書籍『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』の出版助成
  • 2011 - 2014 「新しい労働運動」における社会的連帯の可能性-多国籍労組Gユニオンを事例として
Papers (6):
  • Tae NAKANE. Power Balance Bias in Creative Labor Revealed under the COVID-19 Pandemic: What Makes Musicians Accept Unfavorable Working Conditions ?. Annual Review of the Tokai Sociological Society. 2021. 13. 5-19
  • 中根 多惠. Employment in the Manufacturing Industry Area and Seeking the Possibility of Social Solidarity by Vulnerable Groups in Labor : Focusing on Tokai Area after Bankruptcy of Lehman Brothers. 東海社会学会年報. 2018. 10. 22-32
  • Mobilization of Support from the Host Society by Multinational Unionism (MU) : Focusing on Frame Alignment for Mobilization. 日本労働社会学会年報. 2014. 25. 99-125
  • 中根 多惠. Factors Determining Union Member's Participation in Individual Affiliate Unions (IAUs) : Focusing on Motivation, Channel for the Recruitment and Evaluation for the Movement. 東海社会学会年報. 2013. 5. 108-119
  • What Enable IAUs to Retain Continuity? : With a Focus on the Mobilizing Strategy of the A Branch, GU. 労働社会学研究. 2013. 14. 1-36
more...
MISC (8):
  • 中根 多惠. 港まちに育つ文化と集合的まなざしによる地域的実践の可能性. アッセンブリッジナゴヤ2018報告書. 2019
  • 中根 多惠, 中村麻理, 丹辺宣彦. 自治区活動とまちづくり -第二世代の「ふるさとづくり」の可能性と課題. 丹辺宣彦『変貌する豊田-グローバル化と社会の変化に直面するクルマのまち-』科学研究費補助金報告書(基盤研究(B))研究成果報告書. 2018
  • 松宮 朝, 石井 晴雄, 川原 千香子, 小島 祥美, 中根 多惠, 笹山 実希. 大学連携におけるボランティア活動推進をめぐる課題 : 長久手市4大学学生ボランティア調査から. 共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research. 2018. 12. 26-47
  • 中根 多惠. Review of the Research on Young Artists' Career Development and Labor in Japan : from the View Points of Labor Sociology. 名古屋大学社会学論集. 2016. 37. 200-207
  • 中根 多惠. 地域住民と社会的ネットワーク. 丹辺宣彦『「刈谷市のまちづくりと市民活動に関する調査」報告書』科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書. 2013
more...
Books (4):
  • 問いからはじめる社会運動論
    有斐閣 2020 ISBN:9784641150775
  • 変貌する豊田 : グローバル化と社会の変化に直面するクルマのまち
    東信堂 2020 ISBN:9784798916224
  • 多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析
    東信堂 2018 ISBN:4798914851
  • 豊田とトヨタ-産業グローバル化先進地域の現在
    東信堂 2014 ISBN:4798912344
Lectures and oral presentations  (16):
  • 社会運動研究の二分法を問い直す-労働運動の現在に着目して
    (日本NPO学会第22回年次大会 社会運動集合行動研究ネットワーク共同パネル 2020)
  • 芸術労働の「労働者性」をめぐる問題構造-音楽家によるユニオン活動の展開に着目して
    (日本労働社会学会第30回大会 2018)
  • 孤立する芸術労働者と「労働者性」をめぐる集合行為 -音楽家のユニオン活動を事例として-
    (東海社会学会第11回大会 2018)
  • 先進産業都市豊田における地域秩序の動揺(2):女性にみるまちづくり活動参加の停滞と諸要因
    (第90回日本社会学会大会 2017)
  • Study of Consumer Cooperative in Japan
    (6th International Symposium on Environmental Sociology in East Aisa 2017)
more...
Works (3):
  • 第92回日本社会学会大会 テーマセッション(12)「創造性・芸術性と労働をめぐる社会学」コーディネーター
    中根 多惠 2019 -
  • 『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』書評会 ~社会運動ユニオニズム(SMU)研究と社会運動(SM)研究の接点をさぐる~
    中根 多惠 2019 -
  • サタデーコンサート/トーク vol.6「音楽と社会学」
    中根 多惠 2018 -
Education (3):
  • 2011 - 2014 名古屋大学大学院 社会環境学専攻 (博士後期課程)
  • 2009 - 2011 名古屋大学大学院 社会環境学専攻 (博士前期課程)
  • 2005 - 2009 Nanzan University Department of British and American Studies
Professional career (1):
  • 博士(社会学) (名古屋大学)
Work history (5):
  • 2021/09 - 現在 休業(産休・育休)
  • 2017/04 - 現在 Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music
  • 2015/04 - 2021/09 Chukyo University
  • 2015/04 - 2016/03 Nagoya University
  • 2011/04 - 2014/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
Committee career (2):
  • 2018/10 - 現在 日本労働社会学会 研究活動委員
  • 2018/07 - 現在 東海社会学会 年報編集委員
Awards (2):
  • 2018/10 - 第15回日本労働社会学会奨励賞(著書の部)
  • 2011/07 - 平成22年度東海社会学会優秀修士論文研究賞
Association Membership(s) (6):
THE JAPANESE ASSOCIATION FOR ENVIRONMENTAL SOCIOLOGY ,  名古屋大学社会学会 ,  東海社会学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR URBAN SOCIOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF LABOR SOCIOLOGY ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page