Rchr
J-GLOBAL ID:201501030289355750   Update date: Apr. 16, 2021

FUKATSU Shuta

フカツ シュウタ | FUKATSU Shuta
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Japanese linguistics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 近世日本語における疑問表現の感動詞化
  • 2015 - 2018 擬態語に由来する程度副詞<ちょっと>類の成立と展開
  • 2009 - 2010 感動詞を利用した中・近世日本語の研究~狂言テクストを主資料として~
Papers (7):
  • 深津 周太. 「ちょっと」類連体表現の歴史-二つの型による機能分担の形成過程-. 日本語の研究. 2016. 12. 2. 18-34
  • 深津 周太. 〈ちょっとした型〉連体修飾表現の成立と定着. 国語と国文学. 2016. 93. 2. 48-62
  • 深津 周太. 動詞「申す」から感動詞「モウシ」へ. 国語国文. 2013. 82. 4. 19-36
  • 深津 周太. 中世末期のアラ系感動詞-各形式の成立と定着に関する試論-. 名古屋大学国語国文学. 2010. 103. 142-128
  • 深津 周太. 室町期における副詞「チョット」の意味-抄物資料を中心に-. 名古屋言語研究. 2010. 4. 31-43
more...
MISC (2):
  • 深津 周太. 中世日本語における「これこれ」-指示表現としての解釈と感動詞化. HERSETEC テクスト布置の解釈学的研究と教育. 2011. 5. 2. 147-162
  • 深津 周太. 狂言テクストにおける感動詞「シシ申」の歴史的研究. HERSETEC テクスト布置の解釈学的研究と教育. 2009. vol2. no2. 125-146
Books (4):
  • 形式語研究の現在
    和泉書院 2018
  • 歴史語用論の方法
    ひつじ書房 2018
  • 感性の方言学
    ひつじ書房 2018
  • 日本語文法史研究 2
    ひつじ書房 2013
Lectures and oral presentations  (12):
  • 「大した/大して」の成立と展開
    (近代語学会・研究発表会 2016)
  • 副詞「ちょっと」の感動詞化-行為指示文脈における用法を契機として-
    (日本語学会ワークショップ「行為指示表現の歴史語用論」 2016)
  • 様態副詞の程度副詞化-名詞的用法の位置-
    (名古屋大学国語国文学会 2016年度春季大会シンポジウム 副詞と名詞の交差-機能語の形成・派生と文法変化- 2016)
  • 「ちょっとした」型連体表現の歴史 -‘案出’と‘採用’の経緯について-
    (名古屋言語研究会・第133回定例会 2015)
  • 中近世における〈程度小〉を表す連体修飾表現の諸相-<ちょっとした型>の成立を中心に-
    (日本語文法学会第14回大会 2013)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (名古屋大学大学院文学研究科)
Awards (2):
  • 2013/11 - 新村出記念財団 研究奨励賞
  • 2008/03 - 2008年度第1回グローバルCOE論文賞
Association Membership(s) (1):
日本語学会、日本語文法学会、名古屋大学国語国文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page