Rchr
J-GLOBAL ID:201501020330664522   Update date: Oct. 17, 2020

Kato Ken

カトウ ケン | Kato Ken
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
Research field  (3): Business administration ,  Nutrition and health science ,  Healthcare management, medical sociology
Research keywords  (6): 医療経営 ,  Interdisciplinary collaboration ,  Access ,  Healthcare Policy ,  Trust ,  Access to Healthcare
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2016 - 2019 急性期病院の医療従事者に対する対象者のくらしを見据えたケアのための多職種連携教育
  • 2013 - 2016 医療における多職種連携構築のための組織化、役割認識、専門職倫理に関する実証研究
  • 2010 - 2013 医療への信頼向上を目指した学際的医療連携チーム構築のための基盤研究
  • 2009 - 2010 看護専門外来を運営する専門(認定)看護師のコミュニケーションの特徴と患者のアウトカムの関連
  • 2009 - 2010 急性期病院における4疾患の入院期間および費用に関する日本とカナダの比較研究
Show all
Papers (57):
  • 加藤 憲. 査読者から見た論文作成に至るまでに検討すべき研究倫理. 日本医療・病院管理学会誌. 2020. 57. 1. 46-49
  • 堀 容子, 臼井 啓子, 中村 智栄, 岩橋 美智代, 神谷 智子, 加藤 憲. 【最善の選択を支えるACP"もしバナ"で人生の最期を考える】【最善の選択を支えるACP"もしバナ"で人生の最期を考える】. 呼吸・循環・脳実践ケア. 2019. 40. 4. 55-65
  • TATEBE Kenji, IDE Masayoshi, KATO Ken, MIYASHITA Kuniyoshi, NOZAWA Hideki. ANALYSIS OF THE INFLUENCE OF TIME-LAGGED PRELIMINARY NOTICE OF SEISMIC GROUND WAVES BY EARTHQUAKE EARLY WARNING:Experimental study on psychological and physiological effects of earthquake motion on the elderly human body Part4. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2019. 758. 801-808
  • Yamamoto Yuko, Hattori Shinobu, Kato Ken, Sakata Yusuke, Yonemoto Kuramoto. Expectation range of commissioned roles in medical interpretation -From the results of Web research for nurses-. Journal of Japanese Association for Health Care Administrators. 2019. 13. 1. 5-10
  • NISHIO Shohei, Hori Yoko, Wakai Kenji, Mizuno Masaaki, Sakakibara Hisataka, Kato Ken, Kamiya Satoko, Shibata Takanori. A Survey on Recognition of Mental Commitment Robot PARO in Japan. The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec). 2019. 2019. 0. 2A1-A16
more...
MISC (9):
  • 神谷 智子, 堀 容子, 安藤 純子, 藤原 奈佳子, 榊原 久孝, 平野 幸伸, 加藤 憲. 笑い誘発プログラムの長期効果. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2016. 75回. 548-548
  • 神谷 智子, 堀 容子, 安藤 純子, 藤原 奈佳子, 榊原 久孝, 平野 幸伸, 加藤 憲. 笑い誘発プログラムの長期効果. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2016. 75回. 548-548
  • TATEBE Kenji, MIYAJI Makoto, AMANO Hiroshi, IDE Masayoshi, KATO Ken. 5361 Influence to elderly people by an earthquake motion in the time of semidarkness. Summaries of technical papers of annual meeting. 2015. 2015. 721-722
  • 勝山 貴美子, 加藤 憲, 水野 智, 山内 一信, 青山 ヒフミ, 小笠 幸子. 医師への信頼と患者のヘルスリテラシーの関連. 日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration. 2008. 45. 197-197
  • 加藤 憲, 天野 寛, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 小林 三太郎, 勝山 貴美子, 牧 靖典, 川原 弘久, 柵木 充明, 妹尾 淑郎. 時間外受診患者における診療実態 : 愛知県内の某救命救急センターの事例から. 日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration. 2008. 45. 220-220
more...
Books (8):
  • Health Informatics Translating Information into Innovation
    Springer 2020
  • 病院管理学
    同友館 2019 ISBN:9784496054204
  • よくわかる看護組織論
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:4623078922
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア看護学 基礎編
    南山堂 2016 ISBN:452550031X
  • 医療機関における暴力対策ハンドブック-患者も医療者も安心できる環境をめざして
    中外医学社 2011 ISBN:449807646X
more...
Lectures and oral presentations  (98):
  • 放射線部門における診療放射線技師の管理職が持つキャリア開発のプロセス
    (日本医療マネジメント学会雑誌 2019)
  • 臨床検査技師の管理職行動が部下の職務満足度に与える影響に関する考察
    (日本医療マネジメント学会雑誌 2019)
  • 医療組織における安全文化を醸成させる因子の検討
    (日本医療マネジメント学会雑誌 2019)
  • 卒前における患者中心性の教育 ブリティッシュ・コロンビア大学ヘルスメンタープログラムとその本邦への導入
    (第208回東海病院管理学研究会 2018)
  • ブリティッシュ・コロンビア大学のヘルスメンタープログラムに関する検討
    (第50回日本医学教育学会 2018)
more...
Education (4):
  • 2004 - 2008 Nagoya University Medical Information and Management Science
  • 2000 - 2003 The University of Texas
  • 1994 - 1999 Texas A&M University Department of Sociology
  • 1988 - 1991 東京都立大泉高等学校
Professional career (3):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
  • Master of Public Health (The University of Texas Health Science Center)
  • Bachelor of Science (Texas A&M University)
Work history (5):
  • 2019/04 - 現在 Aichi Shukutoku University Associate Professor
  • 2018/10 - 2019/03 Fujita Health University
  • 2015/01 - 2018/10 Fujita Health University Center for Research Promotion and Support Senior Assistant Professor
  • 2007/04 - 2014/03 Aichi Medical Association Research Institute Senior Researcher
  • 2002/06 - 2003/08 Houston Center for Quality of Care and Utilization Studies Research Assistant
Committee career (19):
  • 2018/06 - 現在 日本医療・病院管理学会 組織連携委員会(ネットワーク委員会)
  • 2018/06 - 現在 日本医療・病院管理学会 研究倫理委員会
  • 2014/01 - 現在 一般社団法人日本医療情報学会 医療情報技師能力検定試験 問題作成委員
  • 2013 - 現在 特定非営利活動法人 東海診療情報管理研究会 監査
  • 2013 - 現在 一般社団法人日本医療情報学会 評議員
Show all
Awards (2):
  • 2013/06 - Emerald Literal Network Awards for Excellence 2012 Highly commended paper
  • 2007/06 - Emerald Literal Network Awards for Excellence 2007 Highly commended paper
Association Membership(s) (14):
日本混合研究法学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  JAPAN SOCIETY OF HEALTH INFORMATION MANAGEMENT ,  東海学校保健学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF SCHOOL HEALTH ,  医療の安全に関する研究会 ,  Tokai-area Hospital Administration Study Group ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN ,  ASSOCIATION FOR CHILDREN'S ENVIRONMENT ,  THE JAPANESE SOCIETY OF HEALTH AND MEDICAL SOCIOLOGY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MEDICAL INFORMATICS ,  JAPAN SOCIETY FOR HEALTHCARE ADMINISTRATION ,  JAPAN SOCIETY FOR HEALTH CARE MANAGEMENT ,  日本医療経営学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page