Rchr
J-GLOBAL ID:201501001873207399   Update date: Jul. 01, 2021

KONDO Nori

コンドウ ノリ | KONDO Nori
Affiliation and department:
Research field  (1): Linguistics
Research keywords  (5): 社会言語学 ,  中間言語 ,  コーパス言語学 ,  Phonology ,  French Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2025 From corpus to target data as steps for automatic assessment of L2 speech: L2 French phonological lexicon of Japanese learners
  • 2020 - 2024 Contrastive interlanguage analysis of French, Japanese and Turkish based on language variation
  • 2018 - 2021 日本人フランス語学習者の社会言語学的能力の発達過程に関する通時的研究
  • 2016 - 2020 Contrastive analysis of interlanguages of French, Portuguese, Japanese and Turkish
Papers (16):
  • 近藤野里. 「フランス語教科書でのリエゾンとフランス語学習者のリエゾンの実現」. 『外国語教育研究』. 2020. 23. 1-19
  • RUVOLETTO, Samantha, KONDO, Nori. La liaison variable : des manuels scolaires japonais au jugement de locuteurs natifs. 2020. 78
  • 近藤 野里. 「ケベック州で出版されたフランス語教科書にみられる社会言語学的変異の反映の方法」. 外国語教育研究. 2019. 22. 2-21
  • 近藤 野里. 「ケベックのフランス語教科書に反映される語彙的および統語的特徴」. ケベック研究. 2019. 11. 65-80
  • 近藤 野里. « La prononciation des pronoms il et ils de la fin du XIXe siècle - Analyse basée sur Le Français Parlé de Paul Passy ». SHS Web Conf. Volume 46, 2018 6e Congrès Mondial de Linguistique Française. 2018
more...
MISC (8):
  • World Liberal Arts Program for 1st year Students : The Current Situation and Future Direction. 2020. 7. 1-40
  • 近藤 野里. 名古屋外国語大学編『世界教養72のレシピ』名古屋外国語大学出版会、二〇一八年. Artes MUNDI. 2019. 4. 209-209
  • 近藤 野里. 「南仏とケベックのフランス語変種における音声特徴(談話会報告 フランス語の多様性)」. 『フランス語学研究』. 2018. 52. 123-129
  • 近藤 野里, 新居明子, 川口裕司, 鳥越慎太郎, 杉山香織. 「『アクティブ・ラーニングと外国語教育』研究会報告」. 『名古屋外国語大学論集』. 2018. 2. 267-283
  • 近藤野里. 「大山万容(2016). 『言語への目覚め活動-複言語主義に基づく教授法-』,東京:くろしお出版,162p」. Revue japonaise de didactique du français. 2017. 12. 230-232
more...
Books (1):
  • 今すぐ役立つフランス語の日常基本単語集
    ナツメ社 2017 ISBN:9784816361661
Lectures and oral presentations  (31):
  • 「フランス語発音教本にみられる発音の説明と規範について」
    (日本フランス語学会第331回例会 2020)
  • 「フランス語教科書におけるリエゾンとフランス語学習者のリエゾン」
    (外国語教育学会第23回大会 2019)
  • 「カナダにおける第二言語としてのフランス語とその教育」
    (日本カナダ学会中部地区研究会 2019)
  • "Phonetic Norm in French L2 Textbooks and Its Effect on L2 Learners’ Speech Competence - The Case of French Liaison" (poster presentation)
    (New Sounds the 9th International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech 2019)
  • « Comment présenter les variations sociolinguistiques dans les manuels de FLE ? Le cas des manuels publiés au Québec »
    (Association for French Language Studies Colloque annuel 2019)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2015 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2008 - 2010 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2003 - 2008 International Christian University
Professional career (3):
  • 博士(学術) (東京外国語大学大学院)
  • 言語学修士 (東京外国語大学大学院)
  • 教養学士 (国際基督教大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Aoyama Gakuin University College of Literature Department of French Language and Literature
  • 2020/04 - 2021/03 Nagoya University of Foreign Studies
  • 2017/04 - 2020/03 Nagoya University of Foreign Studies
  • 2015/04 - 2017/03 Nagoya University of Foreign Studies
Association Membership(s) (6):
日本カナダ学会 ,  日本フランス語教育学会 ,  日本ケベック学会 ,  日本ロマンス語学会 ,  外国語教育学会 ,  日本フランス語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page