Rchr
J-GLOBAL ID:201501059123738012   Update date: Jul. 05, 2021

Fujita Zenya

フジタ ゼンヤ | Fujita Zenya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (1): Sports science
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 クロスカントリースキー競技における上肢と下肢による力の貢献度の走法間比較
  • 2014 - 2016 Biomechanical evaluation of the techniques of cross-country skiing
  • 2014 - 2015 センシング技術を用いたクロスカントリースキー競技における滑走技術の検討 ~GNSS・慣性センサを用いたスケーティング走法の自動識別と評価~
Papers (28):
  • 井川純一, 藤田善也, 鈴木典鈴木典, 水落文夫, 青山清英. クロスカントリースキー競技におけるダイアゴナル走法の機能的経過分析に基づく観察評価基準の検討. 桜門体育学研究. 2021. 56. 5-18
  • Igawa Junichi, Nagano Tomoki, Fujita Zenya, Suzuki Tsukasa, Mizuochi Fumio, Seki Keitaro, Aoyama Kiyohide. Evaluation of the diagonal technique in cross-country skiing by biomechanical and functional analysis. The Japan Journal of Coaching Studies. 2020. 34. 1. 47-60
  • 藤田善也. クロスカントリースキー競技における用具の長さ情報を利用したクラシカル走法のサイクル特性分析アプリケーションの開発. スポーツ科学研究. 2019. 16. 26-32
  • 藤田善也. トピックス/クロスカントリースキー競技のスキー反力センサシステムの開発. 共和技報. 2019. 558. 4397-4399
  • Fumitake Okabe, Chiho Takao, Zenya Fujita, Jun Tsuchiya. Kinematic Characteristics of Curve Skating in a 300 m Time Trial Race Among Top Roller Speed Skaters. International Journal of Sport and Health Science. 2019. 17. 235-242
more...
Books (3):
  • 疲労と身体運動 宮下充正(編)
    杏林書院 2018 ISBN:9784764411876
  • Sports Performance Kazuyuki Kanosue(Eds.)
    Springer 2015
  • 21世紀スポーツ大事典 中村敏雄(編)
    大修館書店 2015 ISBN:9784469062359
Lectures and oral presentations  (4):
  • 招待講演 富山県高等学校体育保健学会主催 「平成28年度富山県高等学校保健体育研究協議会」
    (平成28年度富山県高等学校保健体育研究協議会 2016)
  • 招待講演 新潟県スキー連盟主催 「平成28年度クロスカントリー部コーチセミナー」
    (平成28年度(公財)新潟県スキー連盟クロスカントリー部コーチセミナー 2016)
  • 招待講演 青森県教育委員会主催 「平成27年度第2回トップ指導者招聘事業」
    (平成27年度第2回トップ指導者招聘事業 2015)
  • 招待講演 青森県教育委員会主催 「平成27年度第1回トップ指導者招聘事業」
    (平成27年度第1回トップ指導者招聘事業 2015)
Education (2):
  • - 2012 Graduate School of Waseda University
  • - 2007 Waseda University
Professional career (1):
  • Ph. D. (Waseda University)
Work history (1):
  • 2012/04 - 2015/03 Institute of Sports Sciences Department of Sports Sciences Researcher
Awards (1):
  • 2016/09 - 日本バイオメカニクス学会 バイオメカニクス研究最優秀論文賞 クロスカントリースキー競技のV2スケーティング走法中の滑走速度とスキー板に対する力の各軸方向成分との関係
Association Membership(s) (3):
日本コーチング学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page