Rchr
J-GLOBAL ID:201401098993331706   Update date: Jun. 01, 2021

Ishida Tomomi

イシダ トモミ | Ishida Tomomi
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (6): 英語教育 ,  第二言語習得論 ,  学習者コーパス ,  語彙的曖昧性 ,  第二言語処理 ,  第二言語習得
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2021 - 2025 動詞下位範疇化情報の習得要因および習得状況を把握するための語彙テストの開発
  • 2021 - 2024 第二言語における統語情報の予測処理に関する基礎的研究:視線逆行運動に焦点を置いて
  • 2018 - 2021 第二言語学習者と母語話者の単語認知の差異は言語接触量によって説明できるのか
  • 2021 - 動詞下位範疇化情報の習得要因および習得状況を把握するための語彙テストの開発 基盤研究(B)
  • 2021 - 第二言語における統語情報の予測処理に関する基礎的研究:視線逆行運動に焦点を置いて 基盤研究(C)
Show all
Papers (13):
  • 石田知美. 大学新入生に対する英語アンケート調査分析 -学生はいつ英語が苦手になったのか-. 日本福祉大学全学教育センター紀要. 2021. 9. 25-31
  • 髙村 秀史, 佐藤 大介, 村川 弘城, 石田 知美. 対面授業からICT活用・対面授業へのハイブリッド化の試み -コロナ禍における「コミュニケーション力演習」への対応から-. 2021. 9. 49-57
  • 生徒がつけた英語の通信簸一新入生に対する新旧調査結果からー. 中京大学教師教育叢 第 8 巻. 2019. 63-88
  • 学生たちが期待する英語の授業. 桜花学園大学保育学部研究紀要. 2019. 41-50
  • Tomomi Ishida. The effects of meaning dominance in the time-course of activation of L2 lexical ambiguity. Journal of Psycholinguistic Research. 2019. 1269-1284
more...
MISC (5):
  • 石田知美, 高橋妙子. 大学生アンケート調査から探る生徒にとって良い授業とは?. 英語教育. 2018. 67. 2. 36-37
  • 古泉 隆, 石田 知美, 松原 緑, 小松 雅宏, 杉浦 正利. アカデミックプレゼンテーション表現学習のための スマホ対応ウェブアプリ教材の開発. 外国語教育メディア学会発表要項. 2016. 106-107
  • 古泉隆, 石田知美, 松原緑, 小松雅宏, 杉浦正利. スマホ対応語彙学習教材作成・配信システムの開発. 日本教育工学会第30回全国大会講演論文集. 2014. 826-827
  • 大学の英語の授業をデザインする-第1回目の授業で何をしていますか-. 英語教育. 2006. 54. 13. 50-51
  • 生徒がつけた英語の通信簿. 英語教育. 2004. 58-65
Books (2):
  • College presentation: Bridge to Better Communication
    金星堂 2020
  • 英語学習者コーパス活用ハンドブック
    大修館書店 2013
Lectures and oral presentations  (21):
  • Do Non-native Speakers Display Greater Phrase Frequency Effects Than Native Speakers?
    (55th RELC International Conference 2021)
  • Factors Affecting the Acquisition of L2 Verb Subcategorization Frames
    (J-SLA 国際年次大会 2021)
  • L1とL2単語認知における頻度効果の差異
    (外国語教育メディア学会(LET)第56回中部支部研究大会 2019)
  • 学生たちが期待する英語の授業-新入生に対する調査結果から-
    (大学英語教育学会( JACET ) 第 3 4 回中部支部大会 2018)
  • Which meaning of an ambiguous word is activated in the subordinate-bias sentence?
    (ヨーロッパ第二言語学学会27 2017)
more...
Works (3):
  • 大学生アンケート調査から探る生徒にとって良い授業とは?
    2018 -
  • 大学の英語の授業をデザインする-第1回目の授業で何をしていますか-
    2006 -
  • 生徒がつけた英語の通信簿
    2004 -
Education (5):
  • 2006 - 2013 Nagoya University
  • 2006 - 2013 Nagoya University
  • 2004 - 2006 Nagoya University
  • 2004 - 2006 Nagoya University
  • 1993 - 1994 University of Birmingham
Professional career (2):
  • TEFL/TESL MA (University of Birmingham)
  • 学術修士 (名古屋大学)
Work history (5):
  • 2001/04 - 現在 Lecturer
  • 2019/04 - 2020/03 名古屋大学 教養教育院 招聘教員
  • 2013/05 - 2019/03 Assistant Professor
  • 2013/05/01 - 2016/03/31 Nagoya University Institute of Liberal Arts and Sciences Education Planning & Development Center Division of Learning Environment Development Assistant Professor
  • Nagoya University Institute of Liberal Arts and Sciences Education Planning & Development Center Division of Developmnet Assistant Professor
Committee career (3):
  • 2019/04 - 2019/06 Applied Psycholinguistics
  • 2019/04 - 2019/06 Applied Psycholinguistics 論文査読
  • 2019/03 - 2019/04 外国語教育メディア学会 紀要論文査読委員
Association Membership(s) (8):
Applied Psycholinguistics ,  イギリス応用言語学会 ,  European Second Language Association ,  外国語教育メディア学会 ,  中部地区英語教育学会 ,  全国英語教育学会 ,  英語コーパス学会 ,  大学英語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page