Rchr
J-GLOBAL ID:201501019168989341   Update date: Sep. 12, 2019

Suzuki Kaho

スズキ カホ | Suzuki Kaho
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Papers (8):
  • 生橋 義之, 松岡 正造, 山崎 友維, 白川 友香, 今福 仁美, 牧原 夏子, Suzuki Kaho, Morizane Mayumi, 蝦名 康彦, 山田 秀人. 腹腔鏡手術中に器具が破損した2症例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2014. 30. Suppl.1. 125
  • Suzuki Kaho, Nakabayashi Koji, Ebina Yasuhiko, Yamada Hideto. ヒト培養子宮筋および子宮筋腫細胞におけるリラキシンの増殖能およびアポトーシスに及ぼす影響の解析. 日本生殖医学会雑誌. 2012. 57. 3号. 122
  • Ebina Yasuhiko, Makihara Natsuko, Suzuki Kaho, Miyahara Yoshiya, Niiya Kiyoshi, Nakabayashi Koji, Yamada Hideto. 卵巣癌においてPET-CTを用いた再発診断によりTFIが短縮し治療方針が変わっていないか. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2012. 30. 3号. 381
  • Makihara Natsuko, Suzuki Kaho, Miyahara Yoshiya, Niiya Kiyoshi, Nakabayashi Koji, Yamada Hideto. 子宮体部原発扁平上皮癌の1症例. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2012. 30. 3号. 417
  • Suzuki Kaho, Ebina Yasuhiko, Makihara Natsuko, Nakabayashi Koji, Miyahara Yoshiya, Niiya Kiyoshi, Yamada Hideto. Docetaxel/Gemcitabine療法が長期間奏効した再発子宮平滑筋肉腫多発骨転移の1例. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2012. 30. 3号. 473
more...
MISC (12):
  • 森田 宏紀, 今福 仁美, Suzuki Kaho, 生橋 義之, 新谷 潔, 宮原 義也, 蝦名 康彦, 山田 秀人. 子宮体癌根治術における廓清リンパ節および子宮筋層に認めたリンパ脈管筋腫症細胞. 日本産科婦人科学会雑誌. 2015. 67. 2号. 711
  • 田中 恵里加, 宮原 義也, 白川 友香, 今福 仁美, Suzuki Kaho, 生橋 義之, 新谷 潔, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人. 骨盤リンパ膿瘍における経皮的CTガイド下ドレナージに関する検討. 日本産科婦人科学会雑誌. 2015. 67. 2号. 668
  • 宮原 義也, 今福 仁美, Suzuki Kaho, 生橋 義之, 新谷 潔, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人. 巨大卵巣腫瘍の診断と術後管理に関する検討. 日本産科婦人科学会雑誌. 2015. 67. 2号. 849
  • Suzuki Kaho, 蝦名 康彦, 今福 仁美, 宮原 義也, 森田 宏紀, 山田 秀人. PET-CT所見で決定した進行子宮頸癌の放射線療法照射範囲と予後. 日本産科婦人科学会雑誌. 2015. 67. 2号. 657
  • 野村 晃子, 蝦名 康彦, Suzuki Kaho, 宮原 義也, 森田 宏紀, 山田 秀人. Obstructed hemivagina and ipsilateral renal anomaly(OHVIRA)症候群の1例. 日本産科婦人科学会雑誌. 2015. 67. 2号. 759
more...
Lectures and oral presentations  (79):
  • 子宮頸部上皮内新生物(CIN)合併妊娠における保存的管理に関する検討
    (第59回日本母性衛生学会総会・学術集会 2018)
  • Risk factors for deep venous thrombosis in women with ovarian cancer
    (第56回日本癌治療学会 2018)
  • Hyperfibrinogenemia shortens progression-free survival in women with ovarian cancer
    (第56回日本癌治療学会 2018)
  • The elevated pre-operative plasma fibrinogen level is an independent negative prognostic factor for disease-free survival in ovarian cancer patients
    (17th Biennial meeting of the international gynecologic cancer society (IGCS) 2018 2018)
  • Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser症候群に対するアテロコラーゲン膜を用いた腹腔鏡補助下造腟術
    (第31回近畿内視鏡外科研究会 2018)
more...
Education (1):
  • - 2012 Kobe University
Professional career (1):
  • 博士(医学) (神戸大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page